TOP > 作家別一覧 > 山崎烏

 山崎烏 


下記のリストは、既読の一覧です。リストの順番はランダムです。

復讐教室 復讐教室 連鎖





   
復讐教室




2014/5/6 読了





内容(「BOOK」データベースより)
クラスで酷いいじめに遭っていた中学3年生の藤原彩菜は、ある決意をする。「クラスメイトに自分と同じ地獄の苦しみを味わわせてやる」―見え隠れするいじめの首謀者。黒幕は親友なのか、それとも…全員狩るまで終わらない―28人のクラスメイトへの、命がけの復讐が始まった!




なんとなく手に取ってしまった作品です。
ジャケ買い・・・か?

内容としては、凄惨なイジメにあった女子中学生が、
クラスメイト全員に復讐する・・・というもの。
「一人目」から始まり、「29人目」まで続き、
目次の時点で「全員に果たせるのね・・」と予想はつくんですが・・・・

まぁ、「報復の羅列」です。(汗)
いくら協力者がいたとしても、中学生にそこまでできるか?と
疑問を感じないわけではないんだけど・・・(滝汗)

終盤では、「なぜイジメられていたのか」という、
わかりやすい結論が出てきます。
本人にしてみりゃ、「知ったこっちゃない」というものだけど、
当人にしてみれば、そういう感情を持ってもしかたないか・・・とも・・

しかし、「報復の痛快さ」より、
報復を重ねるたびに訪れる「真実の重さ」のほうが勝って、
読んでて辛かったかなぁ・・・・

でも、「軽め」の読み口なんで、一晩で読めちゃいました。
個人的には、イジメられた結果、自殺してしまうことより、
「やり返してやるわ!」って思う強さを持ってることは、
いいことだと思いましたよ。




 
   
復讐教室 連鎖




2014/5/27 読了





内容(「BOOK」データベースより)
ある晩、中学3年生の愛川広樹は、目の前で恋人の中野美幸をレイプされた。数日後、美幸は自殺する。周囲から“恋人を売った”と責められ、失意のまま高校に入学した広樹は、美幸をレイプした犯人が元クラスメイトだと知る。高校で出会った少女・赤嶺由奈とともに、広樹は元クラスメイトへの復讐を開始した―。




「復讐教室」の続編とはいえ、
全く別の「復讐モノ」なのかと思ってたら、
前作の事件が起こった街で・・・ってことで、
まさに「連鎖」した事件・・って感じでしたね。

恋人が目の前でレイプされ、その後自殺・・・
学校では、自分が「彼女を売って自分は助かった」と卑怯者扱いされ、
いろんな意味で絶望した少年・・・
数年後、カレのもとに、あるDVDと遺書が送られてきて・・・というもの。

自分をハメたのは?
レイプ犯は・・?と調べるためにクラスメイトに復讐する少年。
前作に比べると、「全員に復讐」ってのに無理があるかなぁ・・と。
確かに、みんなキミを信じなかったかもしれないけど、
そこまで罪かしら・・・?って思うし・・・(汗)

そして・・・なんと、この事件には「アイツら」が関わってまして!
本当に「連鎖」やわ・・・
根本的に悪いのは、「アイツ」やな・・・
「アイツ」がいる限り、またどっかで「連鎖」しちゃうかも・・・だわ。(汗)