日曜9時〜    TBS       
 脚本:篠ア絵里子   演出:塚原あゆ子 ほか   P:東仲恵吾
 主題歌・・・ 「Aurora BUMP OF CHICKEN


◆ 出演者 ◆
蓮見杏子 常盤貴子 専業主婦
多田征大 小泉孝太郎 神山多田法律事務所の代表
円香みちる 水原希子 神山多田法律事務所 パラリーガル
朝飛光太郎 北村匠海 神山多田法律事務所 弁護士
林幹夫 博多華丸 壮一郎の弁護士
佐々木達也 滝藤賢一 東京地方検察庁 検事
神山佳恵 賀来千香子 神山多田法律事務所の代表
蓮見幸枝 高林由紀子 壮一郎の母 杏子の姑
脇坂博道 吉田鋼太郎 東京地方検察庁・新特捜部長
蓮見壮一郎 唐沢寿明 東京地方検察庁・特捜部長
◆ レビュー ◆
  ◇ # ◇   「」    最終回    2019.03.17.    

  ◇ # ◇   「最終章!!覆る真実・・・もう一人の裏切り者!!怒涛の逆襲」  2019.03.10.   
番組内サブタイトル ・・・ 「堕ちた正義」

予想通り・・・裏切り者は佐々木でしたね。
まぁ、滝藤さんですもん、んなこったろーとは思ってました。(笑)

だけど!
まさか、すーん・・・と落ちていっちゃったとは!
正義のために悪事を働いた・・・と告白し、あとを蓮見に託して死んだわけだけど・・・
重いわっ!!

で・・・蓮見の件は濡れ衣が晴れた・・・ってことで、悪代官が逮捕となり、
検事に復帰して、しかも出世したわけですが・・・
新たなる「疑惑」・・・いや、「真実」が明らかになりまして・・・

なんと、検事の蓮見と、検察で働いていたころの円香に、不適切な関係があったのさ!
それを、蹴落とされた腹いせに脇坂が杏子にチクりまして・・・
さすがに杏子は許せず、離婚する!って流れになっちゃいました・・
まぁねぇ・・・全然知らん女・・・とか、感情じゃなくお金が絡んだ関係・・とかなら許せる部分もあるけど、
心を許した女・・・とか、感情に任せて一夜を共に・・・なんてのは、
ちょっと許しがたいもんなぁ・・・

わかる、わかる・・・・。(涙)

事務所に残るのは、朝飛ではなく、杏子・・・ということになったんだけど、
それも蓮見が検事に復帰したから・・っていう理由もあったらしく、
朝飛はすっかりスネて、検察側につくことにしたようです・・・
検察は・・・・多田に不正を暴く!と動き出してまして・・・
大変だぁ・・・

まぁねぇ・・・確かに、裁判官と仲が良すぎじゃね?ってフットサルのシーンを見ながら思ってたのよねぇ・・
本当にコータローちゃんは悪いことをしたの?
蓮見が勝っちゃう?
いやー!個人的にはコータローちゃんを応援してるんだけどー!!




  ◇ # ◇   「激震!!事件が決着へ 驚愕の真相と裏切り者の正体とは」  2019.03.03.   
番組内サブタイトル ・・・ 「裏切り者」

引っ張るよねぇ・・・
裏切りもの、誰やねーん・・・ていう。(笑)


もう、蓮見の事件一本でいくようで・・・
蓮見を誘ったとされる「愛人」の記者に突撃する杏子。
彼女なりにお金が必要な理由があったようで、
南原代議士に「蓮見を誘惑しろ」というハニートラップを命じられて、
大金をもらう代わりに・・・ってことだったらしい。
で・・・実際はこの記者と蓮見に関係はなかったらしいんだけど・・・

今さらそれを言われたとて、夫婦に戻れるか・・っていうと・・
なんか、個人的には愛せないわぁ・・って気になってるのよねぇ・・
うーむ・・・(汗)


そして・・・この件で蓮見の無実が証明されると、
杏子が蓮見の元に戻ってしまう!っていうジレンマに陥ってるコータローちゃん。
せっかく掴んだ真実を、「ダメだった・・」って渡しませんでした。
でも後日、やっぱり手に入れたって渡してくれてたけど・・・
中身がどうなってるかは・・・まぁ、確かにわからんけどもね・・・

さぁ、裏切り者は誰だ!っていう・・・
アイツもコイツも怪しいぜ!なつくりにしておいて・・・
最後に顔を見れるか!って期待させといて・・・
つづく!でした。
まぁ、あの人でしょうけど。
あの人がフツーにいい人なわけないって思ってましたけどね!(笑)



  ◇ # ◇   「狂気の夫が覚醒へ!!反撃!!消された真実を取り戻せ!!」   2019.02.24.   
番組内サブタイトル ・・・ 「消された真実」

縦軸の夫の件の比重が大きくなってきまして・・・
一話完結の案件部分が、ちょっと軽めっていうか・・・
無理して二つを描かなくてもいいのに・・・?って思わなくはない。

個人的に、勝手にフラレ気分なコータローちゃんが気になるんだもの!
「アンタの想いは杏子に伝わってないんんだよ!」って言ってあげたい。

「あれ?多田君、なんか冷たい・・?」って思ってる杏子も、
それどころじゃなくて配慮できてないし・・・
このまますれ違ってしまうの?
いやーん!あの策略家の夫なんて、ポイだよ、ポイ!

蓮見の件の重要な証人・・・
脇坂の手に落ちてしもうた・・・(涙)
大事な証拠が相手側にわたってしもうたよ・・・
どうなるんだろ・・・?

それにしても・・・黒幕の議員・・・
円楽さんじゃちょっと重みがないっていうかねぇ・・・
なんだろ、小物感を感じてしまうんだよなぁ・・・(汗)



  ◇ # ◇   「夫の逆襲が始まる!!迫る崖っぷちの選択」    2019.02.17.    
番組内サブタイトル ・・・ 「崖っぷちの選択」

弱者が見た目の通りに弱い存在と思ったら大間違い!な話でしたね。
身体的に弱くなったからこそ、精神的に強くなる・・・ってのもあるし、
そもそもこの人は強かったんだろう・・・とも思うし。
見た目に惑わされるのは、どんな状況でもあり得るわけで、
してやられた・・・なお話でしたね。

最初からもう、相手の手のひらの上で転がされてたわけで。
やっとつかんだ相手の弱みも、実は相手の策略だった・・・なんて、悔しいよねー!

ま、報告はしないでおきなさい。
アナタの失点になってしまうから。(汗)

さて。。夫方面の話ですけど・・・
弁護士さんがおりてしまいまして、「じゃ私がやる!」と杏子が夫の弁護士に・・・
マスコミ含め、外野の人たちは面白い展開だ!ってなもんだろうけどねぇ・・・
はぁ・・・この夫、曲者すぎてかばいたくないんだよなぁ・・・

そして、杏子への想いを隠さない!と決めた多田くんですが・・・
運悪く、杏子の電話に出たのは夫・蓮見でして。(汗)
蓮見相手に渾身の告白!
いやーん!恥ずかしいー!(笑)

ま、堂々と宣戦布告してやんなさい!
やっぱり私は多田くん派よ!



  ◇ # ◇   「判明!!黒幕の正体・・・妻VS愛人!!20億を巡る離婚劇」    2019.02.10.    
番組内サブタイトル ・・・ 「夫婦の条件」

3つの夫婦の形・・・
いや、広義で捉えるならば・・・4つの物語ですな・・・
だって、支え続けてきた奥さんみたいな存在じゃん、マネージャーって。
それを裏切られたわけで・・・
なんか、可哀想だったなぁ・・
ロックスターの最期の決断は・・あまりにも非情でしたなぁ・・・

さて・・・離婚を考えていた杏子ですが、
娘が哀しそうなのをみて・・そして、夫の罪の真相が気にかかり、
決断は先送り・・・のようです。
保釈されてくる夫と、どんな感じになっていくのか、
そしてコータローの動向やいかに!ですな。

それにしても・・・テンポがいいですね。
見ていて気持ちがいいです。
つっかかるところがない。

ちょっと盛り込み過ぎな気もしましたが、それも個人的には許容範囲内。
オリジナル版では結構出番がある「姑」があんまり出てこないのも好感が持てます。
・・・妻の立場なんでね、あたしゃ。(笑)




  ◇ # ◇   「過去との決別!!親友の息子が殺人!?裏切りの夫と対決」    2019.02.03.    
番組内サブタイトル ・・・ 「過去との決別」

オリジナルのアメリカドラマを見てたときにも思ったけど、
この終わり方は、ある意味スッキリなんだけど、
日本人らしくはない・・・のよね。
あんな風に「ありがとう!今度食事をしようよ!」って言われたら、
「うん、そうだね・・・」ってとりあえず笑顔で別れる・・・が一般的な日本人だよね。
だけど、「ウソだよね?」と切り返して笑顔で決別する・・・
うん、曖昧にしちゃう日本人らしくはないけど、これでいいと思った。
あの場所に戻れるとしても、もう戻らない・・・
違う未来をちゃんと見据えた杏子の覚悟が見えた気がしました・・・


さて、今回の事件・・・
まぁ、登場人物の出方や役割で、真相は見えていまして、
前回よりは読みやすい話でしたよね。
それでも面白く作られていたと思います。

縦軸の夫の件だけど・・・
コータローちゃんがグイグイ来てましたねぇ・・・
このまま「素敵な人」でいってほしいんだけど・・・
「まさかの!」っていうオチは・・・・やめてほしいわー!



  ◇ # ◇   「最強妊婦弁護士現る 鉄道事故と夫の罠・・・」     2019.01.27.     
番組内サブタイトル ・・・ 「隠された罠」

いやぁ・・・周到な夫の誘導・・・
最後に発覚した「同僚を陥れるために妻を使った」っていう策に、
わわわ・・・・って思っちゃったよ。
ちょっと温かい気持ちになり、優しい気持ちになってた杏子の心境よ・・・
マジで許せん!って感じだろうなぁー!!

そうよ、だからコータローにしとけってば!!(笑)

列車事故に関するこのエピは、オリジナルでもありまして。
展開は読めてはいたんだけど、
面白かったですね。
妊娠を戦術に使う女弁護士・・・おそるべし。(笑)




  ◇ # ◇   「有罪確定!!黒い裁判で絶対勝利の命令が!!深まる夫の疑惑と闇・・・窮地に挑め」
                             74分SP     2019.01.20.     
番組内サブタイトル ・・・ 「その男、黒か白か」

このドラマが今期一番落ち着いて楽しめる良作だと思います。
奇をてらわず、演出も過度ではなく、お話も面白く、キャストも魅力的・・・
うん、こういうのが「日曜劇場」だったよねぇ・・・なんて懐かしく思ったり。(笑)

さて、今回は神山の父の話。
何かを隠してる・・・と思ったけど、認知症を・・・か。
なるほど、権力や名誉がある人ほど、隠したい現実だよねぇ・・
そこに、神山との関係や亡き妻とのことを重ね、
いい話にしつつ、スカッともさせてきましたね。
面白かったです。
コータロー推しの私としては、ちょっとコータロー不足ですけど。(笑)


夫・蓮見の件は・・・まだまだ見えてこない部分が多いので何ともいえないけど、
まさか、自分がもらったプレゼントが、賄賂の品だったなんて・・・
ショックだよねぇ、杏子ちゃん・・・・(涙)

一体、何をやってるんだろうかね、この男は・・・。
ま、その縦軸はチラ見せが続くだろうから、そんなに気にしないでおこう。(笑)



  ◇ # ◇   「16年ぶりの弁護士復帰!!仕組まれた表現の自由・・・理不尽に立ち向かう逆転劇」
                          初回79分SP     2019.01.13.     
番組内サブタイトル ・・・ 「家族の裏切り」

アメリカのドラマのリメイク・・・ですね。
雑誌で読んだけど、本家の人たちと話し合いを重ね、
違和感のない設定にさせてもらった・・・って書いてあったので、
なるほど、「SUITS」みたいな胡散臭いアメリカ臭はしなかったですね!
安心しました。


弁護士モノとしては、かなりベタに作られてましたね、
だとすると、本家の「設定」だけをいただいた・・・って感じかな?
エピソードも本家はたくさんあるので、その中から日本に置き換えてもおかしくないものを選んで・・・みたいだし、
無理はないかな?って思いました。

夫の「裏切り」は本家通り。
贈収賄より、不倫じゃ!!と言いたくなる、主婦目線の私・・・(笑)
まぁ、検事として、内部の争いに負けて・・・のことなんだろうけど、
今後、いろいろと夫の事件も動いていきそうですね・・・。
本家よりわかりやすく暗躍しまくってるんで。(笑)

そして・・昔なじみの多田くんが雇ってくれた弁護士事務所に入り、弁護士復帰!となった杏子。
「あの噂の検事の妻」として、なかなか働きづらそうですけど、
多田くんが激しく肩入れしてくれてるので、大丈夫そうです。
本人は「肩入れなんかしてない」って言ってるけどね。(笑)
それにしても・・・弁護士の孝太郎くん・・カッコいいねぇ・・・
唐沢さんも好きだけどさ、浮気しちゃったし、孝太郎にしちゃいなよー!と思ってしまった。(笑)


検察事務官だった・・・と告白しつつ、なんだか杏子に敵意むきだしのパラリーガル・円香、
一緒に新人として雇われ、「どっちかしか本採用されない」と知っててライバル視してくる朝飛くん、
共同経営者の多田が連れてきた杏子をいまいち信用してない神山・・・などなど、
曲者ぞろいの事務所で・・・
踏ん張れ、ガンバレ!!な初回でしたね。

事件としては・・
娘ちゃんは最終的に見つかったけど・・・
あの報道のせいでお母さんは自殺しちゃったわけでしょ?
可哀想すぎるやん・・・(涙)
今さら娘ちゃんを返してきた誘拐犯もさぁ、
「裁判を知って・・」って言ってたけど、「お母さんが自殺したと聞いて・・」のほうが大きくないか?
アンタらが娘ちゃんを連れ去ったせいで自殺に追い込まれたんだぞ?
許せんわい!!!
日下部から8000万だけでなく、その誘拐犯との裁判もよろしく!って言いたいわ!

長めの延長だったけど、長く感じなかったな。
今後も楽しめそうです。




★ STORY ★ 原作は米国で放送されたドラマ「グッド・ワイフ」。 常盤演じる杏子がエリート検事の夫の逮捕を受け、子供を守るために専業主婦から転身して復職を決意。世間からの好奇の目や16年のブランクに悪戦苦闘しながら、弁護士として、人として成長していく物語。