TOP > 作家別一覧 > 柴崎友香

 柴崎友香 


下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。

春の庭





   
春の庭




2014/9/12 読了





第151回芥川賞受賞作。
行定勲監督によって映画化された『きょうのできごと』をはじめ、なにげない日常生活の中に、同時代の気分をあざやかに切り取ってきた、実力派・柴崎友香がさらにその手法を深化させた最新作。
離婚したばかりの元美容師・太郎は、世田谷にある取り壊し寸前の古いアパートに引っ越してきた。あるとき、同じアパートに住む女が、塀を乗り越え、隣の家の敷地に侵入しようとしているのを目撃する。注意しようと呼び止めたところ、太郎は女から意外な動機を聞かされる……
「街、路地、そして人々の暮らしが匂いをもって立体的に浮かび上がってくる」(宮本輝氏)など、選考委員の絶賛を浴びたみずみずしい感覚をお楽しみください。




今年の芥川賞受賞作。

基本的に、私は芥川賞の作品は合わないっていうか・・
純文学系は、苦手なんですよね・・・
でも、図書館にあったので、借りてみたんですわ。

で・・・・やっぱり、合わない・・ってのが感想。(汗)
描写は、ある街の風景が目に浮かぶように描かれていて、
そこはすごいな・・・って素直に感動するんだけど・・

・・・で?っていう。(汗)
確かに、私も広告の間取り図とか見て妄想するの、大好きだし、
街で見かけた家にウットリしたり、することありますけど、
ここまで執着するっていうか・・・
この西さんの気持ちはイマイチわかりかねた。(笑)
そして、西に影響されていく太郎くんもね・・
あたしなら、速攻で距離を置くよ。(笑)

消えゆくアパート、
そこにあるのに、住人が変わることで表情を変える家、
見てみたい、入ってみたい・・・
だけど、思ってたのと違う現状・・
そんな、複雑な心境は伝わってきましたけど・・
うん、やっぱり、私はこの手の話は好きじゃない。(汗)