想い出にかわるまで

□ 放送・・・TBS  金曜10時   1990/1/12〜3/30   全12話    平均視聴率・・・14.9%  
□ 脚本・・内館牧子ほか   □ 演出・・・大岡進ほか  □ P・・・遠藤環
□ 主題歌 ・・・ 「If we hold on together」  ダイアナ・ロス 
主題歌収録アルバム
ダイアナ・ロス・ベスト・セレクション
DVD-BOX
想い出にかわるまで DVD-BOX
◆ キャスト ◆
沢村るり子
高原直也
沢村久美子
沢村清治
水口さやか
沢村登美子
沢村良夫
水口浩二







今井美樹
石田純一
松下由樹
大沢樹生
高樹沙耶
佐藤オリエ
伊東四朗
財津和夫







OL
商社マン るり子の恋人
るり子の妹
るり子の弟
水口の妹
るり子の母
るり子の父
水中カメラマン
◆ レビュー ◆
  ◇ 最終回 ◇  「そして二人は・・・」   放送日・・1990.03.30.  再視聴日・・2011.01.18.  

隣からのもらい火で全焼の沢村家・・
両親は高原のマンションに、るり子はさやかのところにお世話になるのよね。
そんな中、オレが継ぐ!だからやり直そう!という清治。
でも、すべてを失って、ポカーン・・と開いた穴を埋めるにはショックが大きすぎるお父さんは、
高原に「好きなように生きたらいい・・」とまるでるり子とのことを容認するような言い方・・
必死で守っても、あっという間に失っちゃう儚い人生を噛みしめて・・・の言葉だよね。

イヤよ!私は別れないから!!と必死の久美子だけど、
高原は沢村家復興の援助よりるり子の方が大事のようで、
関わることはできない・・・と断り、るり子とやり直すことを考えてたのよね。
何度言われても固辞するるり子。
とうとう、高原も諦めました・・・
また君に辛い思いをさせたくない・・・ってね。
自分もあまりにも辛いんだろうね、このときの石田純一さんは本当につらそうでした・・・(涙)
もう、会いたくない・・・そう言って別れる二人だけど、
別れがたくて、また抱き合って・・・
ホンマに別れられるんか、この人たち??って感じ。(笑)


家に戻り、久美子に「るり子と別れてきた」と話した高原・・
嬉しくて、嬉しくて仕方ない久美子・・・
清治の決心が本物だと知り、嬉しいお父さん・・・
絶望してたけど、やり直そうと思えたようです・・・
この父子には、この火事はいいキッカケになったかもね。

そして一年後・・・
沢村製版は無事に再開の日を迎えました。
なんと、水口のパトロン女の口利きで、お金を借りられたのさ!
なんか、よくわからんわ、水口とこの女の関係っつーか、存在意味。(笑)
水口なんてさ、散々ひっかきまわしといて、あとは静観・・・みたいな?

アンタがいなけりゃるり子と高原は結婚できたっつの。(笑)

るり子は仕事を始めていて、高原と久美子は幸せに・・・妊娠もしてるみたいです。
海外赴任は延期になったみたいで、もう少ししたら行くみたいだけどね。

そして偶然・・・・高原とるり子は再会する・・
「もう、会いたくない・・」と涙ながらに別れてから一年・・・
時間が解決するってのは本当だよね。
お互い、いい顔してます。
あの辛い出来事は、想い出にかわったんだね・・・

ただ、まったく交流はなかったようで、るり子は久美子の妊娠も聞かされてなかったのね。(汗)
でも、こうやって笑顔で再会できたから、これからは変わって行くでしょう・・・

そして、二人はお互いの似顔絵を描いてもらい、交換して別れます。
・・・高原さん、るり子の肖像画、家に持って帰るの・・?
それはちょっと・・って気がする。(汗)
わざわざ交換しなくてもいいじゃんね?
捨てるに捨てられないじゃんか・・・(笑)


放送当時は、こういう略奪愛っていうドラマはそれほどなかったので、
かなりの衝撃だったのを覚えています。
奪われた今井美樹さんが可哀想で、奪った松下由樹ちゃんが憎たらしくて・・・
なのに、実生活では奪い奪われが逆に・・・(滝汗)
なんだか、皮肉ですな・・。

あぁ・・久しぶりに見て面白かったです!
次は何を見ようかな・・っと!


  ◇ 第回 ◇  「逢いたいけれど・・」   放送日・・1990.03.23.  再視聴日・・2011.01.18.  

会いたかった・・・好きなの!!と抱き合いキスまでしちゃった二人・・・
そのままどっか行っちゃって・・・な展開かと思いきや、
バーなんかで飲んでやがる。(笑)

やり直したい・・・組kには別れるっていうから!とゴリ押しの高原。
そりゃやり直したいけど・・・と戸惑うるり子・・・

でも、家に戻ってみたら久美子が風邪ひいてて言い出せず・・・
翌日、言いだそうと思って帰ったら、上司が来てて、海外赴任の話をもってきた!
顔をつぶされてご立腹の専務だったけど、高原の力は認めてるので栄転・・ってことですよ。
やったー!とウキウキの久美子・・・で、言い出せず・・
ま、この時点で久美子に情があるのは間違いないわけで・・

言い出せない高原・・・
るり子はこの時点から考えてただろうね・・・
でも、そんなるり子の気持ちは知らずに、ようやく久美子に別れを切り出した高原。
お姉ちゃんと会っててもいいから、別れようなんて言わないで・・・・とすがる久美子・・・
なんかさぁ・・しおらしくて腹がたつ。(笑)


んでもって、なおしおらしくして姉を訪ねる久美子。
ずっと悪いって思ってた・・・奪った側から言えることじゃないけど、高原さんをとらないで・・ときた。
妹っていう特権を振りかざし、お姉ちゃん・・お願い・・・とくる。
あたしゃね、妹なんでね、その「ゴロニャン精神」はわからんでもない。(笑)
とくに「長女」っていうことを深く心に刻んでるるり子には効果的ですよ!

それに、清治が家を継ぐために勉強する・・・って言いだしてて、
ようやく落ち着き始めた家をひっかきまわすわけにはいけない・・・という思いが膨らみ・・・
そっちをとりました、るり子は。
「家族なんかどーでもいい!キミさえいればいいんだ!!」という高原だけど、
「家」とか「家族」を重んじ、軽んずことができない人っているんだよねぇ・・

すっぱりと別れを告げるるり子。
でも、高原はそうはいかないだろう。。。と、るり子は速攻で家に戻りました。
なのに、高原がるり子の居場所を探しに家に電話しちゃったもんだから・・
「おまえ、まさか高原さんと何かあるわけじゃないよな?」と父・・・
久美子のことを思ったら、そんなことできんだろ・・と完全に久美子の味方。
こうなるとねぇ・・・
せっかく抑えてた思いがブッツン!ときますわな。
「会ったわよ、でも何もなかったわよ!」と言っちゃいまして、
何を考えてる!!と激怒の父・・・
飛び出しちゃったるり子・・・

さやかのところにいたるり子を迎えに来た清治。
オレが全部わかってるから・・・って慰め、家に戻ると・・・
火事っす!大火事っす!燃えてるっすよ、製版所が!!
はぁ・・・全部が崩れていく・・・

リフォームしたばっかなのに・・・
恐ろしやぁ・・・(涙)


  ◇ 第回 ◇  「離れていても・・・」   放送日・・1990.03.16.  再視聴日・・2011.01.18.  

高原が貸してくれた上着をどうやって返そうか悩むるり子。
結局「ありがとう」の一言の手紙を添えて宅配便で送り返したんだけど・・・
高原としては、るり子から連絡があるのでは・・・?って期待してたわけだよ。
でも、宅配を受け取ったのは久美子・・・
姉からの手紙を握りつぶし、上着だけ送り返されてきたと思いこんだ高原は
自分の気持ちに整理をつけるように久美子を新婚旅行に誘うのさ・・
ま、いいんじゃない?そうやって距離がどんどんできてくれば・・・。

なのに!!
夜中、ウェストサイドストーリーの映画が放送されてると気づいた高原は、
るり子との想い出がよみがえり、いてもたってもいられず電話しちゃうのさ。
戸惑うるり子も、いつしか想い出を楽しく語り合うんだけど・・
でも、理性が働いてましたね。
自ら「水口の個展がある、私も手伝ってる、是非来てね、私がいないときに・・」って伝えるのよ。
高原はそこで一線をひくるり子の気持ちを察し電話を切るんだけど・・・

現在の自分に満足をしてないにも関わらず、何もできないことに虚しさを感じてるわけよ。
そんなとき、水口の個展がダメになったと聞くのさ。
ま、パトロンの女が「るり子をクビにしないと金は出さん!」と言いだしたからなんだけどね。
水口は個展も彼女も大事だから・・って断っちゃったため、個展はダメになったんだけど・・・

なんと高原は会社の金を流用して個展の資金にしてくれって言いだしたのさ。
どうせ反対派の人間に使う金だから・・ってね。
使い方は間違ってるけど。(笑)
そんな金受け取れない!という水口に、何かに打ち込んでる人の力になりたい!ってつめよるのよ。
勝手だけど、かなり追いつめられてるよねぇ・・・(汗)


そんな高原の現状をるり子に話す水口。
心配で仕方ない・・・私のせいだ・・・私が結婚を延期してなんていったから・・・と悔やむるり子。
えぇ〜!ざまぁみろでいいじゃん!(笑)
なんてお人よしなんだ・・・


で、高原に思わず電話しちゃうるり子。
「会いたい!!」と言い、夜に約束をした二人・・
しかし、上司から食事に誘われ、職場復帰のいいお話をいただけるかも・・って場を設けてもらった高原。
いあの高原には仕事よりもるり子!なんで、「約束があります!」って断るのよ。
「時間をズラすよ・・・電話する・・」と帰って行った上司。
るり子に会える・・・ウキウキで家に戻り、久美子には上司と話が・・・とウソついて出かけようとしてたのに、
上司が「9時ごろになるかなぁ・・・電話する」って久美子に伝言しちゃってて!
あぁ・・・るり子が待ってるのに・・・ってな。

そのころるり子は待ちぼうけ・・・
今日が高原の誕生日だと気づき、お祝いしてるんだ・・・バカだな、私・・・と思いつつ
その場を動けない・・・
高原は上司から「今日はダメなった・・」って電話をもらい、
久美子には「出かけてくる」とウソをついて出て行った!
再会した二人・・・会いたかった・・と抱き合う・・・
うーむ・・・思いを断ち切らないまま久美子と結婚しちゃったからねぇ・・
困ったもんだ・・・


  ◇ 第回 ◇  「胸の中の想い」  放送日・・1990.03.09.  再視聴日・・2011.01.18.   

仕事がないるり子は、誘われるままに水口の仕事を手伝うんだけど・・
なんか、流されすぎだよねぇ・・
さやかの言うとおり、なんかベタベタしてる感じにも見えるし。(汗)
あんなパトロンがいる男・・・ってわかった時点で、
潔癖症のるり子なら愛想を尽かしそうなもんだが。(汗)


さて、耐える女だった母、とうとう堪忍袋の緒が切れて出て行っちゃった!
当然よ!
姉妹で男と取り合い、長女は家を出て行くわ、
長男は気ままに生きてて言うこと聞かないし、
夫は横暴で自分を家政婦扱い・・・
そりゃ出ていきたくもなるっつの!
で・・・「オレひとりでなんでもできるわい!」と言いきったお父さん・・・・
やってみればいいさ。(笑)

きっとしっちゃかめっちゃかだぞ・・・

しかし、お父さん、どうしてそんなにるり子に冷たい??
高原さんとの結婚がダメになったのはるり子のせいだけじゃないでしょ?
久美子が奪ったからじゃん!
高原が浮気したからじゃん!!
あり?その事実、知らないんだっけ??
とにかく、久美子には優しく、るり子に冷たいのは納得いかんわ!


その高原・・・左遷されて可哀想・・・なんてことは言ってやらん。(笑)
そこそこ幸せそうに久美子と暮らしてやがるし。
なのに・・・雨にぬれるるり子が放っておけなくて上着を・・ってか?
久美子が見てる前で?
何を考えてるんだ、この男!
こいつのせいで姉妹は不幸になったのかもしれんな・・・

あーヤダヤダ!! 


  ◇ 第回 ◇  「悲しい愛への予感」  放送日・・1990.03.02.  再視聴日・・2011.01.14.   

家を出たってことはボクが聞きたくない結論を出したんだね・・・だとよ。
るり子を思っての選択・・・みたいな言い方だけど、
だからさ、だったらどっちも選択すんなっつの!!


両親に「久美子さんと結婚させてください」と言う高原。
どういうことだ!って一発殴ったお父さんだけど、
久美子のことは責めないのね。
るり子や清治にはあんなに厳しいくせに、なんで久美子には甘いのさ。

で・・・なぁなぁで結婚をさせちゃうことになったんだけどさぁ・・

こうなってみるとさ、「グダグダ考えないで行動あるのみ!」って気がするね。(笑)
久美子の押し勝ち、るり子の悩み負け・・って感じだもん。

結婚式に来てね・・・なんていう久美子。
誰が行くかい!ってなもんだけど、
「来ないってことはまだ思いが残ってるってこと・・・お姉ちゃん、来るかな・・」と久美子は高原に話してました。
来ないでほしい・・・それが高原の気持ちだっただろうね。

思いが残ってるかどうか関係ない、
そんな結婚式、誰が行くもんか!!ってのがるり子の心情でしょう。
しかし、水口は今後のためにも行っといたほうがいい・・・って言ってくれて、
るり子は意を決して二人の新居へ・・・
グッとこらえて「おめでとう・・」って言って立ち去りました。
高原にとっては、これは本当のるり子からの決別宣言・・・
久美子と生きていくって選択したのなら、しっかりやれよ!ってなもんです。

しかしねぇ・・・
婚約者の妹と結婚・・・なんてスキャンダル、社会的にはねぇ・・
ってことで、左遷されちゃいました。
海外栄転の話まで出てたのにねぇ・・・(汗)

東京湾開発反対対応の仕事って言ってたけど、水口とぶつかるのかな・・?

いやはやしかし・・・
とんでもない展開ですな。
久美子よ、そうまでして奪って幸せになれるか・・・見届けてやるぜ!


  ◇ 第回 ◇  「大ドンデン返し」  放送日・・1990.02.23.  再視聴日・・2011.01.14.   

えぇ〜!高原、アンタ、おかしいぞ、それは!!

久美子と高原の関係を知って、普通ではいられないるり子・・・
そんなるり子に、「私の方が高原さんを愛してる!私と一緒の方が幸せになれる!」と言い切る久美子。
こいつは、何を根拠に「私の方が」って言い張るんだ?
アホかっつの。


高原は、一回の過ちだ、許してくれ、愛してる、結婚してくれ・・・の一点張り。
そうじゃないんだよねぇ・・
追うものは逃げる・・っていうでしょ?
アンタ、悪いことしたんだから、まずは申し訳ないで通すべきでしょ?
自分から去るとかさぁ・・・
そうすりゃ、「いいの!許す!戻ってきて!」ってなるかもしれんじゃん・・

苦しくて仕方ないるり子・・
とうとう弟の清治に話してしまいました。
清治は高原をボコボコに殴るも、殴られるまま・・・
その様子を見て、清治は悪いヤツではないんだけどね・・って思ってくれたみたいだけど・・

何も知らない両親が、呑気に結婚話を進めるもんだから、
るり子はたまらず「結婚は延期したの・・・」って告白するのよ・
するとさ、お父さんがさ、一方的なの!
「高原さんのどこがイヤなんだ!あんないい人なのに、何を考えてる!」とるり子を責めるのよ。
どうして非がるり子にあるって頭ごなしなの?
高原が何かしたのかもしれないじゃん!
いつも慎重でまっすぐな娘のこと、わかってないの・・?(涙)


出ていけ!!と言われ、るり子は部屋を見つけて家を出て行った・・・
まぁ、久美子と同じ部屋で暮らすなんて、耐えられないもんね!
それを武器に久美子は高原に迫る・・・
お姉ちゃんは結婚をするつもりはないから出て行ったんだよ!ってたたみかける・・

でも、るり子は一人になって、時間をかけて高原との関係を修復したい・・って
前向きに考えていたのよね。
その考えを手紙にしたためていた、そのとき・・
高原が訪ねてきた・・
「おれ、久美子と結婚する」


・・・は??
るり子がダメなら久美子?
おかしいやろ?
君を苦しめたくないだ?そっちの方が苦しいわ!!
るり子がダメなら、もう澤村家とは関係を断つべきでしょ??
何を考えてるんだ、コイツ!

隣で喜び顔の久美子・・
はぁ・・最悪の展開っすな・・・(汗)


  ◇ 第回 ◇  「直感で知った事実」  放送日・・1990.02.16.  再視聴日・・2011.01.13.   

久美子の言葉を信じないるり子。
自分が勝手にキキーッ!って怒って飛び出した結果、こんなことになったってのに、
そのことはどっかに吹っ飛んじゃったようで、(笑)
翌日は、高原にふつうに接して、相手を探る・・・
高原は、勘付かれないように必死・・・
「久美子があなたと愛し合ったなんて変なこと言うんだけど。。。」とまっすぐぶつけてみたるり子に
「そんなことあるわけないじゃん」とすっとぼける高原・・・
ヒヤヒヤもんです。。

一度だけ、傷ついてもいいから抱いて!と久美子は言いました。
だけど、一度で済むわけないやーん!
まるで奥さん気取りで部屋に入り込み、食事を作って待ってたりするのよ。
怖いよぉ・・・

で、高原は「もうやめてくれ!!」って怒りをぶつけるも、
そんなに正直に気持ちをぶつけられるのって、お姉ちゃんじゃなくて私だからよ・・なんて言ったりと、
もぉ、どうやっても諦めねーでやがる。

で、久美子はこっそりバンダナを仕込んで高原の部屋を出て、
るり子に「いつも通って何度も抱かれた、今日だって行ったもん、証拠をおいてきた・・」なんて言うもんだから、
るり子はすっ飛んで確かめにいくも・・
「これ、なんだ・・?」って高原がすでに撤去済み!
やっぱり久美子のウソやーん・・・と安心するも・・
いいね、お姉ちゃんは高原さんに愛されてて。。。なんてしみじみ久美子が言うのよ。
おやおや・・?マジっすか・・・?ってな話っすよ。(汗)

それでも諦めず部屋に入る久美子・
どんだけ心臓強いんだか。(笑)
頼む・・・もうやめてくれ・・・やめてくれるなら、もう一度抱いてやってもいい・・と高原・・
さすがにこの言葉は久美子もショックだったのよね。

いきなり入ってきたるり子に、「ごめん!全部ウソだったの、それを謝りに来ただけ!」って出て行きました。
しかし・・・
ただならぬ雰囲気・・・
「お願い、正直に話して、怒らないから・・」というるり子の言葉に、
「ここで久美ちゃんを抱いた・・」とバカ正直に話しちゃう高原・・
精根尽き果てた・・って感じよ。
もう、ウソをつく元気も残ってないんだろうさ。
でもね、女はそうは言っても、最後までウソをついていてほしいわけ!
きっと何かあった・・って勘付いてても、認めさえしなければ事実にはならんわけさ!


わかった・・・と帰るるり子・・
そんなるり子を待ち伏せしていた水口。
様子が変なるり子を心配してやってきたわけだ。
そんな水口の胸で、「最後までウソをついてほしかった・・」と泣くるり子・・・
わかるよ、その気もち・・・

でもさ、アンタがバカ見たいにマジメで、ウソは絶対許さない!っていう女ってのもあるから、
高原はアンタの言うとおりに話しちゃったのかもよ・・?
ま、認めてしまった以上、こりゃ結婚は・・・ナシ・・・になるよね・・・・(汗)


  ◇ 第回 ◇  「こじれていく結婚」  放送日・・1990.02.09.  再視聴日・・2011.01.13.   

なんだかねぇ・・
あたしゃ女だけど、るり子みたいな女はゴメンやわ。(笑)
面倒くさっ!

不器用・・・といえば聞こえはいいけど、
結局は自分勝手やん??
自分が納得できないとヤダってだけじゃん!

でも、付き合い始めたばかりの気持ちとか思いだして、
そうよ、私はこんなに高原さんが好きだったんだ・・・って実感して、
やれる気がするーっ!って高原さんとこに戻って・・・
ったく、なんだよ!って話。

しかし・・・社会人である高原さんは・・・
まぁ、「助かった」っていう言い方をしちゃうわけですよ。
このまま延期なんて、みんなに何て話そうかって思ってたんだ!てへっ!みたいなね。
だよねぇ〜!私もぉ〜!ごめーん!で済ませばいいのに・・・


ひどい・・・最初に出てくる言葉がそれ・・・?ってまたもるり子が・・・
いかん!って高原さんも必死でご機嫌取ろうとするんだけど、
もう、こうなっちまったらるり子はダメです。
そんなるり子が手に負えない・・って感じで応対しちゃう高原さん。
うん、そりゃ正直な気持ちだろうよ。
もー、いい加減にしてくれよ・・ってなもんでしょうさ。
で、またもるり子、ダダダーっ!って飛び出していっちゃいました・・・

結婚は延期・・って聞いて、高原に気持ちを伝えるも、
るり子が好きなんだ・・・って断られちゃった久美子だけど、
そんなことではへこたれません!!
買い物して家に通ったり、グイグイ押してきます!!

しかし、るり子の気持ちが元に戻り、高原さんに会いに行く!ってんで、
いてもたってもいられなくて、マンションの下まで来たら・・・
るり子が飛び出していくやん??
何があったの??と部屋に行ってみると、打ちひしがれた高原さんが・・・
今なんじゃない??(BYザキヤマさん(笑))とばかりに、
服を脱ぎだし、傷ついてもいい!!と体当たり!
るり子にグッタリ&酒&「私の方があなたを愛してる!」攻撃に、高原さん、沈没・・・
久美子を抱いてまいました・・
男って、全く・・・(汗)


家に戻った久美子は・・・「高原さんと愛し合ってきた」とのたもうた。
・・・は?ですわな。
はぁ・・・・ふぅ・・・すごいことになってきましたのぉ・・


  ◇ 第回 ◇  「大切な日の出来事」  放送日・・1990.02.02.  再視聴日・・2011.01.12.   

いやぁ・・よくできた話やね。

水口の家に行ったことを聞かされた高原は、ちゃんとるり子に聞き、るり子もちゃんと話しました。
ま、これでこの件はとりあえず・・・ってことになったんだけどねぇ・・・
また起きな溝問題が・・・(汗)

高原の両親が上京していくるってんで、
新居に招待して料理作って、親に会わせて・・・とドキドキのるり子・・
ってか、そこまで結婚準備しといて、まだ高原さんの両親に会ってないのか?
おかしいやろ・・・って話。(笑)

るり子の両親だって、家を継いでほしいとか思いながら挨拶してないなんて、おかしいよぉ・・・

ま、それはさておき・・
その当日・・・ドキドキしながら新居に準備に向かうるり子のところに水口が!
古い雛人形を撮影したいという水口に友達の店を紹介して口利きしたのはるり子なんだけど、
見知らぬ男がやってきて、カギは貸せない!って言われたらしいのさ。
るり子の友達がちゃんと説明してなかったせいだけど、
前回のネガの件もあるし、借りを返すためにも・・・と出かけていくるり子。
今日はダメでしょ!と止める久美子の言葉も聞かずにね・・
行かなきゃよかったのに・・・


で、その休日のために閉店している人形屋さんに一緒に入って行ったるり子なんだけど、
エレベーターが途中で止まってしまって!
休日なんで、誰にも気づいてもらえない・・・
カギを貸してくれた喫茶店のマスターが、返しに来ないからおかしいな・・と気づいてくれるのを
待つしかない状況なんだけど・・・
なんでこんな日に・・・
大事な日なのに・・
るり子の気を紛らわそうと海の話とかする水口だけど呑気で余計にムカつくからやめて!って感じ。(笑)

約束の時間を過ぎても来ないるり子・・・
るり子の代わりに久美子が料理を作ってもてなすも、お母さんは怒って帰っちゃいました・・
久美子はるり子が水口といるって知ってて何も言わないのよね。
お姉ちゃんのために黙ってたのか?
いつもは即、言うくせに!
もし早めに言ってれば、高原は必死こいて捜してくれたかもしれないのに!!


で、言わないなら最後まで言わなきゃいいのに、
最後の最後で、「実はお姉ちゃん、水口と一緒にいる・・」なんて言うもんだから、
さすがの優しい高原も、急いで駆け付けたるり子に「ボクの妻になれるのか??」って言っちゃった・・・
まぁねぇ・・・自分はるり子の親のために最善を尽くしてる・・・って感じだもん、
同じように求めたいだろうしねぇ・・

で、かなりのマジメ気質のるり子・・・
深く深く考えて・・・結婚を延期しましょうって高原に言いだした!

はぁ??そこでそんなこと、アンタから言いだす??
売られたケンカは買いますよ、男ですから!
で、高原さんも「わかった・・」って言っちゃって、結婚延期だそうな・・・(汗)

それを聞いた久美子・・・
高原を諭すかと思いきや!「私、高原さんが好きなの・・」ときた。
おいおい、ここで告白??
何を考えてるんだか・・・
お姉ちゃんがダメなら妹に・・・ってなると思ってるの?
んなアホな!



  ◇ 第回 ◇  「結婚前のムスメが」  放送日・・1990.01.26.  再視聴日・・2011.01.12.   

きたねーなぁ〜!久美子!
恐ろしいわっ!!


ケンカしつつも結婚準備を進めていく二人。
しかし、すっかり家業を継いでくれると思いこんで喜んでたり、
勝手に自分仕様の招待状を作ったり・・・と面倒なオヤジがいまして。(笑)
高原さんもさぁ、お母さんが反対してるなら、別に継がなくてもいいんじゃない?
るり子の言うとおり、東大まで出て、こんな小さな製版所を継ぐなんて・・・
もったいないっすよ!

だいたいさ、長男の浪人生の清治はさ、本当は継ぎたいって思ってるんじゃない?
なのに、高原さん頼み・・みたいな言い方するし、
どーしようもない三流野郎呼ばわりされちゃ、そりゃ素直になれないって話ですよ!
なんでも会話はお母さんを通してしかしないし・・
そんなんだからダメなんだよ!
ちゃんと向き合って会話をしてください!!
お母さん、ちょっと甘いっすよ!
・・・ま、最後にはブチ切れてましたけど。(笑)

水口が家まで電話してきて、それをとったのが久美子・・・
どういうこと・・・?と訝しがってると、
るり子が会社で水口にぶつかってネガをダメにしてしまいクビになったって聞いて、
家まで出かけて謝った・・・なんて話を聞いて、何してるの!!って怒ってました。
そうそう、お姉ちゃんを窘めてあげなさい・・・
「知ったらショックだから、高原さんには言わない方がいい」なんて助言してくれちゃって、
ちゃんと思ってくれてるじゃん・・・

なんて、思ったのに!
酒の勢いで、「お姉ちゃんをしっかり捕まえとかないとダメだよぉ〜!
水口って男の家に行っちゃってるんだからぁ〜!」って高原にチクリやがった!
本当にお酒の勢いなら許す。
でも、あの顔は酔ってなんかないっ!!
高原さんの心に疑念の種を植えつけやがりました!

これでヒビが入るのね・・・
小さなヒビでも、それが原因で大きく溝ができちゃうかもしれないってのに・・・
たいしたヤツだぜ、久美子!!

まぁでもね・・・確かに、詫びなら電話で済むのに、わざわざ家まで行くるり子もどうかと思うけどね。
しかも、相手が自分に気があるって知って訪ねるなんて・・
危ないったらありゃしない!



  ◇ 第回 ◇  「結婚へのハードル」  放送日・・1990.01.19.  再視聴日・・2011.01.11.   

結婚準備ってねぇ・・確かにもめます。(笑)
結婚って、ほんと、面倒くせぇ〜!ってこと、たくさんなのよね。

で、ケンカになったり・・・を繰り返すわけだが・・・
るり子と高原も同じように、ケンカしちゃいました。
ちゃんと丁寧に、話しあって進めたいるり子と、
ちゃっちゃと、よかれと思って一人で進めている高原・・・
「じゃ、やめるよ!」「もう、いいの・・」のイヤな空気・・・
はぁ・・・重たいねぇ・・(汗)

でもね、そんなこんなはさ、どのカップルでも多少あるもんですよ。
そんなこんなでさ、ケンカしちゃ仲直りを繰り返し、無事に結婚できちゃうわけですよ、普通は。
しかし・・・なんと、水口が「キミに興味ある」なんて言いだして、
るり子の気持ちを揺り動かしちゃったりするもんだから、
若干面倒くさい・・・(汗)
それでもるり子が「は?」って一蹴すりゃいいんだけどね・・・・

今のところ、まだ「姉との結婚」を応援するスタンスにいる久美子。
1%の「大どんでん返し」を期待する部分もなきにしもあらず・・・な状態だけど、
でも、ま、順当に姉と高原さんは結婚するんだろうなぁ・・・って諦めもあっただろうにねぇ・・

このあと・・・さらに二人は・・・で、久美子が・・・って展開になるわけだ。
ちょっとのタイミングのズレとかさ、そんなのも関係してくるんだろうけど、
ちょいと言わせてもらえれば、
結婚なんて、妥協と諦め、忍耐と思いやりがないとアカンのですわ。
このまま無事に結婚していただきたいですが、
そうはならないので・・・
ご愁傷さま・・・ですな。(汗)


  ◇ 第回 ◇  「結婚と家族」  放送日・・1990.01.12.  再視聴日・・2011.01.11.     

なんで今頃このドラマの再放送??と思ったら、
もうすぐ始まる「冬のサクラ」に今井美樹さんが出るからなのか。
途中にちょこちょこ入る番宣が、若干うっとーしい・・(汗)

それにしても・・・古いドラマだ・・・(笑)
なんか、化粧とか衣装とか、バブルの匂いプンプンするし!
そうよねぇ、このころはそんな時代だったよねぇ・・なんて、しみじみしつつ・・・

このドラマは、何が衝撃って、のちの展開ですが、姉妹です!!
特に妹!
松下由樹ちゃん、マジで嫌いになりそうでしたもん!(笑)

ほんと辛くてねぇ・・・
るり子は悪くないのに・・
高原さんのバカ!!なんて、本気で怒ってました。(笑)

でも、初回を見て、ありり?そうだったんだ・・って思いました。
だって・・
高原さんと婚約して、8000万の新居をポン!と(35年ローンで)買ってくれたり、
父の製版所を「将来継いでもいいよ・・」とか言ってくれる幸せな結婚が間近だってのに・・・
他の男に目移りしちゃったのは、るり子だったんだもん!!

同僚の結婚式に「海にビンを捨てたのは誰だ!」と乗り込んできた水中カメラマンの水口に
最初は最悪の印象を持っていたのに、
何度か偶然に出会い、なんだか気になり始めてるんだもんよ・・・
ダメダメ、そんな素敵な婚約者がいるのに!
条件でも、愛情表現でも、文句ないでしょうよ、高原さんは!
アンタが揺れさえしなければ・・・
あんなことにはならないのにねぇ・・・(涙)


で、「あんなこと」の張本人、妹の久美子ですけど・・
初回から「高原さん好き好きビーム」、出しまくりですね!
これでどっちも気づいてないとは・・
当人同士以外は目に入らない状況かもしれないけど、
もっと早くに気づいて釘をさしてれば・・・
あんなことにはならなかったかもしれないのに・・・

とまぁ、何も知らない人には、「あんなことって何やねん!」って話でしょうけど、
ご存知の方たちにはうんうんとうなづいていただけると思います!(笑)
そんな、「あんなこと」見たさに、いや・・・見たいような、見たくないような・・(汗)
ぶっ続けで一週間、見させていただきやすぞ!!



◆ Story ◆

OLの沢村るり子(今井美樹)は、一流商社マン・高原直也(石田純一)と婚約し、幸せな日々を送っていた。るり子は社内でも指折りの美女、高原は東大卒の超エリートで、ふたりは誰もが羨むほどのカップルだった。結婚式を間近に控えたある日、るり子は友人の結婚披露パーティーで水中カメラマン・水口浩二(財津和夫)と知り合う。浩二は、客の一人が酔った勢いでシャンパンのビンを海に投げ捨てたことに腹を立て、パーティーをぶち壊わしてしまった。その後るり子は水口と偶然の再会を果たす。ただひたすら東京湾を愛し、自分の仕事に没頭する水口に男性的魅力を感じ、やがて強く惹かれていく…。


4・7・9