TOP > 作家別一覧 > 赤井三尋

 赤井三尋 


下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。

翳りゆく夏





   
翳りゆく夏





2013/10/31 読了





内容(「BOOK」データベースより)
「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」。週刊誌のスクープ記事をきっかけに、大手新聞社が、20年前の新生児誘拐事件の再調査を開始する。社命を受けた窓際社員の梶は、犯人の周辺、被害者、当時の担当刑事や病院関係者への取材を重ね、ついに“封印されていた真実”をつきとめる。第49回江戸川乱歩賞受賞作。




図書館で借りました。
ア行から分厚い本を探していて、すぐに見つけたのです!(笑)

なかなか面白かったですよ。
粗いな・・・とか、おいおい・・・ってなとこも、正直ありますけど、
最後まで飽きさせずに読ませる力は十分に感じました。

最初から、きっと事件の真相は違うところにあるんだろうな・・・
ってとこから始まり、
じゃ、真犯人は誰やねん・・・?って流れになり・・・
でもね、途中で、「この人か?いや、この人であってほしくない・・」と
思いつつ読んでました。
やっぱり、あの人だったわけですが・・・
まぁ・・・・その後の「男児」と予想される人物が一人しか出てこないんでね、
この人だろうな・・・ってのは、簡単に予想できちゃうんだよね・・・

でも、面白かったですよ!
映像化されたのかなぁ・・?
されてもいいのにね・・・。