警部補 古畑任三郎

□ 放送・・・フジテレビ  水曜9時   1994/4/13〜6/29   全12話    平均視聴率・・・14.2%  
□ 脚本・・三谷幸喜   □ 演出・・・星護ほか  □ P・・・関口静夫ほか
サウンドトラック
古畑任三郎 オリジナル・サウンドトラック・ベスト
DVD-BOX
警部補 古畑任三郎 1st DVD-BOX
◆ キャスト ◆
古畑任三郎
今泉慎太郎

田村正和
西村雅彦

警部補
古畑の部下
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇  「殺しのファックス」  放送日・・1994.05.04.  再視聴日・・2011.05.01.   
第4話ゲスト ・・・ 幡随院大(笑福亭鶴瓶) 

今はどうだかわかりませんが、この当時の鶴瓶の演技は・・・最悪でしたね。(汗)
下手やわぁ・・・。
演出もあるかもしれんけど、最後のえぇ〜!の三段オチの顔・・・
マジメにやっとんのか?って感じでした。
うーむ・・・

それに、誘拐事件に携帯電話・・・って、その携帯を全然使わない犯人っておかしいでしょ?って、
そっちをつっこんでほしいわよ、古畑さん。
確かにいろいろと「ここがおかしい」って話をしてたけど、
改行とか「。」の置き方とか、作家が犯人かもね・・・ってのも、
そこはそんなに気にならないけど・・?って感じだし。

まぁ、最後に「黒コート」を「白スーツ」に着換えさせた今泉くん・・ってのはおもしろかったけどね。
印象としては・・・あんまり面白くない話でございました。


  ◇ 第話 ◇  「笑える死体」  放送日・・1994.04.27.  再視聴日・・2011.04.20.   
第3話ゲスト ・・・ 笹山アリ(古手川祐子)  田代慎吾(羽場裕一)

他に女がいる、昔患者だった男と付き合ってる精神科医アリ・・・
その男を殺すため、わざと外から侵入するように仕向け、
強盗だと思って殺しちゃった、正当防衛です!っていう事件・・・。

でもねぇ・・・確かに、ベランダで靴を脱いで入る強盗ってのもねぇ・・・(汗)
で、驚かすためにかぶったストッキングを脱ごうとしてる田代を殺しちゃったアリ。
なので、顔が上に引っ張られる形になってて、古畑は疑問を持つ・・
脱ごうとしてたのでは・・・?ってね。

それに、オーブンの中に入ってたローストチキンの存在を知らなかったアリ。
自分で作ったのではないだろうに、ウソをウソでかためていく・・・
怪しすぎます!
墓穴、掘りまくりっす。(汗)


結局、「正当防衛」っていう壁を崩すためにアリの家にお邪魔することにした古畑。
最終的に、もうひとつ田代が仕掛けていたくす玉の存在でとどめをさせたわけだけど・・・

でもさ、どこまでも「知らなかった」で通そうと思えばできたんじゃない?
過去の患者が、優しく話を聞いてくれた精神科医に一方的に恋してて、
勝手に入り込んだ・・・って設定もありじゃない?
好きな人の部屋だから汚したくない・・・だから靴を脱いだ。
アリの誕生日を祝いたくて料理を作って待ってた、だからタバコの吸殻があった、仕掛けがあった。
驚かそうと思ってたので、ストッキングを脱いで顔を見せようとした・・・
でも、私は知らなかった、勝手に思いを寄せられていたのね・・・・でイケたんじゃない??

あ・・・ローストチキンでウソついちゃったからなぁ・・
あの時点でその方向に路線を変更してれば、イケたのにねぇ・・
惜しい・・・どっちの味方してるんだ、私。(笑)



  ◇ 第話 ◇  「動く死体」  放送日・・1994.04.20.  再視聴日・・2011.04.12.   
第2話ゲスト ・・・ 中村右近(堺正章)

やっぱりほぼ完ぺきに覚えてるなぁ、展開もオチも・・・。(汗)
ひき逃げをした右近は、目撃してた警備員にお金を渡して口止めしたんだけど、
やっぱ警察に言う!って言われて殺しちゃうのよね。
で、いろいろと工作して、帰ろうとしたら・・・駆け付けていた古畑に出会っちゃって・・ってわけよ。
っと、古畑に出会わなければねぇ・・・って感じだけど、
でも、死亡時間は誤魔化せないでしょうよ。
それに、落ちて打った怪我かどうかもあとでバレるだろうに。(汗)


出会った右近が「どこから落ちて死んだのか?」と聞いたせいで、
古畑は右近が・・・と最初に思います。
で、いろいろと仕掛けて右近を揺さぶる・・・
思い通りに引っかかっちゃう右近・・・
だけど、決定的な証拠がない・・
そのとき、「せり」を修理に来た裏方さんに、「右近さんに言われたから・・」と聞きピン!とくる・・。

そうなんだよね、上がりっ放しのせり・・・下ろし方を知らないのは、乗ってる人・・・
うん、なかなかいい目の付けどころよね!
だからって、それも状況証拠では・・?って気もするが。
ま、最後のひっかけにも見事に引っかかってくれて、
自白してくれたからいいか!(笑)

最後の最後、殺しをした後、コンビニに行ってお茶漬けセットを買ってきた理由がわからなかったけど、
なるほど、次の舞台の役が、殺人後に茶漬けを食べる人物で、
その人の気持ちを味わいたかったから・・・・ってものだったのよ!
最低だよねぇ〜!

笑ってる場合じゃないっつの!


  ◇ 第話 ◇  「死者からの伝言」  放送日・・1994.04.13.  再視聴日・・2011.04.06.   
第1話ゲスト ・・・ 小石川ちなみ (中森明菜)

何度見ても面白いドラマです。
BSで再放送が始まったので、週一話、のんびり更新していきたいと思います。

古畑任三郎の最初の事件・・・
なかなか凝ってますよね!
放送当時、私も冷蔵庫の卵を躊躇なく使うちなみに、「こらこら、それ大丈夫か?」と
ツッコンだ記憶があります。(笑)

そこでおやおや・・・?と思う古畑・・。
でも、もっと前からおやおや・・って思ってたのかもね。
このドラマも後半になると、「いつから私が犯人って気づいてたの・・?」って聞くシーンがよく見られますが、
今回はそのくだりはなかったですね。

密室で死亡していた男・・・
犯人を知っていたその被害者は、犯人が自分を最初に発見するとわかってた・・・
だから、ダイイングメッセージを残したいけど、残せない状況だった・・ってことを伝えたかった・・なんて、
なんか、「もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶対!」なマッキーに通じるところがあるような・・・?(笑)
まどろっこしいっつーか、わかりにくすぎっつーか。

そこに気づくとは、さすが古畑です!!

「自分の部屋で泣いてきてもいいですか・・?」と上にあがっていったちなみ。
「ついててあげてください・・」と犬の万五郎に素敵セリフをつぶやいていた古畑だけど・・・
そこで自殺したらどないすんねーん!と思っちゃいました。
ま、後々またこのちなみは出てくるんで、死にはしないですけど・・。(笑)

やっぱ、いいですな、古畑任三郎!
また戻ってこないかなぁ・・・
田村正和さん、もうやりたくないかなぁ・・・?




4・7・9