TOP > 作家別一覧 > 島田荘司

 島田荘司 


下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。

幻肢





   
幻肢




2014/11/26 読了







内容(「BOOK」データベースより)
医大生・糸永遥は交通事故で大怪我をし、一過性全健忘により記憶を失った。治療の結果、記憶は回復していくが、事故当時の状況だけがどうしても思い出せない。不安と焦燥で鬱病を発症し自殺未遂を起こした遥は、治療のためTMSを受けるが、治療直後から恋人・雅人の幻を見るようになり…。




島田御大の、初映画化作品・・・ってんで・・・
読んでみた。

主人公は女性。
どうyら事故にあったらしく、記憶を失っている・・・
一緒にいたらしい、恋人の生死は・・・ってことで、
記憶を取り戻すために、ある治療法を試すわけですが・・・

まず、「幻肢」とは、事故や病で手足を失った人が、
まだそこにあるかのように思ってしまう現象のことですが、
このお話の中での「幻肢」とは、そういう意味ではないです。
四肢を失ったら、そんな現象が起こるのなら、
大切な人を失い、欠けたとしても、同じようになるのでは・・?って感じ。

実際、ある治療を施すことで、主人公は恋人の姿を目にします。
そして、思いが募るほどに記憶が甦っていく・・・
甦った記憶は悲しいものでしたが・・・・
最後には救いがなっております・・・・。

でもね、あたしゃ、こんなことされたら許せない・・・っていうか、
自分のことで精一杯だと思うんだわ。(汗)
うん、心が狭いっすよ、あたしゃ。

映画版では男女が入れ替わって・・・
男性が主人公となり、失ったカノジョを・・・となるようです。
ま、どっちでも通じる話なんで、どっちでもいいです。

こういうお話を御大がお書きになるとは思ってなくて、
意外性はありますが・・・
とにかく、「幻肢」について・・とか、
治療法についての記載が長いし、重複するし・・・で、
ちょっとグッタリしちゃったかな・・・・?(汗)