リミットもしも、わが子が・・・

□ 放送・・・ 日本テレビ  月曜10時   2000/07/03〜09/11   全11話   平均視聴率・・・10.7%
□ 脚本・・野沢尚 □ 演出・・鶴橋康夫 ほか □ P・堀口良則 ほか
主題歌

月と甘い涙
Chara
商品の詳細 商品の詳細
原作
商品の詳細
サウンドトラック
◆ 出演者 ◆
有働公子
片野坂泰裕
楢崎香澄
日色泉水
塩屋篤志
相馬謙太郎
井川良子
福島千晶
有働貴之
楢崎彰一
曽根加寿男
冨家浩紀
グレイ・ウォン
澤松智永
古賀英寿














安田成美
佐藤浩市
山本未来
新山千春
妻夫木聡
益岡徹
川上麻衣子
加藤貴子
有岡大貴
升毅
モロ師岡
今井雅之
北村一輝
田中美佐子
陣内孝則












… …
警視庁 捜査一課 刑事
神奈川県警 刑事
営利誘拐されたアユミの母親
智永の教え子
智永の教え子
警視庁 捜査一課 刑事
連れ去られた均史の担任
連れ去られた真美の母親
公子の息子 小学一年
営利誘拐されたアユミの父親
警視庁 捜査一課 刑事
臓器ブローカー 医師
臓器ブローカー タイ人
元教師
連れ去られた直樹の父親
◆ レビュー ◆
◇ 第回 ◇  「忘れられない想い 」   放送日・・2000.09.11.  再視聴日・・2009.09.02.

貴之奪還作戦は、思っていたよりもショボかった気はしますが・・・
でも、終わりは結構満足です♪

現地に着いた公子と片野坂は、智永たちの後を追います。
偽造パスポートを作ったであろう店をつきとめ、受け取りにくるところをおさえようとしたんだけど、
なんと、グレイからメッセージがきて・・
どうやら、対峙したいらしいですよ、どうしても!!

そこに向かう二人・・
その道中、片野坂が香澄と繋がっていた・・という確信を持って話す公子。
片野坂もそれを否定しない・・・
あっちの人間だった片野坂がどうして自分を救ってくれるのか・・・
何かを見つけたいと言ってた・・・正義・・・
死に場所を探してるんじゃないの?という公子だけど、
確かにそうかもしれない・・・その前に、カレも元に戻りたかったのかもね・・・


そしてとうとう貴之との再会!!
飛び込んで抱きしめたいくらいの気持ちを抑え、相手を倒すことに集中する公子!
さすがです!
しかも貴之、お母さんに早く助けてほしいだろうに、
お母さんのジェスチャーを読み取って演技までしちゃうのよ!
偉いねぇ〜!泣けるじゃないのさぁ〜!


そしてグレイが片野坂を撃つも、逆に撃たれてグレイの方が瀕死・・
そして公子と智永は一階と2階で撃ち合い、公子の勝ちだったみたい・・
智永の体の不調は、妊娠だったみたいね。
相手はグレイ・・・
「家族にならないか・・?」なんて公子たちが来る前に話してたけど、
それが戦う姿勢の違いになったのかもしれないね。
守るべきものができてしまったゆえの弱さ・・・
守るべきものを取り返すことだけを考えるゆえの強さ・・・

同じ母ではあるけど、こういう結果になってしまいました・・。

片野坂が全部引き受けてくれるように、智永を連れて去っていきました・・・
でも公子の銃弾をお腹に受けた智永は子供を失ったみたいで、
生きのびる意味はないと思っちゃったのでしょうか・・
追っ手に銃を向け、片野坂もろとも撃ち殺されてしまったようです・・・

貴之は戻ってきた・・でも、古賀の息子・直樹はすでに臓器売買のために殺されていました・・
どうしてこんなことに・・・
本当に本当に悲しくて、本当にひどい話で、言葉もかけられませんよ・・(涙)
古賀は直樹の行方を辿る旅を続けると言っています。
それはそれで苦しく辛い旅になるでしょう・・
でも、そこまで見届けることが、自分が直樹を守ってあげられなかった罪滅ぼしと考えてるのかもなぁ・・・
いつか、戻ってきてくれることを祈りたいです・・。

日本では公子は英雄として扱われていました。
いろいろとやらかしてますけどね・・(汗)
そして、捕まった香澄に面会・・
自分の娘のためなら何だってできるのは当たり前でしょ?という香澄。
でもそれは違う・・いつでも引き返せたはず・・
同じ母親同士、協力して、奪われた子供たちを救いだすことができたかもしれない・・・
そういう公子の言葉は、今さら語っても仕方のない話かもしれない。
でも、この言葉で、自分を正当化しようとしていた香澄は、本当に後悔をしはじめることになるかもしれないね・・

自分のしたことを十分に理解し、そして反省しなければ罪は償えない・・

臓器売買の話で、本当にひどい話ではありますけど、
ドラマとして見せることができてるってことがすごいなぁ・・って思いました。
安田成美さんの迫力ある演技がとても印象的でしたね。
いつもはほわぁ〜ん・・と温かい印象が強いので。
また、ドラマで成美さんを見たいなぁ〜!


◇ 第回 ◇  「海を越える母の愛 」   放送日・・2000.09.04.  再視聴日・・2009.08.27.

鯨仏海岸で公子がやってくるのを待っている智永・・・
なんでこの女は公子に執着しるんだろ・・?
グレイの言うとおり、とっとと船を出してしまえばいいのに・・・

お腹を押さえてたけど、病気なのか・・・?

そこへやってきた公子・・・
一億入りの袋にライフル、そしてボロボロの服に血まみれの体・・
その姿でよくもここにこられたねぇ〜!
車がぬかるみにハマって、歩いてたけど・・・ヒッチハイクでも??(笑)
来る途中に捕まらないことが不思議やわ!

一億を渡し、息子を返せという公子・・・
ダメダメぇ〜!金を渡す前に息子を取り返さないと!
ほらぁ・・グレイが金を持って、智永を見捨てて一人で船出しちゃったじゃん!!

取っ組み合いで闘ってた二人だけど、それを見て公子はどうにか追いかけようとしてて・・
そこに片野坂がやってきました。
公子を捕まえにきたかと思ったら・・・公子とともに貴之を追うために力を貸してくれるらしい!!
この男・・・どうやら公子の「母性」に惹かれてしまったか・・?

実は片野坂、全部知ってました。
ってか、やっぱり公子の情報を智永たちに渡してたのはコイツじゃん!!
タイにいるときに香澄と知り合い、香澄が臓器売買に手を出してることも知り、
止めるどころか、自分も足を突っ込みだし・・・
楢崎が日本勤務となって、香澄から「脅されてる」と聞き、智永たちとの交渉場にも顔出してたし!
最低やなぁ・・
公子が息子を取り戻そうと必死になってるときに、見逃してくれちゃったのは、若干の罪悪感でもあったか・・?

全部知ってて、香澄と生きる人生を考えもしただろう・・・
香澄も、瀕死の楢崎を放っておいて、弔辞の練習してるし!!
二人とも一人になって、一緒になれる・・とでも思ってるのか?
「生きなおす」って何度も言ってるけど、そこまで堕ちたヤツラが生きなおすなんて図々しい!!
天罰がくだればいいんだわ!!


ある意味、片野坂はそれを望んでいるのかもしれない・・・
母である公子の目に惹かれ、一緒に子供を取り返してやりたいと思い、
そして、そのあと・・・カレはどうしたいんだろうか・・
そのあとに答えが待ってるとでも思ってるんだろうか・・?

片野坂はヤクザなところに乗り込んで船を出せと脅しておりました。
古尾谷雅人さん演じる男が船を出してくれ、二人はタイへ・・
そして智永も、グレイが経由する港に先まわりし、合流しておりました・・

さぁ、最終回です!
公子は貴之を取り戻せるのか?
そしてそれぞれの行く末は??
楽しみです!!


◇ 第回 ◇  「…最終章へ 」   放送日・・2000.08.28.  再視聴日・・2009.08.20.

すごい展開になってきたぁ〜!
この当時新人だった妻夫木くんと新山千春ちゃんの渾身の演技、見ごたえありました!!

一億円の受け渡しが始まりました!
夫にしがみつきつつ、目線は片野坂を見ている香澄・・・
ほんと、この女は・・・(汗)

楢崎の部下の白石は、智永からの指示を聞く楢崎の言葉を何度も反芻して、
通話にしっぱなしの公子に聞かせてるんだけど・・
明らかにおかしいんだよね!(笑)
バレバレです!!

警察の追っ手をまいたものの、片野坂だけはふりきれず・・
そこへやってきたのが公子で、わざと車を横転させ、追跡を妨害したわけよ。
死んだかも!ってヒヤヒヤだったけど、たんと無事を確信してから公子も追跡・・

楢崎は白石が公子と通じてたことを智永に報告するんだけど、
公子になんか執着しちゃってる智永は、受け渡し場所を変更せずにそのまま・・・
そして、「オレだけ人を殺してないから・・」と篤志が受け渡し場所へと向かうんだけど・・・

受け渡し場所で、放心したあゆみちゃんと再会する楢崎。
お金を手に入れたのならとっとと行けばいいのに、「そこにいるんだろ!!」と公子との対決をのぞむのさ。
銃口をむけてやってくる公子・・・
「一発しかないんだろ?当たるのか?お前の子供の手形をとったのはオレだぞ?
お母さーん!助けてーって大変だったんだぞぉ〜!」と挑発!!
撃とうとした公子を、先に篤志が撃ち・・・
「やったーっ!殺した!!」って喜んだものつかの間、肩にあたっただけのようで、
公子、篤志の額にバツン!と銃弾をねじこんでやりました!
つー・・・・と額から流れ出るドロドロの血液・・・うぅ・・・リアル・・・怖い・・・(汗)


さぁ、公子!篤志の言ってた鯨仏海岸へ急げ!と思ったら!
今度は泉水が登場・・・
でも、もう負けませんよ!!泉水にも銃弾を撃ち込んで、公子はお金を抱えて歩きだしました・・

そのころ、あゆみちゃんが救助されたとの一方が香澄に・・
脳震盪で済んだ片野坂が戻ってきて、その片野坂に抱きつきやがった!
・・・む?
子供を救ってやろうと思ったけど、公子に先を越された・・・?
なぬ?コヤツと香澄の関係は・・?
なんと、バンゴクへ犯人逮捕のために出張してたとき、どうやら香澄と出会ってたらしい!
しかも、親密な関係になってたみたいだし、
追ってた犯人を撃ってしまった正当防衛の証言をしたのも香澄みたいじゃん??
・・・深すぎる・・・奥深すぎて、読めないわね、このドラマ・・
一度見たはずなのに、知らない(覚えてない)事実が次々と明らかになるので、面白いです!!


泉水に撃たれた楢崎は、薄れる意識の中で、「女刑事の子供を誘拐させたのはあの女・・」って白石に言ってました。
あの女が誰か、ちゃんと言い残して死ねよぉ〜!!ってなもんですが、
死んでないみたいです。(笑)
よかった、よかった・・・
じゃ、香澄が犯人と通じてたってことが今後明らかになるわけですかね?
それとも、片野坂がかばうのか・・?
いや、どうやら片野坂も公子を愛しはじめてるっぽい・・?
それに嫉妬した香澄が、智永と一緒に公子を追い詰めていくのかしら??
どこまで行くんだ、このドラマ・・・(涙)

とにかく、一人残された貴之くんを早く救ってあげてください!!
あゆみちゃんとの別れのシーンは、ほんと、涙が出ちゃいましたよ・・・(涙)


◇ 第回 ◇  「母の反撃、始まる 」   放送日・・2000.08.21.  再視聴日・・2009.08.18.

いやぁ・・・・とんでもない女だったね、香澄!!
智永との話を聞いてたときは、あぁ、この人も智永に利用されたのか・・・って
若干の同情を感じておりましたが・・
「次はアンタの夫の出番・・・そろそろ全部話したら?」って智永に言われて、
この事件の裏を語り始めた香澄の話を聞いてたら・・・
最悪やん!!


バンコクにいたとき、孤児院で子供がさらわれるところを見てしまった・・
その子がどうなるのかどうしても知りたくなり、いつしか子供を横流しする手伝いをすることになったらしいのさ。
自分も一人に娘を持つ身だってのに、よくもそんなこと!!

日本で娘が交通事故にあい、そのときの主治医である富家が移植医ってことを知り、
人身売買について話を持ちかけ仲間にしたらしいけど、
夫の日本勤務が決まるにあたり、自分は抜ける・・って考えたものの、
んなもん、簡単に抜けられるわけもなく、
日本での家にウォンが智永たちを連れてきて、今後も手伝えって言ってきて、
それを断ったら娘を誘拐された・・ってことみたいね。
もちろん、楢崎の会社が身代金を出してくれるってことも知ってて・・・のことらしいけどさ、
いやぁ・・・それを聞いた楢崎、驚くやら怒り爆発だわ・・・ってかんじですよね!
今は娘を取り戻すことが一番!ってことだけど、もう、この夫婦はダメだね・・・

そのころ公子には智永から電話が・・・とうとう対峙するときがきた!ってわけです。
智永たちは公子を殺す気マンマンで学校に呼び出し・・
公子は、それに何とか応戦しようと必死に・・・
しかし、あの銃撃戦はすごすぎです!
深夜の学校からあんな音が聞こえたら、周辺は騒然ですよ!!
それに、あの智永と公子の取っ組み合い!激しかったですねぇ〜!
迫力ありすぎでした。(笑)


何とか逃げた公子・・・
その後向かったのは、楢崎の部下の家・・・
拳銃を突きつけ、楢崎と臓器売買の関係を聞くんだけど、
何も知らないとわかると、今度は丁重に自分の話を聞いてもらってました。
犯人と被害者が繋がってると考えると納得がいく・・という公子の話に、
この部下さんは納得してくれたようで、協力してくれることになりました。
オマケに車まで貸してくれて!いい人や・・・

そして新たに身代金の要求をしてきた智永。
部下の車で楢崎が持ってこい!ということになり、その連絡が公子にも・・・
さぁ、どうなるんでしょうか!
・・・・貴之くん・・・大丈夫なのかなぁ・・・?(涙)


◇ 第回 ◇  「愛しはじめた男 」   放送日・・2000.08.14.  再視聴日・・2009.07.30.

な・な・な・なぬ――――――――――っ!!
まさか、その人が犯人と通じていたとはっ!!

すっかり記憶がない私にはかなりの衝撃でございやした・・・(滝汗)

貴重な血液型の子を誘拐しようとする富家と篤志と泉水。
富家を追ってきた公子。
公子から連絡を受けて駆け付けた古賀。
古賀を追ってきた片野坂。
そして、教え子たちの暴走を止めようとやってきた智永・・・
全員が遊園地に会しました!!

誘拐しようとしはじめた篤志たちに、「女刑事が後ろにいる」と知らせた智永。
誘拐するふりして公子をやっつけようと目論んだみたいだけど、
偶然居合わせた警官が公子に職務質問しちゃって・・
で、何を焦ったか、泉水が乱射!!
警官にあたり死亡・・・公子はその警官の銃をもって逃げて行きました・・
追ってきた片野坂と対峙するんだけど・・
公子は裏切り者=片野坂って思ってるんだよね。
何を言われても反論しない片野坂・・・だから、そう信じこんで逃げていっちゃった公子・・
違うんだよーっ!!


ようやく変装を全交換し、妊婦姿になって富家に会いに行った公子だけど・・
すでに富家は死んでました・・
自分との約束を破った富家を、智永が殺したのさ!!
ひぃーっ!!
泉水が銃を乱射したことで、なんかコイツもふっきれやがったみたいでさぁ、
怖いよぉ〜!!

やってきた古賀とともに逃げてラブホテルに入った公子・・
すっかり弱気になって諦めかけちゃってる古賀を何とか励まして一緒に戦ってもらいたいという公子だけど・・
サブタイトルの「愛しはじめた男」ってのは、公子が古賀を・・ってことですか??
んなこと言ってる場合じゃないだろーっ!!(笑)


もう一度身代金を・・と犯人が言ってくるかも・・と調整にうごくあゆみパパ。
あゆみママ・香澄は、「気晴らしに行ってきます・・」と河原へ・・・
ぼーっ・・・と車に乗ってる香澄を見て、尾行してきた刑事は「犯人との接触はなさそうです・・」と安心しきるんだけど!!
そこに智永が・・・
な・な・なんとっ!!
そうです、香澄が智永と通じてたのよ!!

なんでやねーん!!自分の娘を誘拐させて金を作りたかったわけ?
子供をそんな風に使えるわけ、アンタ??
信じられん!!
ってか、智永たちに手を貸す動機は何だね?
タイで孤児院のボランティアをしていたことと関係があるわけ??
わからん!!
いやぁ・・・ほんま、驚いたわぁ・・・(汗)

次週は休みだそうです。
ちっ・・・早く見たいのに!!


◇ 第回 ◇  「謎はつながった 」   放送日・・2000.08.07.  再視聴日・・2009.07.24.

真美ちゃんの母親に会った古賀。
そこで、真美ちゃんが数か月前に事故で入院したこと、
貴重な血液型(Rh−AB型)だということ、
そのときの担当医師が富家という男だということを知るのよ。
戻って公子にそのことを話すと、公子はあゆみちゃんも同じく入院してたことを思い出し、
病院に問い合わせてみたら・・・・あゆみちゃんの担当医も富家で・・
きっと富家がからんでる!と思った公子は、
レンタカーを借りて尾行を始めるんだけど・・

そのころ富家は、貴重な血液型の患者をまた見つけたと智永に話すんだけど、
同じ条件の子を誘拐すれば足がつく・・って断られるのよね。
でも、興味を示した篤志とともにこっそり誘拐を計画するんだけど・・
気づいた智永は慌てて誘拐予定場所へ!
もちろん公子も富家とともにその場所へ!
古賀は公子から連絡をうけてその場所へ!
古賀を追って片野坂もそこへ!!
ってことで、みんな集結しちゃうみたい!!
どうなるんだろーっ!!


そうそう、智永は、ペインレス・チルドレンのオフ会の世話役ってのをやってたみたい。
で、あの子供たちと接触して物色してたわけだ・・・
そこからも足がつくといいんだけど、まずは今回の誘拐ですな!

台風のため出航を見合わせているグレイ。
監禁されてるあゆみと貴之・・
「お前たちはこれから動物だ・・・手をつかうな・・」って言われご飯を食えって言われるんだけど・・
「ボクたちは人間だ!!」と毅然とした態度で接する貴之!
頑張れ!!と言いたいとこだけど・・・
いつまでその精神力が持つかなぁ・・

あゆみちゃんは限界に近いと思われるんだけど・・・(涙)


◇ 第回 ◇  「キーワード発見 」   放送日・・2000.07.31.  再視聴日・・2009.07.23.

古賀のもとを訪れた片野坂・・・
自分のことを話されるじゃないかとヒヤヒヤの公子だけど、
片野坂から話を聞くことで、公子がウソを言ってないことの証明となり、
一緒に動いてくれることになりました・・

その中で、子供たちが「ペインレス・チルドレン」というサイトを見ていて、
オフ会で会ってたりしてることをつきとめるのよ。
しかし、真美ちゃんはまだ幼いのでサイトを見たりはできないはず・・ってことで、行き詰る・・
で、真美ちゃんの母親にも話しを聞きに行こうとしたんだけど・・
公子が連続児童失踪事件を気にしてたと知ってる片野坂たちが張り込みしてたのよ!
古賀・・・捕まっちゃうか・・?
公子は古賀が用意してくれた作家缶詰用の部屋にいるけど・・
この二人はバラバラにならずに一緒に子供を見つけてほしいんだけどなぁ・・・

Mr.Kと名乗る警察の内容をリークする人物から智永にメールが・・
公子が生きてるとこ言うことを聞かされた智永。
地声で公子とコンタクトを・・
「調書をとるしか能力のない女が!」と思わず言っちゃった智永・・
思い出せ、公子!
アンタが調書を取ることを知ってる女だよぉ〜!あのときの女だよぉ〜!!


そうそう、智永は、子供たちと接触してましたね。
あれって・・何の集まりなんだろ・・?
あそこに来てた子供たちの中から誘拐する子を決めてるぽいけど・・
そこまで辿りつけば、相手が智永ってわかるだろうになぁ・・

で、Mr.Kって誰さ?
片野坂の「K」じゃありきたりだし・・・

片野坂の名前を出しても智永は無反応だったしなぁ・・
Kねぇ・・上司の曽根の名前も「K」だけど・・
それもまたありきたりだしなぁ・・・
うーむ・・・わからん・・・思いだせない・・・・(汗)


◇ 第回 ◇  「必死の逃亡者 」   放送日・・2000.07.24.  再視聴日・・2009.07.08.

身代金受け渡しの場で、結局お金を奪われてしまった公子。
そのまま帰るわけにはいきません!!
お金を手に入れてうかれている泉水たちのところに車で突っ込んで格闘するんだけど・・
うしろから近づいた智永にボコボコにされ、なんと、銃で3発も撃たれてしまった!!
・・・しかし、防弾チョッキ着てますからーっ!
生きてましたよ・・
しかも、泉水がもっていてキーホルダーを奪っていて、
それが連続誘拐事件の一人・直樹くんがもっていたものか・・?と思いだし、
翌日、スーパーで変装し、パソコン専門店へ・・
そこで警視庁のデータベースにアクセスし、直樹の住所を記憶するんだけど・・

ま、そんなとこに外部からアクセスしたら速攻でバレるわな。
すぐに警察がやってきて、何とか逃げた公子・・
そして古賀の家に行き、すべてを話し、協力を願い出るんだけど・・
そこに片野坂が!
早いねぇ・・
コイツは本当に頭の回転が速い!
敵にすると面倒だけど、味方にすると心強そうだけどなぁ・・・(涙)

古賀は公子のことを黙ってくれるのか??っていうとこでつづく!になりましたけど・・
お互いに子供を失ってる状態なわけで、取り戻したい気持ちは一緒だろうから、
きっと協力してくれるよね・・?

あゆみちゃんと貴之はまだ船に監禁されてて、
台風が近づいて一週間は出航できないらしく、
その間にあと二人くらい調達する・・と智永は言っておりました。
あゆみちゃんはそのうち解放するのかもしれないけど、
貴之は売られちゃうみたいだね・・・(涙)
智永は、悩んでる子供たちがカキコむサイトで子供を見つくろってるみたいだけど、
それに公子たちも気づくみたい!
そして、公子は智永との接点を思い出すかしら・・?
顔はしっかり覚えた!って言ってたけど、昔会ったことがあるってことは思い出してないみたいね・・。


一人で動いてる公子だけど・・
ここはやっぱり警察と一緒に動けばいいのに・・って思えてしまったねぇ・・
でも、内部にスパイがいる以上、それは無理なわけで・・
はぁ・・ほんと、大変だ!
お母さん、頑張って!!!


◇ 第回 ◇  「母の孤独な戦い 」   放送日・・2000.07.17.  再視聴日・・2009.07.02.

公子の情報がだだ漏れ・・・
スパイがいるって智永も言ってたけど、誰だっけか・・?
警察官?それとも、楢崎の部下・・?
とにかく、貴之が本当に誘拐されたかどうかわからないのに言うこと聞けるか!っていう公子に、
恐ろしい贈り物が・・・
楢崎の家に届いた犯人からの封書の中には、血で押された手形が・・
ま、そこにいるほとんどが「アユミのもの」って思うわな。
でも、公子だけは違っていた・・
こっそりアユミの部屋に貴之の指紋が付いたテレフォンカードを置いて指紋を採取させ、
鑑識に調べさせた結果・・
「アユミちゃんの指紋と一致しなかった、ただ一つを除いて・・」ときた。
あぁ・・・やっぱり貴之が・・・

これで、公子は犯人の言うことを聞かざるを得なくなるわけで・・

でも、その公子の様子がおかしいことに片野坂がちょっと気づいていたよね?
まさか、犯人の手先にならされてるとまでは思ってなかったみたいで・・
ちっ!使えないね、アンタも!!

身代金を受け渡す役目を果たすことになった公子。
警察に情報を流してると見せかけ、
何とか警察の追跡をふりはらわなければいけない・・・
苦悩する公子だけど、やっぱ、自分の子が大事だよねぇ・・
お金を渡しても、子供二人を取り戻すことができたなら、それはそれでいいわけで、
そっちに賭けたわけですな。

そして受け渡し場所へ・・・
素直に言うことを聞く公子に、「お金を置いていけ、子供は建物の中にいる」と告げる智永。
しかし、「ここに連れてきて!ほしいんでしょ、お金が!!」という公子・・
このときの公子の迫力、凄まじいです!!

この当時、安田成美さんは子供を産んだあとの復帰作がコレだったんだよね?
鬼気迫るものを感じましたよぉ〜!
そんな「母性で動く」公子に苛立ってる様子の智永・・
「母性」を利用してるくせに、「母性」には嫌悪感を感じてる気がするのよねぇ・・
何かあったっけかな、この女・・?

「お母さん!助けて!!」と貴之の声が・・
ま、どうせ録音してるヤツを流してるんでしょ・・とわかりそうなもんですが、
反応してしまう公子。
お金を持って車を離れ、建物に入っていってしまいました・・
そこには篤志と泉水がいるんだよぉ・・
どうなっちゃうんでしょうか・・
ま、予告から推測するに、お金は取られるけど子供は取り返せない・・ってことみたいね。
警察を裏切って独断で動いてしまった公子の、孤独な戦いがはじまるわけですな・・

そうそう、貴之はアユミちゃんと一緒に監禁されてました。
お金さえ手に入れれば返してくれる・・・っぽくないよね?
「明日から私語厳禁!」ってグレイが言ってたもんなぁ・・
海外に連れていかれちゃうのかなぁ・・(涙)


◇ 第回 ◇  「母の叫び 」   放送日・・2000.07.10.  再視聴日・・2009.06.25.

まったり・・・・そして急展開!!ですね。

アユミちゃんを誘拐した智永たち。
一方警察側は、母親を公子に演じさせ、取引をすすめようとするんだけど・・
「警察には通報してないですね?」と聞かれ、公子は「通報した」と認めちゃうのよ。
これは公子の独断だったんだけど、
警察に通報してることは智永たちも想定内だったので、特に問題ないと思ったんだけど・・・

問題は、警察の尾行やと思うけど??(汗)
アユミ父に身代金を持たせ、あっちこっち走らせた智永。
でも、すんごい数の刑事が、アユミ父を追いかけまくり!
こっそり・・・とか、ちょっと離れて・・とかじゃなく、もう、マラソン大会のスタート時か?っつーくらいの、
密接した走り方!
おいおい・・・そりゃアカンやろ・・。(汗)

あっちこっち走らせつつ、アユミ父の様子を見ていた智永は、警察の目をかいくぐって
身代金を手に入れることは無理か・・って考えちゃうわけ。
そして見つけた、身代金をGETする方法は・・・

公子の息子・貴之を誘拐することでした。
警察内部の人間の弱みを握り、思うとおりに動かし、金をGET・・と目論んでるみたい!

でも、公子の情報がダダ漏れなのはなぜ?
あんなに簡単に警察の情報が見てるもんか・・?
内部に通じてるヤツがいたっけか・・?

アユミ母に「あなたの子が誘拐されて殺されたら・・どうします?」と聞かれた公子は、
「この手で殺してやります」」と答えてたよね。
本当にその状況になりつつあります・・・
さぁ、公子はどうなっていっちゃうんでしょうか!!!

そうそう、アユミ父は、バンコクで勤務していたらしい・・
アユミ母は、バンコクでボランティアをして子供たちに関わってたらしい・・・
しかも、帰国して怪我したアユミの主治医は富家だった・・・
なるほど、それでアユミが「営利誘拐の標的」に選ばれたわけだね。
アユミ父の会社が、危機管理として、社員の誘拐事件のときには会社から金を出すってことも知ってたわけか。
そのアユミちゃん、港で船の中に監禁されてました。
公子の子・貴之、アユミちゃん、そして未だに探している古賀の息子・直樹くん・・・
どうなっちゃうのかなぁ・・(汗)


◇ 第回 ◇  「二人の女 」   放送日・・2000.07.03.  再視聴日・・2009.06.18.

日テレプラスで放送が始まりました。
週一回放送なので、普通の連ドラ感覚で3か月、見て行きたいと思います。

はぁ・・・すごいテーマだよね、コレ。
臓器売買のために子供を誘拐して海外に売り飛ばす・・って話ですよ。
放送当時も「ひぃ・・・」って思いながら見ていた記憶があります。

野沢尚さんは大好きなので、再度最後まで見て行きます。

公子には白バイ警官の夫がいたものの、犯人追跡中に事故って死亡・・
しかし、犯人をとり逃したため、神奈川県警の片野坂から「無駄死に」とかひどい言葉を言われるのさ。
なにくそ根性で、自分自身も警察を辞めることなく、女手一つで息子を育て、
現在は捜査一課に在籍・・ってわけです。

一方、中学校教師の智永は、教え子の篤志と関係を持ってました・・
ブッキーですよ、若かりし頃の!
いやぁ・・どんだけ年の差があんねん!って話です。(笑)
しかし、同級生の泉水と仲良くなると、捨てられちゃったらしく、
一人さみしく理科室で写真を眺めていたら・・そこに同僚教師が入ってきて
「慰めてやろうか・・」なんて言いやがったもんだから、メスでぶさり!
ひぃ〜!この女の性格、怖すぎです!!
警察に捕まったものの、相手が訴えを取り下げたため釈放・・・
そのときの取調室に公子もいたのよね。
何も語らない智永の代わりに・・と、自らで作り話をでっちあげて調書に書いてた公子。
智永にいい方向に働くように・・と書いた調書だったけど、これはちょっと智永の気に障ったっぽいぞぉ〜!
きっと、的を得ていたんだろうね。
ここで公子は目をつけられちゃったのかなぁ・・・?(汗)


それから数年が過ぎ、智永は教師を辞め、夜の仕事場で働いてました。
その中で、薬の売買をしている篤志たちと再会・・
しかも、臓器ブローカーのグレイ・ウォンとも知り合い、海外での臓器売買に興味を持つのさ。
今は供給不足で、子供が足りないと聞き・・・
下校途中の子供たちを見て、「いっぱいいるじゃん・・」ときた!
怖えぇ〜!!マジっすか、この女!!


そして立て続けに3人が誘拐されて行方不明に・・・
一人は継父からの虐待を受けていた均史くん。
一人は母親の浮気の最中に公園に置いていかれてた真美ちゃん。
そして、最後の一人は、遊園地で両親と遊んでる時にトイレに行ってさらわれた直樹くん・・
直樹以外の親は、すっかり諦めモードで、直樹の父・英寿だけが必死に動いていたのよね。
この人の場合は、自分が目を離したから・・っていう罪悪感でいっぱいなんだろうよ。
でも、犯人からは何の要求もない・・
せめて身代金でも言ってくれれば、何とか動けるのに・・
一体子供たちは・・・ってことですよ。

そのころ、子供たちは船に乗せられ出発しちゃいました・・・
でも、病気がはやってる国で手術なんかしたくない!と売れなかったり、
運び屋がもっと金をくれと言い出したり、なかなかうまくいかないのに苛立つ智永・・・
とりあえず、運び屋に払う金を作るために、再度誘拐を決行。
今回は金持ちの娘・アユミちゃんを誘拐し、一億を要求したのよね。
そこにかけつけた刑事・片野坂・・
なんか、この男、いろいろと抱えてそうだよねぇ・・
住んでる部屋の反対側の川岸をずっと眺めてたけど、そこって、アユミちゃん家・・?
アユミちゃんの母・香澄となんか関係があるのか・・?
わからんわぁ・・

次回はとうとう公子の息子・貴之が誘拐されちゃうみたい!
この貴之を演じてる子、現在はHey!Say!JUMPの一員の子みたいですね。
すんません、若すぎて全く興味ないグループなんで、どの子なんだか・・って感じです。(笑)

話のなんとなくの印象は覚えてましたけど、ほぼ忘れています。(汗)
なので、初見のような気持ちで見られそうです。


◆ Story ◆

連続幼児誘拐事件に巻き込まれたひとりの婦人警官が、警官ではなく母親として誘拐された我が子を奪回しようとする姿を描く。