TOP > 作家別一覧 > 田村和大

 田村和大 


下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。
リンクしていないモノは、おいおい感想を記載していきます。

筋読み





   
筋読み




2018/2/14 読了






宝島社文庫

内容(「BOOK」データベースより)
女性モデル殺害の疑いで山下という男が出頭。殺害現場で採取されたDNA型が山下のものと一致したため起訴間違いなしと目されたが、警視庁捜査一課の刑事・飯綱だけは異を唱え、捜査を外されてしまう。同じ頃、少年が車に轢かれ、直後に連れ去られる事件が発生。担当をあてがわれた飯綱は少年の居場所を特定し無事保護したが、少年から山下と全く同じDNA型が検出されたとの報せが入り―。




うん、これが優秀賞どまり・・・っていう理由が
なんとなくわかる作品だったな・・・
大賞!って感じではないもん・・・(汗)

ある殺人事件の犯人のDNAの型と、
ある交通事故後に連れ去られた若者のDNAが完全一致した・・?
どういうこと?
全くの別人なのに・・・?っていう話。
もし、本当に完全一致の別人が存在するとしたら・・
警察の捜査が揺らぎまくっちゃいますからねぇ・・・
筋読みが得意の飯綱が担当となり、捜査が始まる・・・って話でした。

最後に畳みかけるように真実が明らかになっていくけど、
ちょっと出来すぎっていうかねぇ・・・
あと、DNA完全一致のからくりも、ほんとかいな・・・って思っちゃうしねぇ・・
可能なのかしらねぇ、そんなこと・・・?

あとは・・・理系拒絶体質の私だからか・・・
もう、説明文がクドくて。(汗)
はいはい、わかったから・・・って思いつつ読んでました。
向いてないなぁ、この手の話・・・・(滝汗)