デスパレートな妻たち 5

□ NHK BS-2    □ 公式HP・・・     
□ レビュー・・・シーズンT    シーズンU   シーズンV   シーズンW
デスパレートな妻たち ORIGINAL SOUNDTRACK
サウンドトラック
デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box
シーズンT
DVD-BOX
デスパレートな妻たち シーズン2 COMPLETE BOX
シーズンU
DVD-BOX
デスパレートな妻たち シーズン3 COMPLETE BOX [DVD]
シーズンV
DVD−BOX
デスパレートな妻たち シーズン4 COMPLETE BOX [DVD]
シーズンW
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
スーザン
マイク
ジャクソン
MJ
ジュリー
カール

リネット
トム
プレストン
ポーター
パーカー
ペニー

ガブリエル
カルロス
ホワニータ
セリア

















童話挿絵作家
スーザンの元夫
スーザンの恋人?
スーザンとマイクの息子
スーザンの娘
スーザンの元夫

主婦
リネットの夫
リネットの双子の息子
リネットの双子の息子
息子
リネットの娘

主婦
ガブリエルの夫
ガブリエルの長女
ガブリエルの次女
  ブリー
オーソン
アンドリュー
ダニエル
ベンジャミン

イーディ
デーブ

キャサリン
マクラスキー
ボブ
リー













有名カリスマ主婦
ブリーの夫
ブリーの息子
ブリーの娘
ダニエルの息子

不動産業を営む
イーディの夫

主婦 ブリーの仕事仲間
町の隣人
隣人 ゲイ
ボブのパートナー
◆ レビュー ◆
 ◇ 第話 ◇  「守るべきもの (Everybody Says Don’t)」  最終回   2010.09.29.     

結果的に、誰一人死にはしなかったけど・・・

デーブの企みを、デーブの渡したテープで気づいたマイクは、
空港にキャサリンを残し、車で追いかける!
途中、スーザンに電話し、デーブが事故の被害家族の夫だってことを伝え、
逃げろ!!っていうんだけど・・
んな、簡単に逃げられるわけないじゃんねぇ・・・(汗)

マイクが追っかけてくると知ったデーブは、ある計画を思いつく・・・
娘と妻が死んだ交差点にマイクをおびきだし、
車にMJを乗せたまま、自分が運転して突っ込み、事故を起こす・・
スーザンは近くの木に縛り付け、一部始終を見せつける・・・というもの・・
なんと残酷な・・


でも、最後の最後に、デーブの目に入ってきたものは・・・
娘の姿でした。
後部座席で眠りこんだMJの姿が、娘に見えた・・
そう、あの事故の日、自分が一緒に行ってあげてれば・・
いや、そもそも、仕事があるから・・という理由で、二人で行かせてしまったことを悔いていたのよね。
だからこそ、悔しくて悔しくて、この恨みを誰かにぶつけないと生きていけなかったんだ・・

そんなデーブは、最後にMJを車から降ろし、
一人マイクの車に突っ込んでいきました・・
でも、二人とも無事で何より・・
デーブは、悲しみを乗り越えるのではなく、どっぷり入り込んでいったようです・・。
あの日、アイスを買いに二人を出かけさせるのではなく、
自分がデザートを作ってあげ、出かけずに済んだ妻と娘は自分のそばで今も幸せに暮らしているという、
ありえない世界へと入り込んでいってしまったのね・・。
心を閉ざし、自分の世界に入り込まないと、生きていけないんだろうよ・・・(涙)


そしてマイクは無事に結婚式を・・・
って、おいおい、相手、キャサリンじゃなくっぽくない??
スーザンと再婚してんじゃないの??
キャサリンはどうなったんだーっ!!!

さて、残りの面々だけど・・・
オーソンが離婚に応じてくれなくて困ったブリー。
強引なカールのやり口に文句を言いつつ、
「男」としても強引なカールと・・・そういう関係になっちゃったっぽい??
おいおい、それがオーソンにバレたら、さらに不利になるよ、アンタ!!

リネットは、体調の変化から、ガンの再発を疑い診察をうけるんだけど・・・
なんと、ご懐妊!!
しかも、また双子??

おいおい・・・その年で・・
へべれけでも大学に合格しちゃったらしいトムよ、どうするつもりだい・・・?(汗)

親戚の子・アナを引き取ることにしたカルロス夫妻だけど・・
なかなかの曲者みたいだね、この子・・
うっとりする美貌で、男を手玉にとって生きてるようです。
カルロスさえもアナの味方しちゃうし・・・
ガブリエル、負けるな!
アンタも一時期は同じように生きてきたんでしょ??(笑)


まだまだ先が続きそうなドラマです。
また、一年後、お会いしましょう!!!


 ◇ 第話 ◇  「迫り来る魔の手 (Everybody Says Don’t)」  2010.09.22.        

デーブの復讐・・・
デーブの仲に迷いがあるため、いろいろと使者が出てきてアドバイス・・
そう、妻と娘の復讐をするためだけなら、その先を考える必要はない・・
「〜に見せかけて。。。」なんてことをせず、正面切って殺してしまえばいいんだ・・・
そう思ったデーブは、スーザンを苦しめるため
スーザンではなくMJを殺そうと拳銃を持って出ていくも・・
やっぱりスザーンが釣りに行くと言いだしたため、やっぱりそこで殺すことにしたらしい・・
ふぅ・・・よかった・・

そして、デーブの正体にみんなが気づきはじめた・・・
火事現場で見つかった身元不明の遺体が精神科医のヘラー先生とわかり、
ジャクソンから「現場でデーブと会った」と証言がとれ、
ヘラー先生が死んだとマクラスキー姉妹も知り・・・
みんなが、デーブが火事に関係してる!と気づくわけだ。

さぁ、デーブの正体を知ったマイクは、あわてて駆け付けるみたい!
間に合うか・・・?
マイクからの電話を聞いたスーザン、逃げ切れるか・・?

次回、最終回です!!

と、スーザンに降りかかる不幸の行く末が気になるところですが・・・
ブリーは、オーソンに「財産隠し」を知られ、離婚はしないと反抗されて困ってます。

リネットは、トムが大学に通うと言いだし、やめてほしいもんだから、
試験日の変更を伝えずに失敗させてシメシメ・・・だったんだけど、
仕事に生かしたくて中国語を学びたいと思ってたと知り、申し訳なく思ってました・・
っとに・・・軽率だったねぇ・・

カルロスは、世話になった叔母さんの孫ってのを引き取ることにしたみたいだけど、
どうやらその孫、ヤバそうじゃない??
ガブリエル・・・ただでさえ反対してるってのに、ちゃんと面倒見れるのかねぇ・・?

これだけ難題があるとなると、
次回最終回で全員の問題が解決するとは思えないので、
まだまだ続くのね、このドラマ。(笑)



 ◇ 第話 ◇  「落ちたマスク (Marry Me a Little)」  2010.09.15.             

ジャクソンとスーザンが結婚すると、ジャクソンに証言されちゃう可能性があり、
ヤバイ状況のデーブ・・
しかし、キャサリンと電話で会話中にスーザンが訪ねてきて、
保留にしなかった電話から、スーザンとキャサリンの会話が聞こえてきて・・
ジャクソンが強制送還されたくなくて偽装結婚しようと知っちゃうのよ!
で・・・
そのあとは、予想通り・・・
ジャクソン、連行されちゃったよ・・・(涙)
いよいよデーブの復讐が始まっちゃいそうです・・・


ガブリエルとリネットの話は、二人とも二人らしい話で、
最後はちょっとしんみり考えさせられましたねぇ・・
シワは人生の記録・・・
そんなこと言われたら、整形もできないよね、トム!(笑)

ブリーは、オーソンとの離婚のために、カールと自分の家に泥棒に入ることに・・・
これって、泥棒=オーソンってことにしたいからか・・?
でも、バレちゃったね、オーソンに・・・
オーソンはどう出てくるのかしらね・・?

いよいよ大詰めです!
MJの命が守られることだけを祈ります・・・
このドラマ、本気で人が死んでいくからなぁ・・・(汗)



 ◇ 第話 ◇  「買収工作 (Bargaining)」  2010.09.08.                

スーザンはジャクソンが結婚してほしいって言いだして、嬉しくて仕方なかったんだけど・・
カナダに強制送還されちゃう・・・ってことで、偽装結婚してほしいって提案だったのよ!
ひどーいっ!

怒ったけど、スーザンはそれを受け入れちゃったねぇ・・・
同情か・・?
ジャクソンが戻ってきたことでビビる人間が一人・・・
主治医の精神科医を殺してしまったデーブです。
ジャクソンには見られてる可能性あるからねぇ・・・
MJとスーザンの危機を救ってあげてよ、ジャクソン!!

リネットとトムだけど・・
愛情確認っていうか、夫婦であることを日々実感するために・・・
毎日ナニをしなくちゃいけないらしくて、リネット大変!(笑)
疲れて帰ってきても、ムンムンのトムが攻撃してくるんだもん・・・
しかし、最中に・・・いや、いざ・・・ってときにすでに熟睡ってどうよ。(笑)
トムもさ、違うところに情熱を向けるべきだな・・

ブリーは、スーザンの元夫のカールが凄腕離婚弁護士だったことを思い出し、
オーソンとの離婚で不利益が出ないようにしたい・・って頼むのよね。
その代わりに・・・と条件を提示されたものの、
大人のMJのおかげでクリア・・(笑)
何も知らないオーソン・・
しかし、犯罪まがいの手口を仕掛けるみたいよ、カールは??
大丈夫か?逆に不利益を産まなきゃいいけど・・・(汗)


ガブリエルと娘・ホワニータの話はホンワカ・・・ですな。
しかし、化粧がどーこーの前に、痩せようね、ホワニータ・・・(汗)
キレイなお母さんにあこがれる年になってきたのねぇ〜♪


 ◇ 第話 ◇  「思わぬ誤算 (Rose’s Turn)」  2010.09.01.                

なるほどぉ・・・そういうことか・・・

イーディの死から家にこもっていたデーブ・・
一応、罪悪感や寂しさなんか、あるんだね・・・。
で、心配で通ってたスーザン・・・
デーブを慰めるために、身の上話を・・・
昔、交通事故を起こしたことがあって・・マイクが運転してたってことになってるけど、
私が免許証を忘れてたから、罪をかぶってくれたの・・・と告白しちゃうのさ!

そう、デーブが復讐すべき人間は、マイクではなくスーザンだったのさ・・
MJに近づくデーブ・・
やめてえぇ〜!!
しかし、ちゃんと捜査の手が近づいてるみたいね。
それに、スーザンの恋人・ジャクソンがデーブと知り合いっぽいし・・・
スーザンとMJに危機が及ぶ前に明らかになるかな・・??

リネットは仕事が忙しくて、トム、寂しい・・
そんなとき、ガブリエルに引っ張られて園芸クラブに入り、
尻軽女と知りながら、男として見てもらえるのがうれしくて仲良くなっていく・・・
心配なガブリエル・・
リネットは、カルロスに、シャワーの途中で倒れ裸を見られたことを隠してたことがトムにバレて、
かなり険悪な雰囲気に・・・
でも、どっちにも秘密があった・・ってことで、何とか修復できたよう・・・
しかし、心に抱える寂しさを解消できたわけではないから・・
トムもさ、専業主夫じゃなくて、何かしたらいいのに・・・


問題はオーソン!!
盗みに入ったのがマクラスキーさんの家じゃなく、ローズっていう年寄りの家・・
で、バットで頭を殴られ、フラフラ道に出て、イーディの事故に繋がったわけだけど・・
ローズさん、全部見てたのよ!
でもねぇ・・・それを「死神話」にしちゃったもんだから、ボケ扱いされ・・・
それにのっかり、オーソンは、あの人を施設に入れるべき・・・と誘導していき、
自分のしたことをブリーに隠していたのさ!!
ほんと、この男・・・恐ろしいなぁ〜!
マイクをひき逃げした過去もあるしさぁ・・・

アンドリューは、まだ母がオーソンにウソをつかれてる!!って言うんだけど、
ブリーは信じたい・・って思ってたのに・・
ローズさんを見舞ったキャサリンからその話を聞き、
盗みに入ったのがオーソンだと確信する・・・
またウソをつかれた・・・しかもイーディの死に繋がってる・・・
離婚を決意したブリー・・
順調に話が進むかねぇ・・(汗)


 ◇ 第話 ◇  「唯一無二」  2010.08.25.                         

うわーっ!!
イーディ、死んでしまった!!

前回放送からちょっと間が空いたので、すっかり展開を忘れてたときに・・
いきなりのイーディ死亡!!
いやぁ・・・こりゃ、デーブには朗報・・?(汗)

死んだイーディの遺骨を息子に届けてほしいとデーブに頼まれ、
スーザン、ガブリエル、リネット、ブリー、マクサスキーさんの5人で届けることに・・
その道中、イーディとの思い出を思い返す面々・・・
この間の、便利屋さんのときの展開とよく似てたけど。(汗)

病気で弱りきってたリネットを、弱気にならないでと励ましたイーディ・・・
スーザンの夫の浮気を暴いてくれちゃったイーディ・・
長生きしないと思う・・と話していたイーディ・・・
オーソンの面会に刑務所に出向いていたイーディ・・
そして、「捨てた」と思われても、「自分から守りたかった」と息子への思いを語るイーディ・・・

どんなに印象が悪く、いい思い出なんかない!って思ってた人でも、
死んでしまえば、わずかでもあるいい思い出で浄化されちゃうね・・

遺灰は任せると息子に言われ、考える面々・・・
マクラスキーさんは、夜中、通りを駆け抜ける一陣の風にイーディを思う・・・
そう、彼女はここで生きた・・・
だから、みんな、別れの言葉とともに、思い出の場所へと灰をまいてあげたのよね。

いつも、うまく言い表せないイメージがあるスーザンがいいこと言いました。
「唯一無二」・・・
そうだね、こんな人、なかなかいないし、そうそういてもらっても困る。(笑)


真相を知ったイーディが死んでしまったため、
デーブの復讐は結末を迎えることなく・・・
今度は、マイクの子である、スーザンの息子・MJが標的??
やめてくれーっ!!


 ◇ 第話 ◇  「破滅への序曲  (A Spark. To Pierce the Dark.)」  2010.08.04.     

前回終わりの予告でキャサリンが射殺されてたけど・・
あれはデーブの妄想・・・いや、シミュレーションだったのね。(笑)

イーディが気づかないままキャンプに出掛けちゃった三人・・・
一泊して、翌日、自分が具合が悪いことにして二人に出かけさせ、
密漁者のフリしてキャサリンを射殺しようと考えてたけど・・・
イーディからの着信でビクッとし、手元が狂ってキャサリンにあたらなかった!
で、キャサリンとマイクは逃げ帰ってしまい・・・
デーブは急いでイーディのもとへ・・・
全部知ったイーディの首をついしめてしまったデーブ・・
恐ろしくて逃げ出したイーディは、通報しようと携帯を持って車を運転・・・
しかし、イーディの目の前にある人物が・・
その人をよけようとして、電柱にぶつかり、感電して倒れてしまった!!
えぇ〜!!
死なないにしても、記憶を失ってしまいそうな感じ??
デーブには都合のいいことになってしまいそうですぞ??


さて、イーディの前に飛び出した人物とは・・
オーソンです。
マクラスキーさんの家から盗みを働こうとしていて、殴られて、あわてて家を飛び出して、
イーディの車に轢かれかけた・・ってわけだ。
なんでそんなことになったかというと・・
盗みの原因は夫婦仲にある・・という診断で、ブリーは仕事をやめようとするんだけど、
夫として、妻のことを理解してくれないオーソンのことをアンドリューに改めて言われ、
やっぱり辞めない!って言いだしたもんだから、
また盗癖がぶりかえしてきた・・ってわけだよ。
もぉ・・・こんな男、捨ててしまえ!って気がするんだけどなぁ・・・(汗)

スーザンは、仕事場に元夫のカールが息子を転校させにきててビックリ!
元夫婦ってことは内緒に・・って考えるも、
カールの息子が情緒不安定な絵を描くもんだから、問題だと言い出したら、言い争いになっちゃって!
でも、どうやらカールは奥さんに逃げられたらしく、息子は不安定だったわけだね・・
だからって、まさか・・・
理解することと、受け入れることとは違うからね!
スーザン、軽はずみなことをするんじゃないよ!!


ガブリエルは、カルロスが仕事ばっかりで不満!
それは、元カノのせいだ!って考えるんだけど・・
リネットも、その元カノのせいで仕事仕事の生活になり不満タラタラ・・
でも、ガブリエルが子どもを会社に連れて行ったことで、
カルロスは元カノをクビにしてくれたっぽい・・・?
ま、家族的にはよくても、仕事的にはどうなんだろうね・・?


 ◇ 第話 ◇  「不純な動機 (The Story of Lucy and Jessie)」  2010.07.28.     

ブラッドリーが殺されて、なんとカルロス、ブラッドリーの代わりに社長に!
そして、元カノをスカウトして側近にする・・と言いだし、ガブリエルはキーッ!となるも・・・
その人がおデブちゃんで、一瞬安心するも・・
そんな彼女でも抱いてたらしい!と知り、ヤキモキ・・
そんなとき、就職先を探しているリネットの存在を思い出し、
監視役として雇ったのさ!
それを知っていい気はしないリネットだけど・・
ま、破格の年俸をもらえるわけだし・・ってことで、納得しておりました。(笑)

スーザンは、美術教師のアシスタントをしてるんだけど、
いいように査定してほしくて、その教師を自宅に招いた・・
だけど、その女性、レズビアンで!
すっかりその気の教師ともめちゃうだけど・・・
最後は友達・・・になれたのかな?
ま、就職先を失わずにすんで何より・・・

ブリーは、オーソンの盗癖がひどい!ってことで、
盗んだ数々のモノをこっそり返しまくるんだけど・・
間違ってマクラスキーさんの家のものをガブリエルの家に返しちゃって!
「またアンタがとってきたの!」って、ホワニータが疑われてた・・
可哀想!!
だけどブリーが本当のことを言うはずもなく・・・・(汗)
ひどすぎる・・・

で、結局、オーソンを精神科に連れて行ったブリーだけど・・
治るかねぇ・・・(汗)

イーディはデーブのことを調査依頼・・・
そこで、奥さんだけでなく子どもも失ってたと知るのよね。
で、「子どもが欲しいな・・・」ってデーブにふっかけてみると・・
奥さんと子供を失った友人の話をしはじめ・・・
ま、それは自分のことなんだけど、「子どもはいらない」って言いだして、
イーディはますます不信感を抱き・・

そのデーブ、とうとうキャサリンとマイクとともにキャンプに行っちゃった!
なんでそんなにキャサリンを刺そう太がるのか、不思議だったんだけど・・
なるほど・・
マイクの大事な人を奪うつもりなのね!

予告でキャサリンが撃たれてたけど!!
どうなるんだろ・・・
イーディのところに、デーブの妻子を死なせたのがマイクだって記事・・
早く届けばよかったのにね・・(涙)


 ◇ 第話 ◇  「夫婦の力学 (Crime Doesn’t Pay)」  2010.07.21.           

マイクがキャサリンの家に引っ越すことになり、パーティが開かれることになったんだけど・・
「マイクが好きな絵なの・・」と飾ってある絵を事前に見たスーザン。
「これ、私が書いたの、新婚旅行の思い出・・」って言っちゃって!
で、いざパーティ・・ってときにはその絵ははずされていた・・・
「割っちゃって修理中・・」というキャサリンが信用できず、
自分で倉庫に入って調べるスーザン・・
でも、割れてないことに気づき、マイクに話しちゃって・・
で、マイクとキャサリンがケンカ、パーティは台無し・・・
スーザンって、ほんと無神経だよね!
こういうときはさ、マイクに「あれは二人の思い出だからキャサリンに悪いでしょ、はずして」って話せばいいのに!

ま、結局はスーザンが悪者になる形で仲直り・・・っぽいですね。

ガブリエルは、カルロスの上司の不倫の片棒を担がされてうんざり・・
行きすぎる不倫に嫌気がさし、不倫相手のところに乗り込んで文句を言ってやるんだけど、
そのことに上司が激怒!妻に全部話す!と言いだし・・
話を聞いた妻は・・・殺しちゃいましたよ、夫を!
良かれと思ってやったのに・・ガブリエル・・・後味悪いことになっちゃったわよ!!


ピザ屋をしめて落ち込んでるトムに仕事をブリーが紹介してくれることになり、
ありがたく受けるリネットだけど・・
当の本人のトムが全然聞く耳持たず!
ムカついて、リネットは「自分もやり手の広告マンだった・・」って話をし始め、
いつしか夫婦でどっちは有能かっていう言い争いに!
いまいにゃ、「彼女のガンが再発するかも」なんてひどいことを口走るトム・・・
あたしなら到底許せないけど・・
リネットは許してましたねぇ・・

で、トムも自分が悪かった・・・と謝り、仕事をしたいならすればいい・・って言ってくれました。
ま、リネットのほうが有能だからね・・(笑)

そんな夫婦のすったもんだに巻き込まれる形になったブリーだけど・・
オーソンの手癖の悪さを発見して驚き!
いやぁ・・オーソン、なんか怖いねぇ、この男・・・
エスカレートしそうだよなぁ・・・(汗)

イーディは、街で神父さんに会い、そこでデーブと知り合いらしいのに、慌てて否定することに不信感を感じ・・
後日神父さんを訪ねるも、何も話すことはない、ダッシュさん・・って言われるのよね。
誰のこと?と聞くと、ご主人の姓を名乗ってらっしゃると思ってました・・って言いだし・・・
デーブの名字がダッシュだと知って、こっそり調べ始めました!
イーディよ・・こっそり、バレないようにやるんだよ・・?
殺されちゃうよぉ〜!!(汗)



 ◇ 第話 ◇  「私の値段 (In a World Where the Kings are Employers)」  2010.07.14. 

スーザンは仕事を初めて、子供の面倒をみる時間をマイクと分け合おうとするも・・・
マイクも仕事してるもんだから、どうしてもキャサリンに託すことになるわけよね。
となると・・・料理上手なキャサリンに懐いちゃうよねぇ・・
もともとスーザンは料理苦手だし。(汗)
それに、恋人の子供に好かれたいって想いは理解できるもんなぁ・・
キャサリン、MJに優しくしちゃうもんだから、とうとうスーザンはもうあなたには預けないようにマイクに言う!っていうんだけど・・
なんと、マイクはキャサリンと同棲することにしたらしい!
マイクに預けるということは、キャサリンがいるってことになり・・
スーザン、ここは「便利なシッターさんができた」って割り切るべきかもよ・・?

ガブリエルは、カルロスの新しい仕事のパートナー・ブラッドリーがボーナスをくれないと知りムカつきまくってました。
そんなとき、ブラッドリーの浮気現場を見ちゃって!
ブラッドリーは、奥さんにバラされたくないから、「ボーナスを出す!」と言いだして・・
ラッキー!と喜ぶも・・
ブラッドリーの奥さんがいい人で、しかもガブリエルたちを信頼しまくってるから心苦しいわけだ・・
そして、奥さんの妊娠発覚!
名付け親になってくれとまで言われ、ますます心苦しいわねぇ・・(汗)

閑古鳥のなくトムの店・・
もうたたむしかないか・・と考えるリネットだけど、トムは従業員を解雇し、家族経営だ!と悪あがき・・
なのに、仕事をさせた子どもたちは金をちょろまかしたり客選んだり・・とワガママ放題!
しまいにゃ、友達の前で働くのは恥ずかしいって言いだし、
その金で暮らしてるんだろ!とトムは激怒!!
わかるよね、親の心、子知らずだもん・・・
でも、こうなってみて、トムは店をたたむと決めたらしい・・
でもさ、どうやって暮らして行くんだろうね・・?(汗)

オーソンは、アンドリューがどうやら破格の給料をもらってるらしいと気づき、
ブリーを誘導訊問し、銀行口座からアンドリューの給料を知ったのさ。
自分の2倍もらってるのか!と納得いかないオーソン・・
確かに、アンドリューはなかなか頼りになるし、昔から勤めてるんだもん、仕方ないかもね。
正直、学歴は高くても、オーソンはたいして役にたってない気がするもん・・(汗)
で、アンドリューが買ったペン、ちょろまかしてたけど、何をする気だ・・?
それでまさか、気が済んだとか言わんよね?
小さいなーっ!(笑)


デーブはマイクをキャンプに誘いました・・
いよいよ、復讐の時が近づいてきましたな。。。


 ◇ 第話 ◇  「不協和音 (Mama Spent Money When She Had None)」  2010.07.07. 

やっぱり・・・友達にお金借りちゃダメだよねぇ・・
友情を大切にしたいなら・・・そこにお金を介してはいけないよ・・・


リネットはポーターが不起訴になったものの、店は閑古鳥だし、金に困っておりました・・・
それなのに、本の売れ行き好調なブリーは高級外車を買ってて・・・
で、ブリーはリネットをお金を貸す、いや、あげる・・と言いだし・・
そんなのダメよ・・と言いつつ、困ってるリネットは「出資」という形でお金を受け取り、
お礼に・・・と店でブリーのサイン会をすることにしたのよね。
でも、優位にたっちゃったブリーと、金を借りちゃったリネット・・
関係はギクシャク・・・いろいろともめ事になり、結局リネットはお金を返しました・・・
それがいいよ・・

スーザンは、息子を私立に入れたくて仕方ないんだけど、
お金がない・・・マイクも金がないと言ってきて・・
なのに、マイクがキャサリンに真珠のネックレスをプレゼントしたと聞いて驚き!
くそぉ・・・息子の入学金がコレに変わったのね!と、家に入り込んで盗みだしたのよ!
最低やな、やっぱり・・(汗)
でも、キャサリンは、MJの学費がコレに変わったとわかると、マイクを一緒に問い詰めようとしてくれるんだけど・・
実はそれは偽物で、マイクが見栄を張っただけだったのさ・・・
それでも諦められないスーザンは、学校に行って「職員なら半額になるって聞いたから雇って!」って言いだし・・
校長先生、根負けして雇ってくれました・・
ほんと、解放されておめでとう・・・(笑)

ガブリエルは、昔着ていた服を着るためにダイエットしようと、
ブートキャンプに通ってるイーディの紹介で自分も入隊・・・
しかし、あまりのキツさに早々に断念・・
でも、そんなガブリエルにイーディからキツイ、しかし愛のある一言・・
やっぱ、何やかんや言っても友達なんだねぇ、アンタたち・・・

リーは、ボブから「デーブがポーターが放火犯かも・・」って証言をしたと聞いちゃいます。
黙ってられなくて、それをトムに話してしまった・・・
激怒したトムはデーブに殴りかかるも!!
逆にはがいじめにされてた・・・
怒らせたら怖いぞぉ・・・?
次回はいよいよマイクに手を出しそうな予感・・?
もぉ・・・やるなら早くやって!怖いから!!



 ◇ 第話 ◇  「ほほ笑み返し)」    2010.06.30.                      

泣けた・・・
イーライっていう便利屋さんのこのウェステリア通りでの存在の大きさ、・・・
そして、そのイーライがイーライになった理由・・
置く深かったですねぇ〜!

便利屋イーライが死んだ。
今日で引退すると言ったその日に・・・
イーライの世話になったそれぞれが思い出を思い返し・・・故人を偲ぶんだけど・・・・
それぞれのエピソードが泣けてねぇ・・

そのイーライがこんなにも住人のために働いてくれた理由・・
それが、まさかメアリーだったとは・・・
この町の最初のお客さんがメアリーで、その親切のおかげで御得意さんが増えた・・
なのに、メアリーが自殺をした日・・
自分がメアリーの異変に気付きながらも救ってあげることができなかった・・・
だから、これからは便利屋としてこの町のいろんなものを直すだけでなく、
この町の住人のいろんなことを見過ごさずに修復できたら・・・って決めたんだよね。
だから、あんなにもみんなのことを放っておけなくて関わってくれたんだ・・


その関わり方がさ、押しつけがましくなく、じんわりとしみてくるんだよね・・
なんとも大きな人を失ってしまったなぁ・・・
こっちまで、ぽっかりと心に穴が開いたようです・・・・(涙)


 ◇ 第話 ◇  「モンスター操縦法 (Connect! Connect)」    2010.06.23.        

サッカーワールドカップを見ながらの「ながら見」だったので、
簡易レビューを・・・

ポーターはリネットの母のところにいましたが、
リネットったら、自分が事故ったってウソでおびき出したよ!
やりかたが汚い・・・(汗)
でも、なんやかんやでいい感じになったのか?

ブリーは、アンドリューのパートナー・アレックスが反抗的な態度でビックリ!
でも、最初から言いたいことを言うのを我慢しないってのは、
そこを乗り越えれば、この先いい関係になれそうだよね!


スーザンはジャクソンのところに行こうと家を売ろうとするのよね。
でも、ハプニングでイーディと地下室に閉じ込められ
長時間、自分の男遍歴を降り返させられ、考えた・・・
寂しくて男ナシではいられなかったけど、久々に一人でいるのもいいかなぁ・・って。
で、引っ越しは辞めたようです。

ガブリエルは、カルロスが出張中、娘たちが言うことを聞かずにイライラ!
パパの方がいいって言われて悲しくて仕方ないんだけど・・・
庭師の大男に叱ってもらうという手段に!
ま、あとでカルロスから「オレはママのほうがいい」って言われてたよ・・って言われるのさ。
そうよ、なんやかんやは最後にはママなんだって!

家を追われたデーブ・・・マイクの家に入れてしめしめ・・
どうやら、スーザンとの離婚のきっかけになった、あの交通事故の被害母子が、
デーブの妻と娘だったみたいね・・

そりゃ復讐したい気持ちもわからんではないが・・
一体、何を仕掛けてくるつもりでしょうか・・?


 ◇ 第話 ◇  「スイート・ホーム (Home is the Place)」    2010.06.16.        

プレストンがポーターの代役をしてることが弁護士のボブに知られちゃって、
どうしてもポーターを捜さなくちゃいけないリネット・・
店を担保にしてお金を借りてポーターの保釈金にしてたんだもんね。
お金のために兄弟を取り戻そうとしてると知ったプレストンは、ポーターの居場所を話さない・・・
アンの夫に脅されて命の危険を感じて身を隠していると知り、
リネットは、アンの夫を轢き殺してでもポーターを守るつもりとプレストンに意思表示し・・・
プレストンの説得でポーターの居場所を知ろうとするも・・・
ポーターは、リネットの母(だっけ?)のところに身を寄せてました・・・
なんで身内を調べないのかね?
ジャマで追い出したら、存在すら忘れたのか??(汗)


スーザンは、ジャクソンが絵の仕事で忙しくさみしくて、ゲイのリーとお出かけ・・・
翌朝目覚めたら・・・隣にリーが寝てた!!!
やっちまったか・・・と焦るスーザン。
そのことを知ったガブリエルのバカ笑いとともに、私も大笑いしちゃったよ!(笑)
でも、実際は関係を持ってはいなかった・・
「オレ、ゲイだよ?」と笑って話すリー・・
ジャクソンの未来に不安を持ってるスーザンを優しく慰めてくれてさぁ・・
こういうとき、男女関係が入り込まない関係っていいかもね!!

ガブリエルは、カルロスの昔の知り合いに会い、仕事のパートナーを捜してるって聞いて、
やった!と勝手に受けちゃうのよね。
でも、カルロスは視覚障害者相手の仕事がしたい・・って言ってたのよ。
何とか考えを変えてもらおうとするも・・・その仕事の悪いところばっかり見えてきたってのに、
ガブリエルは「今まで耐えてきた私のためにも!!」ってカルロスを説得し・・・
カルロスはその仕事をうけることにしました・・
そんな気持ちで引き受けたってさ、続くかなぁ・・・?

ブリーは、アンドリューのパートナー・アレックスと結婚することにして、
アレックスの母と対面するも・・・
こりゃかなりの難敵!!
休日の息子を奪いあいから始まり、息子の住む場所にまで口を出してきて、
しまいにゃ自分の住むところに二人を引っ越させようとしてたのよ!!
で、ブリーは思わず、近くの豪邸を買ってあげてた!って言っちゃって、
結局二人はこの近くに住むことにしたみたいだけど・・
相当高いんでしょ、その家・・?
そうまでしてアンドリューに固執してることに驚きやわ。(笑)

マクラスキーさんは、死んだ精神科医のところを訪れてました。
でも、きっと焼死体で身元がまだわかってないみたいで、「旅行中」って聞かされちゃうのよね。
一緒に行動してくれてた妹は「もう手を引く」と言い出して・・
追いかけたマクラスキーさん・・・
もう少しそこにいたらデーブから電話がかかってきてたことに気づいたのになぁ〜!!

で、そのデーブ。
失った妻と娘の亡霊に話しかけてるところをイーディに見られ、
「実は結婚してたことがあって・・」と言い繕おうとするんだけど、
そんな大事なことを黙っていられたことに怒ったイーディに出ていけって言われるのよね。
行き場を失ったデーブ・・
そのデーブに手を差し出したのは・・・マイクでした!!
マイクよ、その男、アンタに復讐するためにここにいるんだよ?
どうなっちゃうんだろうねぇ・・・


 ◇ 第話 ◇  「天使が見えた日 (A Vision’s Just a Vision)」    2010.06.09.      

カルロスの目は徐々によくなり・・・
目に見えてきた家の中の変化・・・
絵やモノが減ってる・・
しかも大事にしていたサインボールまで!!
取り返してこい!!とガブリエルに文句を言ってたけど、
ガブリエルの服や宝石なんかまで消え失せてるのを目の当たりにし・・
あんなにおしゃれ好きのガブリエルが、そこまでして家族を守ってきてくれたことに気づき、
ガブリエルが取り戻してきたサインボールを売って、洋服を買ってきてくれました・・
なんか、この夫婦は回を増すごとにほほえましいねぇ・・♪

キャサリンとマイクがくっついてるのが気に入らないスーザン。
息子のMJまでもキャサリンに反抗的・・・
実は、「いつかまたパパとママは・・」って思ってたらしい。
つい、息子をなだめるために言った言葉を、MJは信じてたんだねぇ・・
でも、マイクにはその気はないらしい!
ま、そりゃそうだろ・・・(汗)

ブリーは、夫の整形の担当医がアンドリューのパートナーだと知ってビックリ!
でも、相手は医者だしねぇ・・・こりゃ素敵なパートナー!ってことで、
御近所のゲイカップルを呼んでもてなすんだけど・・・
なんと、この医者、ゲイのアダルトビデオに出てたらしく、それにボブたちが気づいて!
それを知って驚くブリーだけど・・
それを知りつつ、相手を受け止めていたアンドリューを見て、反対することはなかったね。
なんか、仲直りしてるんだかどうだか怪しげな母子関係だったけど、
これで完全にいい感じになったかな?


ポーターが放火犯として逮捕されて大慌てのリネット。
保釈金を払ってポーターを一時的に取り戻すも、
アンの夫に脅され、ポーター、裁判前に逃げ出しちゃった!!
で・・・プレストンがポーターになりすまして裁判に!
んなアホな!!
バレるにきまってるじゃん!!

どう乗り切るんだろうか・・・?(汗)

ポーターを放火犯に仕立て上げたデーブだけど・・
失った妻子の亡霊を見ていましたね・・
復讐を果たしてからそっちにいくから・・・なんて言ってたけど、
マイクにどうやって何をするつもりなんだろ?
恐ろしいなぁ・・(汗)


 ◇ 第話 ◇  「闇を照らす光 (Me and My Town)」    2010.06.02.            

カルロスは、家事の痕運ばれた病院で、
もしかしたら視力を回復できるかもしれない・・って聞かされるのよね。
カルロスが視力を失った後、子を産んで育て、すっかり昔の美貌を失ったガブリエルはショック!
手術までの一カ月の間にダイエットしようとするも、早めに手術できることになり・・・
昔みたいな私だと思わないで・・・って悲しそうに言うガブリエルに、
カルロスは、見た目を好きになったんじゃない・・って言うのよね。
なんか、すごくいい話だけどさぁ・・・
いざ本当に視力が回復した時・・・ひどいこと言わないでね、カルロス・・・(涙)


オーソンは鼻骨をやられ、イビキがすごいことになっちゃうのよね。
でも手術はイヤ!って言いだし、ブリーは不眠に・・・
一緒に寝てくれないブリーに不満のオーソンは、薬を盛って寝かせようとするも・・・
すでに薬を飲んじゃってたブリー!
慌てて飲ませるのをやめるも・・・結局、寝過して仕事に遅刻!
オマケに、置いたままにしてた睡眠薬入りの飲み物を飲んじゃったブリーは仕事でハチャメチャ・・
これをいいことにブリーはオーソンに手術を受けさせることができるようですが・・
その担当医のパートナーは・・・アンドリューらしい!
そうね、そうだったね、アンタは・・(笑)

スーザンは、マイクに女がいると知って心穏やかではない。
それがどうやら自分の友達らしいと知り、ひどくない?黙ってるなんて!!ってキャサリンに相談・・・
ま、結局、キャサリンがそうだった・・と知り、ご立腹だけど・・
いいじゃん、アンタだって男がいるくせに!
怒るなんて勝手だよ!!


リネットは、お金を渡してアンに遠くに行ってもらいました・・
アンの妊娠はウソだったらしく、これで一つ問題は解決・・ってとこだろうけど・・・
でも、ポーターに疑いが向けられてることで家族の危機!!
でも、素直にポーターはやってないって言ってくれたことで、これから守って行こう・・って決めるんだけど・・・

実際の放火の犯人、デーブがポーターが火元の部屋から出てくるのを見たと警察に言ってた!!
おーい!お前だろうが!!
ポーターに疑いがかかってるのをいいことに、罪をなすりつけるつもりね!
どうなっちゃうんだろ、ポーター・・・(涙)

それに、デーブの担当医は死んじゃったわけで、デーブの精神状態が気になるわぁ・・・
罪のない人々を死なせてしまったことをかなり重く受け止めてるみたいだし、
どんどん壊れて行きそうな予感・・・(汗)


 ◇ 第話 ◇  「灰になった真相 (City On Fire)」    2010.05.26.            

凄い展開になっちまったねぇ・・・

スーザンの娘・ジェリーが恋人を連れて帰ってきたんだけど、
年上でバツ3の男!
認められない!と反対するスーザンだけど・・
ジェリーはその男のプロポーズをあっさり断った!
母親の結婚・離婚を見て、結婚に対して絶望しているらしい・・
ま、わからんでもないけどね・・(笑)

ガブリエルは老婦人の怒りを買ったことでカルロスの失業という事態に陥るも・・
アメとムチを使い分ける老婦人が再びやってきて・・
遺産の相続をカルロス一家だけにする・・って話を聞いて、またもてのひら返しちゃうガブリエル・・・
はぁ・・・どうしてアンタはそう金に弱いんだ・・(汗)
それだけの金をやるなら口出す権利がある!と子供たちの進学を勝手に決める老婦人。
またもケンカになり、相続人からはずされちゃったようです・・
何度繰り返すんだか。(笑)

ブリーは、本の宣伝のための取材を受けることにしたんだけど・・
バッシングで有名な記者の前でなんとか「素敵主婦」を装うも・・
隠しきれない恥をお持ちのブリーちゃん、あっという間にバレた!!
ひどい!!と言いつつ、本当の苦しみを吐露するブリー・・・
逆に記事ネタを与えた気が・・(汗)
傷を持ったカリスマ主婦として好意的な記事にしてくれるといいんだけど・・(滝汗)

リネットはプレストンからポーターがアンを妊娠させ駆け落ちしようとしてると聞かされるのよね。
で、アンのところに乗り込んでいくんだけど・・
その話をアンの夫に聞かれちゃって!!
暴力をふるいまくるアンの夫・・
リネットが何とか救ったものの、こうなった以上、アンの安全は危ういなぁ・・・(汗)

そしてバント大会の日・・・
デイブに会いに来た精神科医。
マイクとバンドを組んでると知り、何をしようとしてる!と問い詰めようとして・・
殺されちゃった。(涙)
そしてデイブは油をまいて火をつけ・・・
ジャクソンが逃げ遅れたと知って助けに行って逆に倒れたマイクを、デイブが救ってヒーローに・・
まだ、こんなことでマイクに死なれちゃ復讐にならん!ってことで助けたんだろうけどね・・

放火の犯人は・・・ってことになり、この会場の主であるアンの夫が、
ポーターとのいざこざから「アイツだ!!」と言いやがった!
確かにね、「ぶっ殺してやる!」って言っちゃってましたし・・
証拠がねぇ・・
どうなるんだろ・・?


 ◇ 第話 ◇  「不適切な距離感 (What More Do I Need?)」    2010.05.19.        

ガブリエル・・・それはちょっとひどいんじゃ・・・?
カルロスのマッサージがお気に入りの老婦人の甘い言葉に魅せられて、
家族みんなで老婦人の家にお泊まりで遊びに行ったりしてたんだけど・・
どうも、この老婦人がどんどん家族に入り込んでくるのがイヤになったみたいで、
娘の誕生日会にきた老婦人に、気持ち悪いからやめて!不気味よ!!って言っちゃった・・・
たださ、寂しい老人なんじゃないの・・?
別に子供に危害を加えてるわけでもないのに・・・

もらうものは拒まないくせに、近寄ってきたら突き放すなんて・・・そりゃひどいよ・・
で、その代償は大きそうよ・・?
セレブな婦人だけに、カルロスの仕事がなくなっちゃいそうで・・・(汗)

スーザンは、「最初からやり直す」ってことで、4度目のデートまで体の関係はなし!とジャクソンに言うのさ。
そんな殺生な・・・なジャクソンだけど、
禁欲のおかげで、実な絵描きだったジャクソンはスランプから脱出!!
でもそれでも関係を迫ろうとするスーザン・・
しかし、ジャクソンの書いた自分がモデルの絵を見て・・
ちゃんとこの人は私を見てくれて、理解してくれてる・・・って思えたみたいね。
この二人は今のところ問題なし・・・だな。

ブリーは従業員の盗みを見つけてクビにしたものの、それ以外の仕事は順風満帆・・・
で、勢いで厨房で夫とナニをしちゃったわけですが・・・
その監視カケラのビデオを盗みでクビにしたヤツが持っていって脅しをかけてきて!!
アンドリューに何をしてでも取り返してきて!と頼むと・・
その中身に写っていたのは・・
ブリー&オーソンではなく、キャサリン&マイクだった!!
友達の元夫と寝るなんて、それはダメよ・・・とたしなめるブリーだけど、
ずっと寂しかった私にようやくできた恋人なの・・・とっ聞く耳もたず!
ま、いいんじゃね・・?って気もするけどねぇ・・

息子・ポーターと、息子の友達の母・アンとの不倫を知ったリネット夫妻。
なんとかやめさせようとするも、ポーターは本気・・
PTAの場でアンと会ったリネットは、つかみかかってやめさせようとするも・・・
なんと、アン、妊娠したそうで!
えぇ〜!でもさ、ポーターの子とは限らんじゃん??
なのに、二人、駆け落ちしようとしてるよ?

ポーター、目を覚ませ!!
なんとか出てく前に止められるといいけど・・

マクラスキーさんと妹は、デイブが精神科医と電話していることを突き止める。
その精神科医が「異常犯罪者」の専門であることも・・・
で、偽名を使ってデイブの情報を聞き出そうと精神科医に電話するも・・・
「フェアビューでおかしなことするんじゃって心配で・・」って口走ってしまい、
精神科医は何やら驚いた様子・・・
慌てて電話を切ったマクラスキーさんたちだけど・・
精神科医、フェアビューにくるみたい!
デイブが何をしようとしてるのか、察したのかもね!!
しかーし!次回は何やら起こっちゃうみたいよ?
間に合うのかーっ!!



 ◇ 第話 ◇  「禁断の恋 (There’s Always A Womanr)」    2010.05.12.        

リネットは、夫・トムが息子の同級生の母といるのを見て浮気を疑うんだけど、
バンドのためのガレージを借りようとしてただけと知り、安心・・
しかし、どうもトムが怪しい・・・と夜、行ってみたら・・
トムはバンドはとっくに終えて、ゲームに興じていた!!
こうるさい妻のいないところでノビノビしたい気持ちはわかるけど・・
これはさすがにショックよね・・。
ま、すぐに仲直りしたけど・・
トムは、落ちてるコンドームの袋に愕然!!
・・・えぇ〜!やっぱ浮気してんのかよーっ!と思ったら!!
・・・息子のポーターでした。
しかも、相手は同級生の母親!

トムは同じ年頃の女の子が相手だと思って寛大なお父さんっぷりだったけど・・
はぁ・・・ポーター・・・熟女好きなのか??(滝汗)
リネットは、あわてて出てくるその母親を見て、トムと浮気してると勘違いしたみたいだけど、
ま、次回、明らかになるみたいね。(笑)

カルロスは、マッサージの仕事で、老婦人の快感を呼び起こす魔術師のようで・・・
ある老婦人に気に入られ、海外旅行についてきたら一カ月500万ドル!と言われるのよ。
ガブリエルは、そりゃ行っちゃいなさいよぉ〜!とウキウキだけど・・
老婦人が夫の手でそんな快感を得ている・・と知ると、いい気はしないってんで、家に乗り込んだ!!
しかし、さすが年の功・・・
カルロスだけでなくガブリエルも、娘たちもパリ旅行に誘い、洋服を買ってあげる・・と言い出して・・
ガブリエル、まんまとひっかかった!
まぁ、いいんじゃない?カルロスも、まさか老婦人を抱いたりはしないでしょ・・?(笑)
そのゴッドハンドで満足してらっしゃるなら、してあげたら?(笑)

スーザンは、ジャクソンが急に別れると言い出してムカムカきておりました。
でも、部屋の塗り変えの為に呼んだオッサンに諭され、
ジャクソンの部屋に行ってみると、さっそく違う女を連れ込んでた!
何て男だ!と思いつつ、追いかけてきたジャクソンと・・元サヤみたいですね。
ご勝手にぃ〜!(笑)

ブリーは、一人身が寂しそうなキャサリンのために、夫の知り合いの男を紹介するも・・
その人、オーソンの刑務所仲間で、臓器売買で捕まってたらしい!
こりゃいかん!早く止めないと!とキャサリンに電話すると・・
すでにベッドイン・・・(汗)
黙ってはいられないと真実をつげるも、キャサリン、「私が悪いのよ・・」と泣きまくり・・・
っとに・・・友達に紹介するならもっと調べてからにしなさい!!

しかし・・・そんな寂しげなキャサリンと・・・同じく一人身のマイクが!
怪しい感じ・・・?
この二人がくっついちゃうの?

マイク、それどころじゃないですよ!
デーブの企みが見えてきたぞ・・?
どうやら、マイクが昔、正当防衛で人を死なせたって言ってたけど、
その人がデーブのお兄さんみたい!!

殺されたと思ってるみたいで、復讐しようとしてるってことか・・?
何をする気だろう・・?

でもね、デーブ、あんたにも追及の手が・・・
マクラスキーさん、泣き寝入りはしないよ!
携帯会社に勤めてる妹の力を使って、通話記録を手に入れたマクラスキーさん。
そこで、何か突き止めた様子・・・
頑張れ、マクラスキーさん!!早くつきとめてーっ!!


 ◇ 第話 ◇  「鏡よ 鏡 (Mirror, Mirror)」   2010.05.05.               

今回はすごく良くできてましたね!

スーザンはジャクソンから一緒に暮らそうと言われ驚き・・・
実はマイクと離婚直後で落ち込んでた時、体だけの関係・・として始まったジャクソンとの付き合い。
でも、もうあれから数年・・・
となれば、ジャクソンは気持ちを募らせ固めてくれたわけで、
普通は嬉しい話のはずなんだけど・・・
スーザンにとって、今の関係が一番いいと思ってることに変わりはなく、困惑・・・
そして結局、別れることになっちゃったね・・
ま、マイクが近くに住み始めたことで、こっちと元サヤ・・って感じも無きにしも非ずですけど・・・

リネットの夫・トムは、ピザ店を売ってキャンピングカーで家族でアメリカを回ると言い出す。
実はトム、昔、ピザ屋の配電盤を触って感電し、死にかけたことがあり、
そのときに人生ってものを悟って、自分のやりたいことをやっていこう!って決めてたわけだ。
好きなスポーツカー買ったり、ピザ屋を始めたり、バンド始めたり・・
十分にリネットは譲歩してきたつもりだったけど、さすがにコレは受け入れられない!ってことよね。
そりゃそうさ!子どもたちも大きくなってきてるし、これからいろいろと大変なときに、
何を夢物語ぬかしてんねん!って話よね!
なのに・・・まだ不服そう・・
どうしたもんかね、このオコチャマは・・


ガブリエルは生理がこないことにビビっていた・・
実は、子供はできないと諦めていたのに二人もできちゃって、
これ以上は無理!とカルロスにパイプカットしてもらっていたため、なんで?ってなもんだったのさ。
しかし・・カルロスはパイプカットなんてしてなかった!
ひどい!騙された!産むのは私なのに!と激怒のガブリエルだけど・・
子供がかわいくて・・・・授けてもらえるなら息子を・・と欲張ってしまったと語るカルロス。
その思いはわからんでもないけど、やっぱ無理!とガブリエル、避妊することを決定!
・・・それに、来てくれるはずのお友達(生理)はちゃんときてくれたようで、良かったね!!

ブリーは、オーソンをパートナーに・・・って話を公にできずに困っていた・・
実は、オーソンが刑務所に行った後、酒浸りになっていて、
ダニエルにベンジャミンを取られてまたアルコール依存症になっちゃってて、
そこを救ってくれたのがキャサリンだったのよね!
そんな恩人をさしおいて、夫をパートナーに・・なんてできないさ。
それを知らずにゴリ押ししていたオーソン。
ちゃんと話せばわかってくれたよ!

まずはキャサリンの下で・・ってことだよね。
うん、これはまるくおさまったんじゃないかな??

そんな面々が・・デーブの策に巻き込まれ、マクラスキーさんの70歳のお誕生パーティを開こうと
サプライズで呼び込もうとしていたとき・・・
家に帰ったマクラスキーさんは、自分の家がまた荒らされているのに気づく。。
またデーブだ!!と、みんなが集まってるらしいスーザンの家にバットを持って乗り込む!
デーブに殴りかかろうとし、デーブのしたことをまくしたてるも・・
はたから見れば、マクラスキーさんのほうがおかしいと思われる状況で・・・
これは、マクラスキーさんを病院送りにするためにデーブの策だったのよね!
みんな、マクラスキーさんを見送るだけ・・誰も気づかず・・

しかーし!マクラスキーさん、まだ諦めないみたい!!
デーブの作戦はいよいよ始まるらしいけど・・
デーブの人生を台無しにしたヤツへの復讐を開始するみたいだけど、
やっぱりそれってマイクなのかな?
何をしてくるんだろうか・・


 ◇ 第話 ◇  「酔えない美酒 (Back in Business)」   2010.04.28.           

女の嫉妬って怖いねぇ・・・(汗)

ブリーはどんどん仕事面で成功を収めていた・・
夫のオーソンは実は失業してて、前科があって再就職が見つからない・・
そうだ!ブリーと一緒に働こう!と決めるも、キャサリンが「パートナーは私でしょ?」って言い出して、
それにリネットたちも成功に嫉妬してきて・・・
実は、華やかな成功の中で失ったものを実感していたわけだ・・・
せっかくの受賞のパーティでも、リネットが口出ししてきて恥かかされるし、
夫は「お前の名誉だろ?」って別の寝室で寝るようになるし・・(涙)
ま、そんなブリーの本心を聞いて、リネットは「私たちは仲間よ!」と励ましていましたけど・・・
ちょっと心の中で、「100%の成功じゃない」ことにホッとしての言葉だったかもね・・
女って、そういうとこ、ありますから。(汗)


スーザンは、交際中のジャクソンと、離婚した夫・マイクとの間で苦労してます。
子供のMJとしては、いつも知っ買うにいてくれるジャクソンを頼るのもわかるもんな!
だいたいさ、自転車を買い与えておいて、「練習はたまに来るパパと」なんて、
子供が我慢できるわけないし!
頑張って練習してたら、そりゃ応援して手伝いたくなるジャクソンの気持ちわかるし!
だからってさ、マイクのために「乗れないフリ」をMJにさせるってのはどうよ・・?(汗)
結果、怪我させてるし・・・

無理があるんだよ・・と思ったら!

デーブが近くの空き家を購入してマイクに貸したのよ!
どうやらマイクに執着している様子のデーブ・・
一体、何の恨みがあるのか・・?

いや、恨みなのかもわからんけど・・・
まだまだ謎ですな、コイツ・・・

ガブリエルは、夫との時間を持てずに困ってて、
子どもを人の家に預けて・・って考え、その時間に愛し合ってたんだけど・・
目隠しプレイ中にホワニータが帰ってきてて、見ちゃって・・
ちょっと遊んでたって言いわけするも、「大きいパパがママを苦しめてる」と受け取ったらしく、
そうじゃないのよ・・と性教育を施したら・・・
他の家で子供にはまだ早い用語を連発してて!!
恥ずかしいやら申し訳ないやら・・・で。(汗)
子供がいれば、そんな時間がとれないのはどこも同じだと思うけどねぇ・・・
ってか、子育てしつつもその欲求を抑えきれないガブリエルがすごいと思う。(笑)


 ◇ 第話 ◇  「悩める子供たち (Kids Ain’t Like Everybody Else)」   2010.04.21.    

デーブは何をしたいんだ・・・?

スーザンの息子・MJがいじめられてることがわかり、誰に?と気になるスーザンだけど、
パパに話す・・というMJ。
しかし、誰とは言わずケンカの仕方を教えてほしいと言い出すMJ。
なんで・・?と思ったら!
なんと、イジメていたのはガブリエルの娘・ホワニータ!
あの年頃は、男の子より女の子の方が生育が早いんだけど・・
それだけではないホワニータのデカさ!!(笑)

ちゃんとしつけてよ!とケンカになる二人だけど・・
ま、友達だもん、話し合えば仲直り・・ですわな。

リネットは、夫のトムにガレージの掃除をさせるのよ。
いらないものは捨てて!と言ってると、そこにデーブが・・・
捨てられそうなベースを見て、ボクはドラムやってるからセッションしない?って言いだして・・
せっかく片付きそうだったガラクタが片付くどころか、ガレージで演奏しまくり・・になり、
リネットは子供の不始末ってことでベースを壊すのに成功するんだけど・・・
そこにデーブが新しいベースを持ってきて!
余計なことしないで・・・と言いたいところだけど、中高年の精神論を話はじめられ、
そっか、好きなことをさせるのもこれからの人生には大事かも・・って思うようになったリネットは、
ベースを夫にプレゼントするんだけど・・
これ、間違いなくデーブに誘導されてるよね?
なんか、怖いよ、この男・・・


ダニエルがベンジャミンを連れて帰ってきたことに喜ぶブリー。
機嫌を損ねないように、気に障ることは言わないようにするんだけど・・
ベジタリアンと聞き驚くブリー。
母親をダニエルと呼ばせてるし、ユダヤ教のしきたりをとりいれようとしてるし・・・と、
自分の考えとは全く違うことをするダニエルに驚き反発するのよ。
そして・・・こっそりベンジャミンにホットドッグを食べさせる・・
しかし、夜、ベンジャミンは吐いてしまって、そのことがバレちゃって・・
っとに、ブリーで自分の考えが正しいって思いすぎだよね?
ベジタリアンでもいいじゃん!優しい夫のそばで幸せそうな娘の姿を温かく見守ってやりゃいいのに・・
価値観を押し付けすぎて、二人の子育てに失敗したんだろうに・・・(汗)


キャサリンにデーブのことを調べるように頼んだマクラスキーさん。
「夫のことを何も知らないっておかしくない?」とイーディをたきつけ、
みんなの前で出身校について話させるんだけど・・
そういう風に誘導したのがマクラスキーさんだと知ったデーブ・・・
「祖母が認知症だったときに似てるな・・」なんて言いだして!
まさか・・・マクラスキーさんを病気ってことで排除しようとしてる??
怖いよぉ〜!


 ◇ 第話 ◇  「良き隣人(We’re So Happy, You’re So Happy)」   2010.04.14.      

スーザンは、ジャクソンと一緒にいるところをマイクに見られて大慌て!
MJの親権を取られる!と焦ったスーザンは、ジャクソンとマイクが会うことにビビるんだけど、
意外にも意気投合してくれて一安心・・・かと思ったら、
スーザンの話を男同士でしてるらしく、カッチーンときちゃうのよね。
うん、それはイヤだな。。
でも、マイクの言うとおり、MJにとっては、実父と母の恋人が仲良くすることはいいことかも・・?
ま、いいんじゃないの?たいした問題でもなさそうだし。(笑)

リネットは・・今回はいただけないねぇ・・
息子・ポーターが最近口もきいてくれなくて、悪い友達とつるんでるのでは?と心配になり、
女子高生に成り済ましてポーターとチャットすることにしたのよ。
ポーターの純粋な面や、詩を書くことなんかを知って、
息子の知らない一面を垣間見れて、後に引けなくなってきたリネット・・
とうとう、ポーターからのアプローチまで!
こりゃいかん・・・とお断り文章を書いて送ったら・・・
最後に「ママより」って入れちゃってて!
はぁ・・・クセなのかねぇ・・・(汗)
で、ポーター、かなりのご立腹・・・
どんなに言いわけしても、子供としてはこれは許せないだろうなぁ・・

ガブリエルは、久しぶりに来たセレブパーティのご招待にウキウキ!
でも、給料がいいから・・・とセレブなクラブでのマッサージをカルロスに勧めたため、
クラブで働く使用人・・ってことになり、正体がキャンセルされちゃったのよ!
このままではセレブ社会から締め出される!と焦ったガブリエルは、
カルロスの目が見えないことをいいことに、パーティに裏口から潜入し、
主催者にバレないように招待客との顔つなぎをしようとしてたんだけど・・
そりゃバレるわな。(汗)
何があれば幸せか・・・カルロスの言う言葉に納得のガブリエルだったけど・・
そう簡単に割り切れそうもないですな・・・(汗)

ブリーは、元夫の「バンデカンプ」という名前を使用して活動をしてるんだけど、
オーソンがそれをよく思わないのよね。
まぁ、わからんでもない・・・
ただ、オーソンがひき逃げで刑務所に入ってたっていう負い目があるので、
そのせいで自分の名前を使いたくないんだな!ってひがんじゃうわけだよ。
そんなオーソンをなだめるために、好物を作るから・・・と誤魔化してきたブリー。
仕事が忙しくて話ができなくても、その言葉でごまかし続けてきたんだけど、
パーティのケータリングを成功させて疲れきって帰ってきたとき・・・
オーソンは仏頂面で「作るっていっただろ?腹ペコなんだ」と調理を命じる・・・
泣きながら作るブリー・・・
あぁ・・・こうやって共働きの夫婦って溝を深めていくのかな・・って思えちゃった。(汗)
出来ない約束はするなってことよ、ブリー・・・


さて、イーディの旦那・デーブだけど・・・やっぱり怪しい!
イーディがマクラスキーさんに侮辱された!って悔しがってるのを見て、
マクラスキーさんに謝らせるために猫を隠したっぽい!
いやぁ・・・恐ろしいなぁ・・
で、マクラスキーさん、キャサリンに頼んでデーブを調べようとしてますね。
あんまり深入りしないほうがいいと思うけどなぁ・・(滝汗)


 ◇ 第話 ◇  「時の激流 (You’re Gonna Love Tomorrow)」   2010.04.07.       

お久しぶりのデス妻です!
なるほど、そういうことだったのね・・

前作の終わりでスーザンがマイクとは違う男と寝ていたので、なぬ!って思ったんだけど・・
どうやら、交通事故で相手の母子が死亡してしまい、
そのショックを引きずり続けているスーザンと日々ぶつかりあってしまうマイクは、
もう一緒にいられない!と離婚した・・ってことらしい。
確かにね・・ショックだよね・・
ここはさ、二人で乗り越えてもらいたかった。
小さな息子もいるんだし・・
しかーし!日々のさみしさを紛らわすように、スーザンは壁の修理の兄ちゃんと関係を持ってた!
おいおい・・・いいのかよ、それで・・(汗)


リネットの子供たちもすっかり大きくなって、
特に双子の息子は大きくなっても問題児!
父の店で賭博やったり、言うこと聞かなくて困ってしまい、トムに「父親としてバシっと!」と期待するも・・
子供と一緒になってハメをはずすことを楽しんでる!!
これはトムにも制裁を・・・と、パーティにトムの愛車で出かけさせたリネット。
車に傷が入ったら・・・と気が気じゃないトム。
門限を破って帰ってきた双子は、「オレらじゃなくて車が心配なんだろ?」と痛いトコをついてくる!!
しかしトムは・・・車のミラーを蹴って、「これでもか?」という顔・・・
お父さーん!やるときゃやるじゃーん!と思ったら・・
もともと傷が入ってたミラらしく、すでに発注済みだとか・・
ま、いいか!(笑)

ガブリエスは肥満気味(気味?)の娘二人とカルロスとの4人暮らし・・・
目が見えないせいか、カルロスは娘の肥満を気にも留めない!
ガブリエルは自分の虚栄心のためだけではなく、
女としての娘の将来も心配して運動させようとしたりしてるんだけど、
なかなか難しいねぇ・・
あのスタイリッシュだったガビーが・・・誰よりもオバチャンになってるんだもん・・・(涙)

ブリーは、すっかりカリスマ主婦としてメディアに出ております。
しかし・・あのキャサリンに対する仕打ちはひどいよね?
キャサリンのレシピなのに、自分の考えたモノみたいにして本に出してるし!
で?「キャサリンに捧ぐ・・」っていう一文で納得しろってか?
そりゃないよ!
あのキャサリンのカメラ前での恥かかせ・・許す!(笑)
自分ができないことを自分が考えたみたいに書くなんてダメだよ、ブリー!
しかし・・・ブリーが仕事に打ち込んでしまう理由があったんだね・・・
ダニエルが産んだベンジャミン・・
ダニエルが自分が育てるって連れて行っちゃったんだ・・
喪失感を埋めるように仕事に没頭してるんだね・・・
なんか、オーソンともうまくいってなさそうだし・・・大丈夫かなぁ・・?

前作でブリーに脅迫まがいのことをしてウィステリア通りから追い出されたイーディが帰ってきた!
しかも、弁護士の旦那さんを連れて・・
そのデーブって男・・・イーディをうまく調教してるみたいで、いい人か・・?って感じもしたんだけど・・
金にモノ言わせて家を買い取ったり・・・ちょっと怪しい・・?
それに、精神科通院してるみたいじゃん??
何か復讐でも考えてこの通りにやってきたの??
わからーん!危険な匂いがするんですけどーっ!!


とにかく、相変わらずの面白さでございます♪



◆ Story ◆ 5年後のウィステリア通り。スーザンは息子MJと暮らしているが、夫マイクの姿はない。ガブリエルは娘2人に振り回されてオシャレとは縁遠い生活。リネットは高校生になった双子の息子に頭を悩ませていた。ブリーはキャサリンと始めたケータリング業が成功し、料理本の発売を控えて大忙し。ひとりで脚光を浴びるブリーにキャサリンは不満げだ。そんななかイーディがウィステリア通りに戻ってくる。デーブという名の夫とともに…。