TOP > 作家別一覧 > 中村文則

 中村文則 


下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。

私の消滅





   
私の消滅




2016/8/14 読了






文藝春秋

内容(「BOOK」データベースより)
このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない。不気味な文章で始まる手記―これを読む男を待ち受けるのは、狂気か救済か。




作家さんの存在としては、西加奈子さんやピース又吉との交流で
かなり前から知ってましたし、
芥川賞やアメリカの文学賞を受賞されてると知ってました。
ただ・・・純文学は苦手でね・・・(汗)
「教団X」も、図書館で借りたけど、
あまりの分厚さと、芥川賞作家特有の言い回しに慣れることができず、
途中で断念したんですよ・・・(汗)
でも、この作品は読んでみようかな・・・?って気になって
手に取ってみました・・・。

素直に、面白かったです。
純文学というより、ちゃんとしたミステリーです。
記憶をなくした男性が、ある手記を読むとこから始まるんだけど、
描かれていくうち、この男性が誰なのか、
メインの人物はこの人だったのか・・・ってたどり着くと、
なるほどー!ってなりましたもん。

正直、こういう仕事の人って、「職権乱用」すると怖いね。(汗)
こんな風に手技を使われちゃうと・・・
こっちはどうしようもないわ・・。
そんな怖さもありつつ、
狂気に満ちた男の人生を、しっかりと堪能いたしました・・・

いやぁ・・・怖い、怖い・・・。