デスパレートな妻たち 7 
 金曜11時〜  BSプレミアム    
 レビュー・・・ シーズンT    シーズンU    シーズンV   
         シーズンW    シーズンX    シーズンY
DVD-BOX1
デスパレートな妻たち シーズン1 COMPLETE BOX [DVD]
DVD-BOX2
デスパレートな妻たち シーズン2 COMPLETE BOX [DVD]
DVD-BOX3
デスパレートな妻たち シーズン3 COMPLETE BOX [DVD]
DVD-BOX4
デスパレートな妻たち シーズン4 COMPLETE BOX [DVD]
DVD-BOX5
デスパレートな妻たち シーズン5 COMPLETE BOX [DVD]
 DVD-BOX6
デスパレートな妻たち シーズン6 COMPLETE BOX [DVD]
◆ 出演者 ◆
スーザン
マイク
MJ
ジュリー
マキシン

リネット
トム
プレストン
ポーター
パーカー
ペニー

ガブリエル
カルロス
ホワニータ
セリア
















童話挿絵作家
スーザンの夫
スーザンとマイクの息子
スーザンとカールの娘
賃貸アパートの大家

会社員
リネットの夫 大学生
リネットの双子の息子
リネットの双子の息子
息子
リネットの娘

主婦
ガブリエルの夫
ガブリエルの長女
ガブリエルの次女
  ブリー
オーソン
アンドリュー
ダニエル
ベンジャミン

レネ

キース

ポール
ベス

マクラスキー
ロイ

ボブ
リー

















有名カリスマ主婦
ブリーの夫
ブリーの息子
ブリーの娘
ダニエルの息子

リネットの旧友

塗装職人

故メアリーの夫
ポールの新妻

町の隣人
マクラスキーさんの夫

隣人 ゲイ
ボブのパートナー
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「一世一代の秘密 (Come on Over for Dinner)」    2012.09.07.  最終回  

なんとなく、そんなことになる気がしてたよ・・・(汗)

スーザンがウィステリア通りに帰ってきた祝いに、持ち回りでパーティを開くことになった面々。
・・・ま、帰ってきたスーザンに、みんな自分のことで手いっぱいで素っ気なくしちゃったお詫びなんだけどね・・。(笑)

自分のことで手いっぱいな・・・・リネット。
トムが家を出ていく気だと知り、必死にとめるも、パーティの日、どうやら出ていったみたいで・・
でも、リネットが周りにどんな言いわけをしなくちゃいけなくなるか・・・と考え、
トムは戻ってきました。
これで元サヤか・・?と思ったのに!
リネットったら、「あなたが出ていってわかったことがある・・・ホッとしたの・・・」と正直に言っちゃった!
開放感を感じてしまったらしい・・
わかるよ、その偽れない気持ち・・・
だけど、言っちゃダメだよ・・・

日本人ならまず言わんね、こうも正直には。(滝汗)

ブリーは、付き合ってる刑事の離婚がうまくいくように動くも失敗・・・
別れを渋ってる奥さんに、良いように動かされることになっちゃって・・・
だけど、そうしてでも二人は一緒になりたいようで・・・
どーでもいいんだけど。(笑)

問題はガブリエル・・・
自分を虐待していた継父がやってきて、怯える生活はたくさん!と
郊外で銃をつきつけて追っ払いました!
・・・これでもう来ないと思ったのか、ガブリエル・・・甘いよ・・・(汗)
パーティの日、一人でデザートの準備に家に戻ったガブリエルを、継父が待ち構えていて、
また襲おうとされて、戻ってきたカルロスが殴って・・・殺してしまった・・
そこに、リネット、ブリー、スーザンが・・・
警察に言わないといけないよ、確かに。
だけど、事情があるとはいえ、丸腰の老人を殺してしまったことは大変なことで・・・

ブリーはそんなことさせない・・・と、4人でどうやら始末したみたい・・・?
そこまでやってきてたウィステリア通りの面々が到着するまでに片付けられたの?
それとも・・・みんな共犯・・・?

ブリーの恋人の刑事まで口をつぐんでくれるの・・?
んなわけないか・・・。

今シーズンはこれでおしまい。
次のシーズン8で、このドラマも終了・・・
どんな終わりになるんだろう?
来年を待ちましょう・・


  ◇ 第回 ◇   「因縁の対決 (And Lots of Security...)」    2012.08.31.           

ぎゃーっ!みんな大変!!!

ポール殺害未遂で逮捕されちゃったスーザンだけど、
フェリシアが警察から事情を聴きたいって言われて逃げたもんだから、
ポールも、スーザンを信用して釈放させてくれました・・。
本当にいい人だったんだ・・・・とスーザンに謝るポール。
ポールやメアリーアリスに救われてきたスーザンは、あなたもいい人のはずって言うわけよ。
ポールは、家のカギをスーザンに渡し、早々に引っ越す、家を返すって言うわけ。
丸くおさまったか・・・?と思いきや!
フェリシア、逃げてなかったよ!
ポールを襲って監禁し、ゆっくりと薬液を流し込んで妹殺しを白状させ後悔させようとしていたのさ!
だけど、ポールは後悔はしない・・・という。
妻を追いつめて自殺に追い込んだマーサを許せないって言うわけ。
そこにスーザンが、引っ越し前に家に帰ってきて・・・・
機転を利かせて警察に電話し、フェリシアを追っ払ったものの・・・
戻ってきたフェリシアに反撃されて!
危うく殺されそうになったものの、ポールがフェリシアを殺そうとして・・・
本当に殺人犯になっちゃう!あなたはいい人なんだから!!というスーザンの声に、
目が覚めたポールは・・駆け付けた警察の前で、マーサの殺害を自白しようとしておりました・・
そうね、その方が全部肩の荷が下りてスッキリするかもね・・
逃げたフェリシアは・・・・事故って死んじゃったっぽい・・?

リネットとトムは、二人だけの時間を作って関係修復を図ろうとするも・・
うまくいかず。
トムは、仕事で富と権力を得て、これぞ自分のあるべき姿!って思ってるんだろうね、
だけど、長年築かれた夫婦の力関係は変わらない・・・・
リネットにとって、うだつが上がらなくても優しい夫こそがトムなんだろうね、
だけど、トムはそんな自分じゃなくて、今の自分を認めて褒めてもらいたいのに、
何をやってもリネットの嬉しい反応が返ってこない・・・
どうやってもダメなら、もうダメだ・・って感じになっちゃってる!!
家を出て行っちゃうらしいトム・・・
えぇ〜!もぉ・・・この夫婦は幸せであってほしいのに・・・。

ガブリエルの周辺をうろつく謎の男は・・・死んだと思ってた継父だった!
相手が誰かわからない間は、銃を持つことで相手を死に至らしめる怖さにおびえていたガブリエルだけど、
相手が憎い継父だとわかると、拳銃をしっかりと持って対峙するつもりらしい!
・・・ってか、継父、何のためにやってきたんだ・・・?
ガブリエルに犯罪を起こさせないでほしいよ・・・

ブリーは・・・・警察官と付き合い始めたけど、ゲイじゃね?っていうリーの話に動揺・・・
調べてみれば、ゲイバーに行ってたのは捜査のため、
長年連れ添った相棒の男性警官と急に別れたのは、妻とソイツがうわきしてたから・・・ってことらしく、
誤解は解けたそうな・・・
・・・ほんとか・・・?
この警官、怪しいんですけど!!
・・・どーでもいいんですけど!!(笑)


  ◇ 第回 ◇   「震える夜 (Then I Really Got Scared)」    2012.08.24.           

優しさが仇になったわけだ・・・
スーザン、アンタのこと好きじゃないけど、今回ばかりは可哀想だねぇ・・


入院したポールは、そこで医者から食事に不凍液を入れられて同じ症状がでた人の話を聞き、
スーザンの差し入れを検査にだしたところ、少量の不凍液が検出されて、
どうしてオレにこんなことをする!!って言いに行くわけ。
何も知らなかったスーザンは、ポールのために作ったクッキーを、
MJの学校の催し物の差し入れに提供してしまっていて、
「食事を作る時はいつもフェリシアがいた・・」と思い出したスーザンは、慌てて学校へ・・
で、「毒入りなので、クッキーは食べないで!!」って叫んでるところに、
ポールが警官を連れてやってきたのさ・・・
はぁ・・・そうね、フェリシア、いつもよりも多めに不凍液を入れてたもんね、
このクッキーは食べるのを止めて正解だったかもね・・・
しかし、スーザンじゃない、フェリシアが・・っての、証明するの難しいかもなあ・・
スーザン、どうなっちゃんだろう・・・


怖い映画をホワニータに見せたせいで、すっかり怖がりになっちゃった娘に手を焼くガブリエル。
しかし、本当にそとには怪しい男の姿が・・・
一体何者??


リネットは、旅行の計画を念入りにたてていたのに、
トムがサプライズでハワイ旅行を発表したもんだから激怒!
・・・うーん、ファーストクラスでの豪華ハワイ旅行なんでしょ・・・?
キャンプよりもええやん、そっちに食いつけばいいのに。(汗)

どっちを子どもたちが選ぶか・・・とプレゼンをし合った二人。
結論を子どもたちが出す間、二人して罵り合ってしまうのさ。
それを聞いてしまった末娘・・・離婚しちゃうんじゃって泣いてしまうのさ。
・・確かに、最近のこの二人は気持ちがかみあってないよね。
昔の仲睦まじい夫婦に戻ってほしいなぁ・・・

ブリーは・・・刑事との恋愛をスタートさせてますけど・・・
正直、この人の恋愛模様は全然興味ない・・・
また一癖も二癖もある男を好きになっていきそうですが・・・
勝手にしやがれでございます。


  ◇ 第回 ◇   「緩やかな毒 (I'll Swallow Poison on Sunday)」    2012.08.17.         

フェリシアさんったら!
スーザンがポールの食事の世話をしているって知って、
それを利用して、食事に不凍液を混ぜていたのさ!
で、どんどんポールの具合は悪くなっていく・・・
そんな折、スーザン一家の貯金がある程度溜まり、家を買い戻せるかも・・ってことになってて、
ついスーザンはそれをポールに言っちゃうわけ。
そりゃポールは「そのために甲斐甲斐しく世話を焼いていたんだな!」って怒るよね。
スーザンを追い返した後・・・ポールは倒れてしまった・・・
ポールの具合の悪い理由が判明したら、食事を作ってたスーザンが疑われるよね・・?
大変だ・・・


ブリーの家では、ホワニータたちが大暴れ!
しつけようとするブリーだけど、言うこと聞かず・・・
だけど、カルロスが別居の理由をホワニータに話しちゃって、
ブリーがお祖母ちゃんを殺したんだ!って思いこんだ子どもたちは、ブリーの言うことをきくように・・・
だけど、それは怯えて従ってるだけで、とうとう怖がって警察を呼んでしまうのさ!
大事になりかけたけど、カルロスが誤魔化してくれて警察沙汰にはならずにすんだものの・・
やっぱりこんなのよくない・・・と、ブリーはガブリエルと決別宣言・・・
そんなブリー、刑事が言いよってきてますよ?
モテるよねぇ、ブリーって・・・。

リネットは、トムからオフィスの改装を依頼されるも、
トムの希望がトムらしくない・・と勝手に柔らかい印象の部屋にしようとするわけ。
だけど、レネは依頼者の希望に添うことを一番として、やりかえてて・・・
それをみたトムは大喜び!!
ボスらしい攻撃的な部屋に仕上がった!っていうわけよ。
そんなの、あなたらしくない!と言い張るリネットだけど・・
トムは、自分が成功してるのを喜んでくれてない!っていう。
私はね、このドラマの中で、リネットが一番好きなんだけど・・・
こういうリネットはイヤだなぁ・・
夫の成功を喜び、欲しいモノを認めてあげたらいいじゃない。
アンタの思い通りにしようなんて、間違ってるよ・・・

いずれ、大きなヒビが入るんじゃないかって心配だわ・・・。


  ◇ 第回 ◇   「禁じられた遊び (The Lies Ill-Concealed)」    2012.08.10.         

スーザンは、オペ後の禁欲生活のためか、いやらしい夢を見ていた・・・
だけど、その相手がポール!
どうして・・・?と悩んだスーザンは、医者から気になってることをやってみろってアドバイスを受けるのよ。
で、ベスの死後、すっかり荒れてるポールの世話をやこうとするわけだけど・・・
マイクがきっと激怒するだろうなぁ・・って思ったら・・・
マイクも禁欲中なんで、ケンカするのは避けたかったらしい。(笑)

でも、ポールの近くにはフェリシアさんが・・・

実は、妹を殺したポールを陥れるとき、マクラスキーさんは黙認しちゃってたんだよね。
で、フェリシアさんはマクラスキーさんを軽く脅してる状態・・・
何を企んでるんだ、フェリシアさん!またポールを陥れようとしてるのか?
怖いよぉ・・・

リネットは、成功者が招かれるセミナーにトムが招待され、配偶者としてついていくんだけど、
同伴者の扱いが「オマケ」だということで不満タラタラ!
私もセミナーに参加したい!!っていう思いから、
主宰者のパスを盗んで入りこんじゃうんだけど・・・
あれはマズイよねぇ・・・トムに赤っ恥かかせてるんだもん!!
仕事にも影響でそうだよ・・・


ブリーとガブリエルは、カルロスに内緒で密会をしていた・・
今度はカルロスに内緒でスパに行こうよ!って話をしてたんだけど、
すんでのところでカルロスにバレてしまって・・
なんと、ガブリエル、子どもたちを連れて家を出てきちゃった??
ブリーの家に転がり込んできたけど・・・
始終一緒となると・・・大変そうだぞ・・・?(汗)


  ◇ 第回 ◇   「許されざる者 (Moments in the Woods)」    2012.08.03.         

断酒プログラムの中で、心から悪いと思ってる人に詫びるという項目があるアンドリュー。
で、カルロスに、お母さんを轢き殺してしまったことを詫びようとするも、
ブリーに止められるわけ。
そんな中、カルロスがアンドリューと連れて山に行ったと聞いて、
ブリーとガブリエルは慌てて駆け付け、アンドリューが殺されたと勘違いし、
そりゃお母さんのことは悪かったけど・・・って言っちゃうわけ。
アンドリュー、死んでないっつの。(汗)
で、カルロス・・・・憎いけど、子どもだったアンドリューのことは許してくれたけど、
子の罪を隠蔽し、友達ヅラして10何年もそばにいたブリーは絶対許さんと言っております・・・
ガブリエルにも、ブリーとは付き合うな・・・と。
まぁ・・・わからんでもないね、ひどすぎるもん。


トムの出世で、チネットは多額の契約金を手に入れる・・・・
レネの手ほどきで、美しくお金を使いまくるも・・・
トムは仕事に目覚めてしまって家に帰らないし、相手にしてくれない・・・
お金はなくても夫婦の時間があった昔と、
お金はあるけど、夫婦の時間をもてない今・・
果たして、リネットにとってどっちが幸せなんだろうね・・・


スーザンは腎臓移植を受け、安定して生活しておりました。
ポーカーでも勝ちまくり、運がついている・・・
透析仲間だったオッサンの見舞いに行って、勝ち運がついてるんだ逃すな!って言われてたんだけど、
そのオッサンが急死してしまい・・・
そのオッサンが最後に残してくれたチップを持ってカジノへ・・
バカ勝ちしちゃうスーザンだけど、虚しいやら、運が消えた後を想うと不安になったりと・・・
でも、何とか立ち直りそうですね。
だ、ほんと、その運、いつか消えるよね・・・?
早めに使って大金手に入れて、家を買い戻せーっ!!(笑)


ポールのところにやってきた、出所したてのフェリシアさん。
ベスの遺灰を想い出の湖に撒きたい・・・とポールを誘う・・・
何かされると思って警戒していたポールだけど、本気でもうチャラにしようとしてるフェリシアさんを見て、
信じちゃったみたい・・・
だけど、フェリシアさん、全然諦めてないですから!!
ポールが買ってベス名義にしていた家に住み着いて・・・何を考えてるんだか・・?


  ◇ 第回 ◇   「究極の犠牲 (Everything's Different, Nothing's Changed)」    2012.07.20.  

そりゃそうよね、ERで自殺を図ったら、救ってもらっちゃうよねぇ。(汗)
でも、脳を撃ってるわけで、命が戻るわけではなく・・・
ただ、「移植までの延命処置」になっちゃうわけだけど・・・

知らせを受けたスーザンは、詳しいことを聞いてなかったので大喜び!
でも、病院で、ベスが命と引き換えに腎臓をくれたんだと知って愕然とするのよ。
一方ポールは、ベスの死も、スーザンへの移植も受け入れられない・・・
マークは、ベスの意思を尊重すべきだ!と裁判を起こすとまで言いだすんだけど・・
「ベスに冷たくしてたくせに、死ぬ間際に何かもらおうなんてあつかましい」ってポールに言われたスーザンは、
そりゃごもっとも・・・と、受け取ることに悩み始めるのよね。

しかし、こんなことしててもベスは生き返らない。
フェリシアさんも、刑務所で「娘の意思を尊重して見送ってあげて・・」と涙を流し・・・
で、ポールはスーザンに「手続きを始めるよ」って言いに来てくれました。
これでポールとウィステリア通りの人間との関係も改善されるかなぁ・・・と思ったら・・
なんと!!
フェリシアさん、仮釈放に??
娘の悲惨な出来事が同情として働いたのか・・?
それを聞いたフェリシアさん、ほくそ笑んでたよ・・?
なんだ、やっぱり「憎しみが憎しみを産む・・だからもうやめよう」って言ってたのはウソか?

怖い女だねぇ・・・

ベスがそんなことになってるのに、パーティを開くと言うレネ。
みんな理解できずに批難するのよ。
さすがのガブリエルも理解できない・・・というも、
どうやら、レネは母を自殺で失ってるようで、
おいて行かれるものの気持ちを想うと同情とかできないようで・・。
こうやって見てると、レネとガブリエルは似た者同士・・・
いい友達になれそうね。

トムに引きぬきの話が来て・・・リネットは大喜び!
だけど、カルロスの会社で働くトムは、友達を裏切れないと断ろうとしてて・・
リネットは、「能力が認められた」ってこと以上に「待遇が良くなる」ってことを見過ごすことができず、
いろいろと策を講じでトムを転職させようとするも、夫婦の危機に!!
・・・しかし、リネットが策のために借りていた高級車に乗っちゃったトム・・
コロリと考えを変えちゃったっぽい・・・?
やっぱり夫婦だねぇ・・・
いや、さすがリネットというべきか・・?(笑)


ブリーの息子・アンドリューがアルコール依存症になっている様子・・
ゲイのパートナーが愛想を尽かして出て行っちゃって、
だけど断酒会に参加しようともしない息子を見て、
ベスのときみたいに、「なんかおかしい」って思ってたのに救えなかった・・なんてことになりたくなくて、
アンドリューに必死に働き掛けていました。
立ち直れるといいね・・
いや、どうやらアンドリュー、胸のつかえをおろしたくなっちゃってるみたいよ・・?
カルロスのお母さんを轢き殺したこと、告白しちゃうのか??
今更??

うーむ・・・・どうなるんだろう・・・・。


  ◇ 第回 ◇   「人生の意味 (Searching)」     2012.07.20.          

ビックリした・・・
もぉ・・・・恐ろしいよ・・・(汗)

まずはどーでもいい・・・いや、どーしよーもないガブリエルから。(笑)
リーたちが養子にした女の子とホワニータの子育てで対立しちゃって、
学芸会でギャフン!と言わせてやろうと、ホワニータにタップダンスの練習をさせるんだけど、
本番直前でホワニータの出来が最悪だと知り、靴を隠して出場できないようにするわけ!
ひどい母親!
で、リーの養子がバイオリンを失敗したら、鼻で笑って・・・最低!!

だけど、失敗した我が子を愛しく抱きしめるリーを見て、心を入れ替え・・
ホワニータも無事に学芸会に出られました・・
・・・ったく、いつまでたってもこうだね、この人は・・・(汗)

レネは、何だか虚しくて、リネットに子がいない人にはわからんと言われ、
養子をもらおうかと考えてると、リネットから「まずは赤ちゃんの世話をしてみたら?」って言われて、
ペイジを預かるのよ。
だけど、レストランでは金を払って従業員に預けたりして・・
そんな無責任では親にはなれない・・とリネットにきつく言われ、自分でもそう思ったみたい。
ま、早めに気づけて良かったね。(笑)

さて問題は・・・・スーザンです。
かなり病状は悪化していて、深刻な状態・・・
後悔のないように毎日を過ごせ・・・と医者に言われるくらいになっちゃってて、
マイクと想い出を作ろうとしておりました・・・
だけど、マイクの気持ち、わかるなぁ・・
死ぬ準備をしてるみたいで、やりきれないもん・・


そんなスーザンのために、何かできないか・・と動くブリー。
離婚し、子どもたちは音信不通、恋人は去り・・・
生きる意味を失いかけてたブリーにとって、スーザンを救うことが生きる意味になってきたわけよ。
近所中の人に適合検査を受けさせ・・
結果、ブリーは適合したのよ。
・・・実際に適合してみたらしり込みする・・・かと思ったけど、
友達を救えるってことがとても意味あることで、ブリーにとっては誰にも譲れないことらしい。

もう一人、ベスも適合者だったので、そのことを伝えにベスのところに行ったんだけど・・・

ベスは、ポールに捨てられ、ポールに叔母を本当に殺してたと自白され、
母親のところに行って、今度こそ力になろうとするも、
できそこないの娘には用はないとばかりに切り捨てられ・・・
ベスも、生きる意味を失っていた・・
スーザンのドナーになれる・・・ようやく光が見えたのに、ブリーに「自分がなる!」って言われてしまって・・
思い詰めたベスは、なんと・・・
病院でドナーになる書類を渡したあと、銃で頭を撃って自殺しちゃった・・

いやぁ・・驚いた・・
しかし、そういう腎臓もらうのも気が引けるっていうか・・(汗)
ただ、そこはERなんで、もしかしたら救ってもらえたりしないかなぁ・・・と一縷の望みを・・・
頭を撃ち抜いてたから無理か・・・(涙)


  ◇ 第回 ◇   「別れの時 (Farewell Letter)」     2012.07.13.          

ブリーは、キースが息子と戯れるのをただ見つめるだけ・・・
キースは、フロリダに行ってしまった息子と一緒にいたいから、
ブリーと一緒にフロリダに行こうっていいだすのさ。
だけど、ブリーにとっては、長く暮らしたこの場所を離れる勇気はない・・
これでお別れかね、この二人も・・・

スーザンは、「透析が必要な患者」っていうことを最大限に利用しておりました。
まぁ・・・わからんでもないけどさぁ・・・
悪用しちゃダメだよねぇ・・

で、まるで罰があたったかのように、倒れてしまったよ・・・?(汗)

リネットは、双子が全然自立できてない甘ちゃんに育っちゃったもんだから、
自活しなさい!と家を追い出すも、マクラスキーさんとこに逃げ込みやがった!
マクラスキーさんがきっと厳しくしつけてくれるだろうと期待したのに、
まるで孫がやってきたとばかりに甘やかすもんだから、
双子が大失態を犯すように仕向け、マクラスキーさんの家を追い出された!!
・・・でも、そんな風に育てたのはリネットなんだよね・・・
だから、ここはさらに心を鬼にして突き放さないと!!
ダメダメ子さんがたくさん育っちゃうよぉ・・?


ガブリエルは、子どもの頃の虐待を受け入れて乗り越えるために、故郷へ・・・
スターの凱旋だ!!と大歓迎を受けちゃって、
来た意味を忘れそうになってたガブリエルだけど、
幼い自分の悩みを聞きもせずに責めた修道女の先生に再会し、
思いをぶつけたことで、乗り越えられそうだね・・・


  ◇ 第回 ◇   「打ち捨てた過去 (Flashback)」     2012.07.06.          

ザックはポールを恨んでるんだね・・・本気で殺そうとしたんだ・・・
そして、マイクはザックと連絡を取り合ってたんだ・・・
金持ちの爺さんの遺産は、どうやらいろんな人に搾り取られたみたいで、
麻薬もやっててすっかい廃人になりかけているザック・・
マイクは、「父として」、ポールとザックに向き合うことにした・・・
ザックが元気になりますように・・・


ガブリエルは、セラピーに行くけど、過去のことを聞かれて、逃げ出しちゃった!
ガブリエルには、小さい頃継父に虐待された過去があったんだ・・
親に守ってもらえなかったから、守ってあげなくちゃ・・って想いが人形へと走らせたのね・・
セラピーをうけて、ガブリエルが乗り越えられますように・・・

リネットは、母とその結婚相手を家に招待・・・
小さいと文句ばかりの男に嫌気がさしていると・・・なんと、死んじゃった!!
ってか、すぐに蘇生を試みれば逝き返ったのでは・・?(汗)
すでに遺言をリネット母に書き換えていたらしく、生き返らせる気はないみたいで・・・(汗)

その遺言の有効期限の始まりが明日ってことで、
夜が明けるまで死体と一緒に過ごし、朝になって通報したリネットたち・・
うーむ・・・金って怖い。(涙)
いや、そんな風にしか愛してもらえないような人生を送ったこの男性がね・・・・(汗)
で、今度は母が金をちらつかせてリネットを脅し始めた・・
裕福に暮らしたのは山々なわけで・・・
困ったねぇ・・

スーザンは、ドナーの待ち時間が何年もかかると知ってガッカリ。
そんなとき、高校時代の同級生の男・モンローと再会。
ずっと会ってなかったのに、そのモンロー、スーザンに腎臓をあげると言ってくれて!!
・・・いやいや、受け取らないでしょ、普通。(汗)
そこに「見返り」が生じるのは当然想像できるでしょっつの。

モンローに既婚者だということを告げ、家族のために元気になりたいの、それでも腎臓をくれる?と聞くスーザン。
それは無理だ・・と帰っていくモンロー・・
ま、そうなるだろうし、それでよかったよ・・。

ブリーは、キースに息子がいることを隠し続けようと思ったけど、
最後は明かしたね。
これがキッカケで大げんかになりそう・・・?
まぁ、そうなるわな・・
こんな大ウソ、つくと決めたらつき通さないとね・・・


  ◇ 第回 ◇   「子供の存在 ( I'm Still Here)」     2012.06.29.          

ポール・・・・ベスがフェリシアさんの娘ってことを知り、
ただ一人自分の味方だと思ってた妻に裏切られた・・・と、
ベスを山小屋で殺そうと計画しておりましたね。
だけど、警察から、ブリーの家で見つかった銃を見せられ・・
その銃がザックのものだと気づいた・・?
で、ベス殺しは中断・・・・
だけど、ザックの真意は何なんだろう・・?
ポールは気づいたのか・・・?


スーザンは、透析をしてるときに、同じ透析患者と話をしようとするも、
頑なな性格のオッサンに手を焼いていました。
そんなとき、腎臓移植を知らせるポケベルがなる・・・
鳴ったのは、他の患者で・・
スーザンは喜んであげられるんだけど、そのオッサンは悲しそうで・・・
期待しない、期待するってことは人の死を願うことだ・・っていいつつ、
本音は自分に早く・・って思っちゃうのは仕方ないもんねぇ・・・

スーザンにもそろそろ移植の話がきそうですけど・・・

ブリーは、キーズを訪ねてきた女性を不審におもい訪ねてみると・・
なんと、キースの元カノで、キースの子を産んでいたのよ!!
それを自分の口から告げるべき・・・と決意するも、
キースは、子どもが持てなくてもブリーを愛してるっていうもんだから、
「キースは受け入れないみたい」とその元カノにウソをついて、
自分の幸せを守っちゃった・・・
あとでバレそうな気がするけどね・・・(汗)

ガブリエルは、人形への愛情が心配なくらいになっていて・・・
マクラスキーさんがカルロスに助言してくれて、
カルロスは何とか説得しようとするも、
車のチャイルドシートに人形を座らせるガブリエル・・・
そんなとき、道で銃を突きつけられて車を奪われることに・・・
チャイルドシートから赤ちゃんを外すことができず、
発狂して泣きわめくガブリエル・・
これを機会に、カウンセラーに見せた方がいいんじゃないかねぇ・・・

リネットは、母親がいきなり結婚すると言いだして!
相手は・・・と思ったら、偏屈ジジィで、母が金目当てに我慢して結婚しようとしてるとしって、
何とか辞めさせようとするわけだ。
だけど、本音はそのジジィを愛していた母・・・
リネットは渋々認めざるを得なくなったわけだけど・・・
次回、ジジィ、ポックリ逝っちゃう・・・?
リアルに遺産が舞い込んでくるのか・・・?(汗)


  ◇ 第回 ◇   「不器用な愛 (Where Do I Belong)」     2012.06.22.          

やっぱりきたーっ!!
ポールが舞い戻ってきたってことは、きっとザックが戻ってくるって思ってた。
しかし・・・何しに・・・?

ブリーの家に銃を置いていったのって、ザックよね?
見つかった銃は、ポールを撃った銃と同じ型のヤツ・・
ザックがポールを撃ったのか?
ってか、ザックがいなくなった理由ってなんだったっけ?
見直してみなくちゃだわ!!

スーザンのもとに、娘のジュリーが腎臓を・・・と言いに戻ってきた。
娘からもらうわけにはいかない。。。というスーザン。
ほかにも一人いるよ・・?とジュリーはスーザンの母に連絡していたのよね。
だけど、「旅行に行くから・・・」と断る母。
別に本当にもらおうなんて思ってなくても、「あげる」とは言ってほしいよねぇ・・?
ひどい母親!!と激怒するスーザンだけど・・
実はお母さん、乳がんの手術を控えていたんだよね。
娘に言わずに一人で闘おうとしている母を思い、素直に謝るスーザン・・
ドナーが見つかって健康になれるといいね・・・。

リネットは、トムとレネのことを知って、ひどいイジメを開始!
いやぁ・・へたすりゃ死んじゃうかもよ?ってのもあってヒヤヒヤ!!
レネから、リネットの復讐を知って怒るトムだけど、
リネットが本当に傷ついてると知って、許してくれるのを待とうとするわけだ。
リネットは、一時の過ちよりも、今まで築いてきた家族の大事さに気づき、
仲直りしておりました・・・
よかった、よかった・・。

ガブリエルは、人形にグレースを重ねて、想いを何とかコントロールしようとしてました。
何も知らないホワニータは、その人形を見つけて腕を引きちぎったり投げたりして遊んでて・・
そんなに大事ならかくしておけよって思ったら、そうしたね。
それでいい、そうやってどんどん隠しおおせるようにならないとね・・。

ブリーは、牧師さんに悩める子羊=ベスの話し相手になってやってくれって頼まれて、
仲間に入れてあげようとするんだけど、
ポールを撃ったのと同じ型の銃が見つかり、「私に罪をなすりつけようとしてるの!」って怒りだしちゃって・・
ザック、何をしに戻ってきたんだろ・・・?
そして前回、ベスがフェリシアさんの娘って知ったポールはどうしてるんだろ?
気になる・・・。



  ◇ 第回 ◇   「謎の狙撃者 (Assassins)」     2012.06.15.               

ポール、死んでなかったんかい・・・(汗)
で、誰が撃ったんだ?って話ですけど、
なんと、フェリシアさん、マイクに依頼していたのよ!!
マイク、アラスカから帰国して、ポールを撃ったのか・・・?と思ったけど・・
どうも違うらしい・・・
うーむ・・・誰だ・・?

スーザン、暴徒によって踏みつけられて、腎臓を一つ摘出することに・・・
でも、残った腎臓の働きがかなり悪かったらしく、透析しなくちゃいけない体に・・・・
受け入れられなくて、自然治療で治す!って言ってたけど、
とうとう倒れてしまったねぇ・・
息子の前であの倒れ方・・・ちょっと可哀想だった・・・(涙)

レネは、スーザンに言われて、トムとの関係をリネットに話してしまいました・・・
これさぁ・・・・言わないほうがよかったんじゃない?
言わずに、レネが立ち去る・・ってのが一番良かったと思うよ?

スーザンの助言は納得いかんわ・・・

ブリーは・・・なんと、未練があるオーソンが戻ってきちゃって!!
キースとオーソンでブリーのt取り合い・・・と、どーでもいい展開に。(汗)
勝手にやってくれ・・って感じよ。

ガブリエルは、心を閉ざしちゃったホワニータをカウンセリングに連れていくんだけど、
そこで「グレースのことを思い起こさせるものは処分するように」って言われるわけ。
それを受け入れることができないガブリエルは、グレースそっくりの人形を作ってた!!
で、それをどうするのさ・・
ホワニータに見つかるっつの。(汗)


  ◇ 第回 ◇   「暴徒の街 (Down the Block There's a Riot)」     2012.06.08.    

あらあら、大変なことに・・・

ポールの策に落ちたのは・・・
ご近所の金に困ったオバチャンが裏切った・・・というポールの話を信じちゃって、
みんなに責められる前に家を売っちゃおうと決めたボブでした・・・(涙)

もぉ・・・汚いよね、ポール!!

市長から社会貢献で表彰されることになったポール。
その集会で反対運動を起こそうと決めたリネット。
近隣の同じような経験をした町の人に協力を求めたんだけど・・
なんと、暴力行為に出ちゃって!!
ま、そのキッカケは・・ブリーなんだけど。(汗)

キースの父がブリーに言い寄ってきてて、それを知ったキースが父親に殴りかかってるのを見て、
リネットが助けを頼んだ近隣の人が勘違いして、「一般市民が犯罪者に殴られてる!」って動き出しちゃって、
それを止めようとブリーが空に向けて銃をぶっぱなしちゃって・・・(汗)
これがキッカケとなり、大乱闘の始まりに・・・

その中に飲み込まれ、スーザン、下敷きになっちゃった・・・(汗)
トムとのことをスーザンに知られた・・・と怒ってたレネも、トムと一緒に探してくれたんだけど、
グッタリしてたよ、スーザン・・・

リネットは、ボブが裏切った!と責めてたものの、
暴徒化した人々から「ご近所さんなの!!」って救ってましたね。
誰が悪いって、ボブじゃない、ポールだもん・・・

ガブリエルは、グレースへの想いを手紙に書いて発散しようとしていたんだけど、
それをホワニータが読んじゃって・・・・事実を知ってしまったんだよね。
家を飛び出したホワニータが駆け込んだのは、ボブの車の中。
暴徒化した人々に襲われてるのを見て、慌てて救いだしてたけど・・

ボロボロになったウィステリア通りを、夜、満足気に歩くポール。
この町への復讐の成果を見て歩いていたわけだ。
すると・・・誰かに撃たれてた!!
死んじゃった・・・?

一体誰が・・・?
早く先を知りたいです!!


  ◇ 第回 ◇   「邪悪な種 (Pleasant Little Kingdom)」     2012.06.01.       

なるほど・・・・ポールの目的はそこか・・・
何軒もウィステリア通りの家を買い取り、
そしてこの通りに犯罪者の更生施設と建てると言いだしたのよ!
この通り・・・ここの住人に恨みがあるポールの復讐ってわけか・・・


でも、住人が反対すれば、こんな案、受け入れられるわけないんだけど・・・
すでに15軒中、7軒を所有しちゃったポール。
あと一人、ポールに寝返ったら・・・・ってとこまできちゃってたんだわ。
お金に困ってる住人、結構いるんだよねぇ・・
更生施設ができた後は土地の価格が下がるのは決まってるわけで・・
そうなる前に売る!って人、出てくるよなぁ・・・
はぁ・・・自滅しちゃうよぉ・・・(涙)

スーザンは、レネがトムと関係してたことを知っちゃいました。
で・・・それをトムに言うわけ?
だまってりゃ良いのに・・・(汗)

ブリーは、キースがプロポーズしようとしてるとは知らずに、
妻と別居中で不憫なキースの父をかまっております。
あのキース父、ブリー狙ってる・・?
なんか、気持ち悪いよねぇ・・・


ガブリエルは、娘のグレイスが不法滞在の母とともに国を出ちゃうのはイヤ!と、
母親だけを移民局に連れていかせようとしたんだけど、
最後の最後で踏みとどまったね。
しかし、騒ぎになっちゃったのは事実で・・・
もうガブリエルの家も安全じゃない・・・と国外に逃げちゃった。
あぁ・・・自業自得・・・
で、次週はホワニータが真実を知っちゃう・・・?
どうなるんだろう・・・

トムとリネットは・・・
今回はかなり下ネタなお話で・・・(笑)
まぁ・・・自慢してあげれば?とでも言っておこう。


  ◇ 第回 ◇   「幸せを数えて (Sorry Grateful)」     2012.05.25.       

赤ちゃんが泣いてても、放っておく子育て主義のリネット。
だけど、スーザンはそれが受け入れられなくて、抱っこしちゃうわけだ。
ボスである私の主義に合わせて!というリネットだけど、
夫が遠くに行き、毎晩泣く息子を見ながら自分も毎晩泣いてる・・
だから、泣いてる子を放っておけないというスーザン。
結局、スーザンの勝ち・・・かな?(笑)

ガブリエル・・・グレイスの養父が不法入国者ということで
養母とグレイスが逃亡することになって、慌てて引きとめてました、
あの感じだと、グレイスは自分が預る・・・ってことにしそうだね。
だけど、それでホワニータに勘付かれないようにね・・?
グレイスをベタ可愛がりしそうだもんな・・・(汗)


ブリーは・・・まぁ・・・特筆すべきことなし。(笑)
キースと上手く行くかは、やっぱり怪しいけども・・・

問題はベス・・・
ポールと寝ちゃって、情がわいちゃった・・っていうか、愛しちゃってますな。
計算外だったフェリシアさん・・

慌てても刑務所の中では何もできないもんねぇ・・
ポールが本当にマーサを殺したという証拠を突きつけない限り、
ベスの気持ちはもう変わらないかもよ・・?(汗)


  ◇ 第回 ◇   「昨日の友 (A Humiliating Business)」     2012.05.18.       

ほほほぉ〜!そういうことだったのか・・・
ベスの正体・・・ポールを陥れ、逆に刑務所行きになったフェリシアさんの娘だったんだ!!
だから、ポールの寝るのはイヤで、だけどポールの家から去るわけには行かなかったんだ・・・

ポールの魂胆を知るために・・・
ベスは、ポールが囚人時代の仲間を近所に住まわせたのを不審に思い、
その囚人仲間からいろいろと聞きだしたようです。
そしてそれを母に伝えた・・・
フェリシアさん、刑務所から何をしてくれるんだろうか・・?
気になる・・・・

リネットとレネはインテリア会社を立ち上げるも、シッターさんが見つからず困っていた・・・
レネは、金に困ってるスーザンに話をもちかけるんだけど、
スーザンはインテリア会社で働けると思って喜んだのに、ガッカリ・・
だけど、お金に困ってるのは事実で・・・
こういう関係って、友達関係にヒビが入るよねぇ・・・(汗)
ま、スーザンはんなこと言ってられないんだけどね!


ブリーは、更年期障害が始まっちゃって!
婦人科のいろいろと話して相談するんだけど・・
なんと、それがキースの母親だった!!
息子の恋人が、まさかの更年期の患者とは!ってことで・・
必死に隠そうとするブリーと、何とか暴露したろうという母・・
うーむ・・・(汗)
でも、キースは子どもを産めなくても養子って手があるし・・・って言ってくれるわけ!
いい人やん・・・と思ったら・・・
「産める産めないの問題じゃなく、子育て自体を卒業したの」と言うブリー・・
確かにね・・・・
こりゃ、かなりのジェネレーションギャップだわね。(汗)

取り違え問題で世話になったボブにお礼をしようとするガブリエル。
ゲイが苦手のカルロスは、話もしたくなさそうだったけど、
ボブがゲイならではの趣味ではなく、自分の趣味と同じ!と知って意気投合!
これはいいことだ・・と思ってたガブリエルだけど・・・
ボブに未練タラタラのリーから、ボブはストレートな男を寝返えらせる才能があると聞き、
何とか引き離そうとするわけ。
だけど、ただただ孤独なボブの本音を聞いて、カルロスと一緒にゴルフに行くことを認めるも・・
じゃ、リーと一緒に行ったら?とすすめ・・・
仲直りさせることに成功!
珍しくいいことしたね♪(笑)


  ◇ 第回 ◇   「苦渋の選択 ( Excited and Scared)」     2012.05.11.       

トムの母・・・・やっぱり認知症のようで・・
気づいたリネットはトムに相談するも、見てないから信じないわけで・・・
だけど、実際、母がリネットをぶったのを見て、受け入れるしかなかったみたい・・
リネットとしては、「現場を見せられてよかった」って感じだろうけど。(汗)

ガブリエル・・・可愛い実娘・グレイスを可愛がりすぎ・・・
で、ホワニータ、なんか勘付きつつあるよね・・・
カルロスは、気をつけないと!って諌めるんだけど・・
うーん・・・そのうち誰かにバレそう・・・(汗)

ブリーは、キースが過去、彼女を守るために暴力事件を起こしていたと知り、
ちょっと怖くなるんだけど・・・
でも、その過去にキースが苦しんでると知り・・・
自分だってアルコール依存症よ!と、弱さを見せて別れずに済みました・・
しかし・・・やっぱり、お似合いじゃないよね・・・(滝汗)

ポールは、妻のベスが夫婦生活に応じないから・・・と医者に相談。
まずはデートから・・・と言われるんだけど、やっぱり最後の一線は越えられず・・・
で、「出ていけ!」って言っちゃうんだけど・・
ベスってさ、なんで出戻れないんだろう・・?
母親からキツク言われてるのかなぁ・・・?

追い出されるのが怖くて、とうとう意を決したような感じだけど・・
うーむ・・

さて、ポールに下着掃除の仕事(笑)がバレたスーザンは、
それを素直にマイクに話すのよ。
自分がアラスカに行って働けばよかった・・・と言いつつ、脅したポールを殴りに行こうとするマイク。
必死にそれを止めたスーザンだけど・・・
スーザンの家に画びょうを刺したことで「契約違反だから出ていって」と反論してきたスーザンに、
ポールはスーザンの仕事を小学校の父兄にバラす・・・という行動に!
で、スーザン・・・学校をクビになっちゃいました・・・(涙)
仕事先にバレたってことは、そのうち息子にも知られる・・・というマイク。
必死に止めるスーザンを振り切り、アラスカに仕事に行っちゃいました・・
はぁ・・・一人残されたスーザン・・
一人でポールと対決できるのか・・・?(涙)



  ◇ 第回 ◇   「年下の恋人 (Let Me Entertain You)」     2012.05.04.       

スーザン・・・・、あのポスター持って行ってたの、やっぱりポールだったよ・・・(涙)
どうやら、ポールはこの町に、この住人に復讐したいらしく、
今借りてるスーザンの家を買い取ろうとしております。
それに応じないスーザンに、バラすぞ・・・・と言って脅しておりました・・
まぁ、完全に弱味を握られちゃったからなぁ・・
どうなるんだろ?
ってか、あの予告のスーザンの格好はなんだ!!
次は何をしてるんだ??(笑)

リネットは、シッターさん選びに難航してて、トムが勝手に実母を連れてきちゃったのさ!
姑との同居は勘弁・・・と思うリネット。
だって姑は、男尊女卑の考えで、女が男に仕えて当然って考えで、夫や息子を甘やかすんだもん!!
で、思わず、「そんなにつくしたのにどうしてお義父さんは浮気したんだろ」って言っちゃうわけだ・・
こりゃキツイ。
で、トムとケンカになったものの、やっぱり姑を呼び戻すことになり・・・
だけど、姑、ありゃボケちゃってますな・・・
赤ちゃんを任せるのは心配だ・・・(汗)


ブリーは、キースと体の関係を持つんだけど、若者だけあって、まぁスタミナのある夜を毎晩過ごすことになり・・
たまらん!と何とか疲れ果てさせようと工作するわけだ。
だけど、疲れてても誘ってくるキースに「年の差を考えて!!」ってブチ切れちゃうわけよ。
でもキースにも意地ってのがあったらしく・・・
ブリーが誘う「高尚なデート」を繰り返してるうち、
自分が唯一頑張ってできることといえば、夜、喜ばせてあげること・・って考えたようなのさ。
やっぱりさ、お互いに無理しないといけない関係になっちゃってるじゃん・・
いいのかねぇ、このままで・・・(汗)


ガブリエルは、レネと二人で飲むことになり、レネが夫と離婚弁護士と寝て、交渉をうまくすすめたと知るわけよ。
いかん、しゃべりすぎた・・・と思ったレネは、ガブリエルの弱味も握りたいと言いだし、
ガブリエルの鼻の整形を見抜いて認めさせるわけよ。
絶対ヒミツよ!と言いあったにもかかわらず、レネはポロリと整形のことを話してしまう・・・
あっという間に町中に広まっちゃって、
レネのところに「よりをもどしたい」とやってきた夫の前で、弁護士と寝たことをバラしちゃうの!!
おぉ〜コわっ!!(笑)
それでとっくみあいの大げんかになるんだけど、最後は仲直りしてたね!!
男っぽいよなぁ、こういうこと・・・羨ましい。(笑)

夫とよりを戻して退場していくかと思ったレネ・・・
だけど、寄りは戻さないらしい。
なかったことにして・・っていうことに傷ついてたことを思い出したんだもんね・・・


  ◇ 第回 ◇   「二人の娘 (The Thing That Counts is What's Inside)」     2012.04.27.   

今回のリネットはダメでしたねぇ・・・
確かに、娘が赤ちゃんの面倒を見てくれたら楽だろうけどさ・・
ちょっと頼りすぎてたよね・・・。
ペニーが、赤ちゃんを置いて学校に行っちゃうかとヒヤヒヤしたけど、
ちゃんと連れて行ってました・・
そのせいで、リネットはダメ母として学校で叱られるとともに、
ペニーが追いつめられた自分を救おうと必死だったこともわかって・・・

リネットは、このままじゃいかん!とペニーを安心させ、トムにシッターさんを頼んでました。
ま、その余裕があるなら、そうするのが一番いいんだろうけどね・・。

ブリーとレネの対決・・・
正直、オバチャン同志の恋の戦いはどーでもいいかと・・・(汗)
最後はレネがひいてくれて、ブリーはキースと本気で付き合おうとするみたいだけど・・
うーん・・・でもなぁ・・・いろんな面でキースとは合わないと思うんだよね・・
やめといたら・・・?


ガブリエルは、本当の子を育てている家族と対面・・・
本当の子・グレースは、見た目も性格もガブリエルそっくり!
そりゃ、愛したいよね、可愛がりたいよね・・
だけど、そのやり方がガブリエルは特殊で・・・(汗)
自分も小さい頃、キレイなものや高価なものへのあこがれが強かったから、
同じように興味を持ってるグレースに、同じようにしてあげたいと思ったんだよね。
だけど、そんなに裕福でもないグレースの養父母にとっては・・ありがた迷惑よね。(汗)
実は入れ替わってた・・ってこと、子どもたちに知らせないようにしたいのなら、
あんまり余計なことをしない方がいいと思うけど・・・


スーザンは、お金を稼いでる海外の人向けのサイトが、国内にも手を出すと知り慌てるのよ。
猶予は一カ月ってことで、その間に荒稼ぎをしようと考えてたみたいだけど・・
思ったより早く進んじゃったみたいで、なんと、スーザンの顔入りセクシー広告が町中に貼られることに!
慌てたスーザンは、それを取りやめるように管理人に頼むんだけど・・・
広告をダメする代償として9000ドル払えって言われて・・
もうちょっと過激なサイトへの仕事を引き受けるよう・・・?
おいおい、大丈夫か・・?
そして、捨てられたスーザンの広告を誰かが拾っていったよ・・?

マイクじゃないよね・・・・?
まさか、ポール・・・?(汗)

そのポール、昔の家を買い取ってました。
そしてマクラスキーさんの家も買い取ろうと脅しをかけてるし・・
一体何を考えてるんだ・・?
ポールの新妻・ベスも、ポールを怪しみだしてるし・・・
一体どうなりますやら・・・。


  ◇ 第回 ◇   「幸せの在りか ( Truly Content)」     2012.04.20.        

スーザンは、同じセクシー動画の仕事をしてる隣人と争い事に・・
だけど、話を聞いてみれば、その人はお金をためるためにはじめ、もう6年になるとか・・
こりゃ、マジメに貯蓄せねば・・・と思ったようです。
ま・・・その前にバレるだろうけどね・・

ブリーは、キースに恋人がいると知りガッカリ・・・
で、同じく離婚したてで男を探しているレネとともにクラブに出かけると、
なんとそこに恋人と別れたキースが!!
だけど先に誘ったのはレネ・・・
このままではレネにとられる!と姑息な技でジャマするブリーだけど・・
あんまり興味がわかない女の戦いが始まりそうだね・・・(汗)

リネットは、トムが病院でうつ病の薬として医療用マリファナをもらってきて、いい気がしないのよね。
で、香草とマリファナをこっそり変えたら・・・
何も知らないトムは、すっかりハイになって!!
でも、バレちゃって・・・また険悪になるかと思ったけど、
元サヤにおさまったみたいですね。
よかった、よかった・・・。

問題は相変わらずガブリエル・・・
病院を訴えない、本当の子どもを探さない・・という約束を病院とかわすんだけど、
やっぱり、自分の子がどこかで生きてると思うといてもたってもいられず、
ボブに頼んで調べてもらうのさ。
カルロスに内緒で、相手にコンタクトをとってもらったようだけど・・・
どうやらもめそうだよね・・・
コンタクトを取る前に、今、実の娘がどんな家庭で育てられてるか、調べてからでもよかったんじゃ・・?
軽率だったみたいだよねぇ・・

大丈夫かいな・・・。



  ◇ 第回 ◇   「ぎこちない結婚 (You Must Meet My Wife)」     2012.04.13.     

突然訪ねてきた女性・ベス。
なんと、ポールの奥さんだと!
みんな、驚くんだけど・・
・・・どうやら、「出所することのない人との獄中結婚をした女性」らしく、
「一緒に生きていく」つもりはなかったらしい。
なのに、ポールは出所してきて、一緒に暮らすことになっちゃって・・・
まぁ、夫婦ですもの、やること、やらないといかんわな。
でも、そのつもりはなかったベスは、時間を頂戴・・っていうわけさ。
最初はガマンしてたポールも・・・ガマンならないようで、脅迫まがいの言動・・・
恐ろしいぃ・・・逃げろーっ!!!


スーザン、下着姿でのテレビ配信のバイトでお金を稼いでるものの、
罪悪感でいっぱいみたいね・・・
何も知らないマイクは、アクセサリーを売ったお金で家計を助けてくれてるって思ってて、
ますます罪悪感が・・・
やめたほうがいいよ、スーザン・・・バレたとき、大変だよ・・?

ブリーは、塗装工のキースへの性的欲情を抑えられなくて、なんとホワニータを車で轢いちゃった!(汗)
もう、ダメ!とキースをクビにしたんだけど、
やっぱり・・・とキースを呼び戻しておりました。
で?そういうお相手になりたい・・・とでも?
しかし、彼女がいるみたいやん?
ちゃんとリサーチしてからにしなよ・・・(汗)

トムが具合が悪いと言いだすも、育児で大変なリネットは全然取り合わない。
そんな夫婦を見て、居候状態のレネが間に入ろうとして、
リネットは慌てて自分がちゃんと向き合わないと・・・って考えるわけよ。
そして、話をちゃんと聞いてあげたんだけど・・
トムには違う悩みがありそうね。
・・・レネと昔、関係してたみたいじゃん!!

なのに、レネはウィステリア通りに家を借りるとか言い出すし!
鬱、治らんな・・・(汗)

さぁ、問題はガブリエルのとこよ・・
ブリーに轢かれてホワニータが入院しちゃったことで、ホワニータの血液型が両親とは合致しないとわかっちゃったの!
ガブリエルは、ホワニータを妊娠する直前の旅行先で知り合った男性と関係しちゃったのか?と自分を疑い、
どうしよう・・・って慌てて、カルロスに知られることを恐れるんだけど・・
そんなことで悩んでると知ったカルロスは・・
とうとう真実をガブリエルに告げてました・・
はぁ・・もうこうなったら、本当の子を探しだすってこと、やらざるを得ないかもね・・・
ガブリエルの性格だと、関係ない!ホワニータは私の子!って割り切ることはできなさそうだもん・・

うーむ・・・・大変だ・・。


  ◇ 第回 ◇   「戻ってきた男 (Remember Paul ?)」     2012.04.06.         

ポール・・・戻ってきましたねぇ・・
殺人の罪で服役してたはずだけど、その死んだはずのフェリシアが生きていたため、釈放・・ってわけか。
代わりにフェリシアが服役してるけど・・
獄中にいながらも何やら動きを起こすみたい・・・?
おぉ〜怖いっ!
で、ポールがウィステリア通りに戻ってきた理由は・・
裁判も見に来ないし面会にもこなかった、かつての隣人への恨みを晴らしにきたの・・・?
ちっちぇーなーっ!(笑)

何をしでかすのやら・・・ですな。

さて、マイクの借金で家を出ることになったスーザン。
その家を貸し家にして、そこにポールが舞い戻ってきたんだけど・・・。
アパート暮らしになったスーザンは、ますます家計が苦しくなる一方で・・・
大家さんの「ぼろい商売」である「海外向けのHな動画配信」のバイトをすることに・・・
家にカメラをつけて、下着姿で掃除したり・・・とかいう映像を流すだけで大金がもらえるらしいけど、
本当に海外向けか・・・?
結構身近な人が見てそうで怖いんですけど。(笑)


リネットのとこに、セレブな旧友のレネが突然やってきて!!
散々自慢するわ、自分の中流家庭をバカにするわ、過去を暴くわ・・・で、
大迷惑を被ったリネットは、とっとと帰れ!というんだけど・・
どうやら、メジャーリーガーの夫が浮気をして離婚の危機にあるらしい。
全然同情できないわけじゃないけど・・
家に置いとくのはゴメン被る女だな。(笑)


さて・・・カルロスの母親をアンドリューが轢き殺したことをガブリエルに告白したブリー。
「黙っておいてくれたらよかったのに!!」と怒られ、
夫のオーソンとは離婚、仕事も失い・・・
すっかり落ちぶれちゃったねぇ・・
しかも、オーソン、もう次の女を見つけてる!!
はぁ・・・なんか、裏切られたような、損したような気分になるよねぇ〜!
・・・で、まさか、その塗装工とどうにかなる気じゃないよね?(笑)

ブリーに衝撃の告白をされたガブリエル・・・・
カルロスに言わないわけにはいかない・・・と思いつつ、
娘・ホワニータに母への愛情を話しているカルロスを見ると、言えなくて・・・
しかし、カルロスはそれどころじゃない現状を抱えていた!
ホワニータを出産した病院から、「おたくの娘さん、取り違えてました・・」って報告されてたんだもん!!
しかも、その取り違えた相手はまだわかってない・・・ということで、どうにもできない状態・・・・
そんなとき、ガブリエルがホワニータに愛をそそいでる姿を見ると、言えなくて・・・
この夫婦、お互いの大きなヒミツを抱えてしまった・・
大変だわぁ・・・(涙)
で、カルロス、取り違えの件は聞かなかったことにすると病院側に申し出てたけど、
もう「取り違えた相手」を探すために動いていたらしく・・・
きっと、そのうち大きな展開になっていくんだろうなぁ・・

でもさ、ラテン系の夫婦の出産でしょ・・・
この界隈で同じような夫婦の子が同時期に生まれたの・・?
うーん・・・なさそうな気がするんだけどなぁ・・・
アメリカは広い・・・ありうるのか・・?(笑)



★ STORY ★ ウィステリア通りの女性たちに、いろんな過去がさまざまな姿で戻ってくる! ずっと我が子だと思っていたのに他人の子!? 舞い戻ってきた危険な隣人ポールの目的はいったい?夫もビジネスも失って新生活をスタートしたブリーの前に現れた新たな男性…。ガブリエルと夫カルロスは相手のために大事な事実を隠しあう。家計がひっ迫したスーザンはあやしい副業に手を染める…。5人目の子どもが誕生したリネットの家には、大学時代の友人で野球選手と結婚した超リッチなレネがやってくる。今シーズンも嵐の予感…!?
★ 期待度 ★ 前回の終わりからの話が気になって仕方なかった!どうなるんでしょ!!