土曜11:40〜    フジテレビ       
 脚本:仁志光佑ほか    演出:西浦正記ほか    P:市野直親ほか
 主題歌・・・ 「

原作

◆ 出演者 ◆
高規範子 山口紗弥加 主婦
西山由美子 美村里江 専業主婦
理穂・ウィリアムズ 片瀬那奈 インターナショナルスクール経営
今村和樹 桜井ユキ フリージャーナリスト
石森麗香 田中みな実 女優
高校時代の範子 白石聖
高校時代の由美子 桜田ひより
高校時代の理穂 小野莉奈
高校時代の和樹 小向なる
高校時代の麗香 飯田祐真
西山雅彦 忍成修吾 由美子の夫
本間亮治 神尾佑 麗香の不倫相手
矢沢剛志 水橋研二 元高校教師
ジョーイ・ウィリアムズ 厚切りジェイソン 理穂の夫
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「」     2019.03.16.       

  ◇  ◇   「帰ってきた範子(秘)仰天映像に列島震撼」     2019.03.09.       

なるほど・・・範子は死んだ。
代わりに律子が・・・ってことですな。
最後のワンカット、すー・・・と息を吸った口元・・、白石聖さんですよね。
大きくなった律子・・・ってことかな?

ただね、なんで律子は、母=範子の復讐をしてるのか?ってことになりますわな。
幼いころは反抗してましたのに?
・・・ま、いろいろあるんでしょうな、そこにも・・・

さて、範子を殺しちゃった罪悪感に耐えかねた由美子たち。
自首すべきか・・・と悩むも、範子の夫に「死んだことにしてくれ、それでみんな救われる」と言われ、
口をつぐんで5年・・・
それぞれに幸せに穏やかに過ごしていたのですが・・・
範子の夫の激白&殺害にて動き出した時間!
さぁ、どうなる・・・・?ですな。

それにしても・・・罪悪感に苛まれる面々の「恐怖の妄想」・・・怖かったっすねえ・・・
そりゃ病むわ。(汗)
自首したくなるわ・・・(汗)



  ◇  ◇   「超意外!?彼女が親友を正す理由 (秘)血の涙」     2019.03.02.       

これまでの「裏でこんなことやってました」の回でしたね。
範子がどんなふうに「尽くして」いたのか・・・っていうわけです。
・・いい迷惑なんですけどな。(汗)

しかし・・・「家族」って言葉だったんだねぇ・・・
家族のいない範子にとって、「私達、家族だよ!」ってのがよりどころだったんだ・・・
だから、「家族のために正しいこことを!正すの!」っていう心理らしい。
夫の浮気は正さないのかい!って思ってたら、
「夫は家族ではないので・・」だそうで。
うーむ・・・理解できない。
なんで一緒にいるんだろ?(汗)

そして・・・「家族の時間」をジャマしようとした矢沢を殺しちゃった範子。
「家族写真」を撮ることに執着してましたけど・・
結果、恐れおののいた面々に殺されそうになり・・・
最後は麗香の一押しで、崖から落ちてしまいました・・・

・・・死にました・・・?
死にそうにないんだけど・・・?

さぁ、どうなるでしょうか・・・。



  ◇  ◇   「救世主VS化け物!?ラスト19秒!!列島激震」     2019.02.23.       

いやいや、おいおい、絶好の絶交チャンスだったのに!!(あ、シャレてもうた。(笑))
なんで、またそうなるかなぁ・・。

そうかなぁ・・?
範子が正しいか・・・?
恐怖のあまり、洗脳されてるみたいだわ・・・(汗)

矢沢センセの登場で、範子ピンチ!!かと思ったら・・・
いや、私は間違ってない!っていう確固たる自信・・・
すごいよなぁ・・・
そんな範子に押されて、最後は「範子が正しい」って言っちゃう面々・・・
そのあと、全員激しく後悔するのさ・・・

不妊治療に悩む理穂は、範子が卵子を提供すると言い出し・・・
せっかく大きな賞をもらった和樹は、範子に助言された取材相手に訴訟を起こされ・・・
不倫相手の親の承諾がもらえた麗香は、「子供でも慰謝料を請求できるんだよ?」と範子に言われ・・・
離婚訴訟を目の前にした由美子は、夫側の証言を範子がすると知って・・・

あぁ・・・全員追い詰められた!
範子の命・・・どうなる・・・?だね。
まだまだ折り返し地点のこの作品、
この先、どうなるんでしょうかねぇ・・・・?




  ◇  ◇   「暴走する正義!!追い詰められた女の逆襲」     2019.02.16.       

怖いよぉ・・・
こんなことでいちいち警察!とか言ってくる同僚・・・(汗)
理穂の会社、めっちゃ働きにくくなってるだろうなぁ・・・

さて、範子の娘、規律ちゃん・・・じゃなかった、律子ちゃん。
母の異常性に気づいているらしく、
最近の母を見て、何か状況が変わるかも・・・?と思ったのか、
万引きを働きまして・・・
由美子の前でやった・・・ってことに意味があるって思ってたのかもしれないけど、
アンタの母ちゃん、一筋縄ではいきませんからー!

いやぁ・・・怖いっす。

そして・・・やましいことなんてカケラもない!・・・はずもない記者の和樹・・・
本を出版して有名な賞の候補になったってのに・・・
範子チェーックが激しめに入りまして・・・
ピンチっす!
で・・・一緒にいた面々、一緒になって、範子は変だよ!!と言い出しました。
間違ってる・・・?
私の何が・・・?
はい・・・?ってなもんで。

範子さん・・・どう出るのでしょうか・・・
怖いでやんす・・・
でも、見ちゃうのでやんす・・・。



  ◇  ◇   「犠牲者続出!?正しすぎる女に絶体絶命」     2019.02.09.       

やっぱり、高校時代の純粋な「私、間違ったこと言ってる?」よりも、
なんか変な演出が乗っかっちゃってる気はしますけど・・・
不気味さは増した・・・かな?
個人的には、「本気でコイツ、ヤバくね?」感が薄れてる気がするんだけどね・・・

それぞれに、範子がかかわってきちゃいましたねぇ・・・
一番好意的だった由美子も、最後は虐待母扱いになってしまって・・・
確かにあの「結果」だけを見れば、範子的には許せない状況だろうさ。
でもさ、そこにいたるまでを鑑みて総合的に判断する・・・っていう「正しさ」はないわけ?
一部だけ見て結論を決めつけることがはたして「正義」なの?

そんな論議、してみたいんだが?
・・・言い負かされそうな気もするんだが。(笑)

田中みな実がそこそこ観られたわね・・・
一人下手くそで世界観を壊すんじゃ?って危惧してたけど、
なかなかどうして、いい感じじゃないですか。
これで不安要素が一つ減りましたよ。
安心、安心。



  ◇  ◇   「天使か怪物か!?正しすぎる女の恐怖・・・」     2019.02.02.       

何の疑問も持たず、「え?私、間違ったこと言ってる?」っていう真っすぐな目・・・
見事でしたね、白石聖ちゃん。
「うん、間違ってないよ、間違ってないけど・・」って
大人の私でさえ、ぐぐぐ・・・って押し込まれたもん・・・


だからこそ!
次回からハードルが上がっちゃいましたねぇ・・・
ここで変に顔芸を入れてくると、うさん臭くなりますからね・・・
大人バージョンの山口紗弥加さん・・・
最後の顔のドアップを見る限り・・・不安が増してしまったよ。(汗)
高校時代の真っすぐな範子の「目」ではなかったから・・・
次回が楽しみであり、ちょっと不安・・・
そう思わせるくらい、見事な高校時代でしたね。


高校時代をメインに、現代をちょこっと見せてくることで、
その先を期待させる・・・っていう意味で、私はワクワクする手法でした。
特に和樹・・・
本当にそのまま大きくなったんじゃ?、いや、同じ役者さんが演じてる?ってくらい、
そっくりそのまま大きくなってましたもんね。(笑)
不安要素の一つでもある田中みな実に関しては・・・
次回・・・ですね。

うん、ツカミはOKな初回でした。



★ STORY ★ 正し過ぎる“絶対正義の女”に4人の友人たちが翻弄(ほんろう)される心理サスペンス。