TOP > 作家別一覧 > 太田愛

 太田愛 


下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。

犯罪者 幻夏 天上の葦





   
犯罪者






2017/4/2 読了






角川文庫

内容(「BOOK」データベースより)
白昼の駅前広場で4人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は搬送先の病院で奇妙な男から「逃げろ。あと10日生き延びれば助かる」と警告される。その直後、謎の暗殺者に襲撃される修司。なぜ自分は10日以内に殺されなければならないのか。はみだし刑事・相馬によって命を救われた修司は、相馬の友人で博覧強記の男・鑓水と3人で、暗殺者に追われながら事件の真相を追う。




上下巻合わせて1000ページ・・・
超大作ですよ・・・。
長かったけど、面白かったから全然苦痛じゃなかったですよ・・。

太田愛さんといえば、ドラマ「相棒」の脚本を書かれてますよね。
そんな脚本家さんの作家デビュー作です。
デビューとは思えないくらいの重厚感。
あと、ドラマ脚本を書かれてるだけあって、
物語の描き方がとても巧みです。
あと、とても読みやすい。
章ごとにちゃんと舞台や時期が飛んでくれるので、
混乱せずに置いてけぼりになることなく、一緒に進んでいけてる感じ。
最後まで本を置くのが惜しいくらいに、
ぐっ!と惹きつけられて読み終えることができました。

通り魔事件に巻き込まれた青年・修司。
事件捜査に関わることになった刑事・相馬。
相馬と旧知の仲の鑓水も巻き込まれ、
この三人で大きな敵に立ち向かっていくことになるんだけど・・・

どうして通り魔に襲われたのか?
被害者にどんな関係があったのか・・?ってことや、
どうして殺されなくてはいけなかったのか・・ってことは、
結構早い段階で明かされます。
あまりにもひどい企業の隠蔽に、絶対に報いてほしい!って
読者に感じさせるんです。

だけど、あまりにも大きすぎる敵・・・
そして、関わってしまった人の死や想い・・・
それを全部飲み込んで、三人は立ち上がります。
頑張れ、がんばれ!行け!!と、応援しつつ読み進め、
よっしゃーっ!!な展開になります。

だけどね、現実ってのは厳しいもんでさ・・・
そんな都合よく行くわけない・・・ってシビアな部分も見せてくれます。
だからこそ、このお話の出来を良くしてるっていうかね・・・
私はこの決着の仕方は良いと思ってます。

巧みに仕組まれた謎や伏線も見事に回収。
そうだったのか!と驚かされることも多々。
本当に面白かった!
映像化・・・するんでしょうね?
してほしい!!ご自身で脚本をお書きになったらいいのに!
期待して待ってみます!

相馬がメインの「幻夏」
鑓水がメインの「天上の葦」も刊行されてますね。
図書館に予約済み!
愉しみだ!




 
   
幻夏




2017/5/8 読了





角川書店

内容(「BOOK」データベースより)
「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、親友だった同級生は消えた。奇妙な印を残して…。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?司法の信を問う意欲作。




前作の、相馬・修司・鑓水シリーズの第2弾。
今作は相馬のお話・・・ですね。

相馬が幼いころ、数日一緒に過ごした兄弟がいて、
その兄・尚がある日失踪し行方不明のまま・・・
そして今、尚が行方不明になった場所にあった謎の記号が遺された
誘拐事件が発生・・・
一体誰が・・・?尚は・・・?過去に何があったんだ・・・?って話です。

鑓水と修司には別件で依頼が入ってて、
尚の母が、23年前に行方不明になった息子を探してほしいって依頼して
調査していくうちに相馬にたどり着くわけです。
相馬は個人で尚の失踪と誘拐事件が関係あるか調べようとしてて
鑓水達に調査を依頼しようとして、符号していく・・・ってわけです。

その過程も見事に描かれてますし、
ともに調査しながら、真相が徐々に明らかなり、
ある意外な人物の正体が明らかになってからは、
もう、本を置くことはできません!

どうして失踪したのか?
そのあとどうやって生きてきたのか?
今、この事件が起こった理由は・・・?と、
どれも見事に明らかになっていきまして、
相馬は自分の過去に決着をつけることになっていきます。

幼いころの後悔・・・誰にもあるかもしれないけど、
尚の抱えたものの大きさに愕然とさせられます。
あまりにも悲しい現実・・・・
冤罪はダメだよ・・
もし、万が一、冤罪で捕まるようなことがあっても、
絶対に自白なんかしないぞーっ!!って思っちゃいました。
・・・・そう思ってても自白させちゃうのが警察なんだろうけどね・・・(汗)

さぁ、次作は鑓水メインのお話。
上下巻で刊行された「天上の葦」です。
すでに上巻は図書館から借りております!
近いうちに読むぞ!!




 
   
天上の葦






2017/5/





角川書店

内容(「BOOK」データベースより)
白昼、老人は渋谷の交差点で何もない空を指して絶命した。死の間際、老人はあの空に何を見ていたのか。突き止めれば一千万円の報酬を支払う。興信所を営む鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込む。老人が死んだ同じ日、一人の公安警察官が忽然と姿を消した。その捜索を極秘裏に命じられる刑事・相馬。廃屋に残された夥しい血痕、老人のポケットから見つかった大手テレビ局社長の名刺、遠い過去から届いた一枚の葉書、そして闇の中の孔雀。二つの事件がひとつに結ばれた先には、社会を一変させる犯罪が仕組まれていた。鑓水、修司、相馬の三人が最大の謎に挑む。




読書予定