TOP > 作家別一覧 > 周木律

 周木律 

下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。

CRISIS 不死症





   
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

企画・原案:金城一紀



2017/4/6 読了






角川文庫



内容(「BOOK」データベースより)
公安機動捜査隊特捜班―通称“特捜班”。それは、凶悪事件の初動捜査を担当する、警視庁公安部に所属する特別チーム。特捜班の稲見は、横浜の39階建てホテルが武装集団に占拠されたとの報せを受ける。宿泊客550名が人質に取られるという非常事態。事件を秘密裏に解決せよという任務に挑むが―。金城一紀原案の設定をもとに気鋭の作家が紡ぐ完全オリジナルストーリー。一気読み必至の警察エンターテインメント!!




間もなく始まる連ドラの原作・・ではない。
舞台は同じで、ドラマとは違ったオリジナルストーリーらしい。
ドラマが始まる前に世界観を味わうのなら、良い一作です。

公安内の特捜班。
鍛治という人物が作った5人のチーム。
それぞれに何か抱えているようで、
だけど寄せ集めのバラバラではない。
しっかりとチームになってて、特に稲見と田丸はいいコンビ。

今回は、大学生がホテルを占拠。
危険物も持ち込んで・・・のため、特捜班が出動!ってわけだ。
ハラハラさせられる展開。
映像ではなく文章だけど、なかなか魅せてくれる。
愉しんで読み終えた。

これが映像となって動き出したら・・・
うん、ワクワクする。
稲見が小栗旬、田丸が西島秀俊・・・
うん、素晴らしい。




 
   
不死症




2016/7/






実業之日本社文庫



内容(「BOOK」データベースより)
山奥の製薬研究所で謎の爆発事故が発生。泉夏樹は一命をとりとめるも全ての記憶を失っていた。研究所の同僚・黒崎ら生き残った仲間と脱出を試みる夏樹だが、その眼前に、理性を失い凶暴化した人々が突如襲いかかってきた!?息呑むアクションと隠された禁断の真実…最後の1頁まで驚きの連続!常識を揺るがす究極のバイオホラー×ミステリー。