放送・・・ フジ    水曜9時    1994/7/6〜9/21    全12話
 視聴・・・ 録画DVD   平均視聴率・・・20.5%
 脚本・・・ 両沢和幸 戸田山雅司     演出・・・若松節朗 本広克行ほか    P・・・塩沢浩二 
 主題歌・・ 「OVER THE TROUBLE」 織田裕二
主題歌収録
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
萩原健太郎 織田裕二 町工場勤務
萩原祐介 富田樹央 健太郎の弟 小学5年生
萩原祐介 森廉 健太郎の弟 小学2年生
神田美智子 財前直見 健太郎の幼馴染 ユニバーサル・ビルサービス勤務
神田慎吾 松崎しげる 美智子の兄
徳川家安 梶原善 ユニバーサル・ビルサービス主任
白石浩一 金田明夫 ユニバーサル・インシュアランス第一営業部 社員
吉村修平 田口浩正 ユニバーサル・インシュアランス第一営業部 社員
相沢正人 井ノ原快彦 ユニバーサル・インシュアランス第一営業部 社員
山岸京子 芳本美代子 ユニバーサル・インシュアランス第一営業部 社員
上野格次 今井雅之 借金取り
田端大助 高杉亘 借金取り
氷室浩介 石橋凌 ユニバーサル・インシュアランス日本支社社長
柏木麗子 高樹沙耶 ユニバーサル・インシュアランス第一営業部長
大沢一郎 東幹久 ユニバーサル・インシュアランス第一営業部長秘書
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「やっぱり、ない!」   最終回   放送・・1994.09.21   再視聴・・2018.01.10.  

いろいろ、ありえねーっ!って気もするけど・・・
ドタバタ最終回でした!

氷室が手をまわして釈放となった健太郎、
本当に悪いことをしてないか?と氷室を問いただす健太郎だけど、
氷室は「やってない」っていうわけ。
だけど、疑惑は払しょくできない・・・
氷室の留守中、麗子の手を借りて証拠を見つけようとするんだけど・・・

パスワードの単純さに愕然よ。(汗)
大丈夫かね、この社長・・・

で、見つけた事実を帰国した氷室に突きつける健太郎ですが。。。
どんな手を使ってものし上がり、金を手に入れる!
それが間違ってるとは思ってない氷室に、
何かを手に入れるために何かを捨てるなんてこと、オレにはできないと言い切り、
自首するように促すんだけど・・・
捕まっちゃったみたいですな。

そのころ・・・大沢と美智子の結婚式直前でした!
いや、ほぼ結婚式の最中・・・いや、クライマックスのとき・・・・だよね。
指輪の交換の直前、駆け込んできたました!
・・・ってか、郵便配達のバイクを借りパクしちゃいかんだろ!(笑)
そして・・・「待った!美智子、好きだ!」・・・
おいおい、大沢ちゃんの立場よ・・・(涙)

一年後・・・・大沢ちゃんのそばには山岸がいました・・
良かったよ、一人ぼっちの淋しい人生じゃなくて。(涙)
健太郎たちはあのボロ家に戻り、
でも、生活は潤ってるみたいでしたね。
美智子にプロポーズし・・・何とも幸せそうな二人・・・
そして健太郎は、株式会社「ハギワラ」を立ち上げたみたいです。
何の会社かしらんけど・・・
不起訴となった氷室は、「オレのところまで登ってこい」とつぶやいておりましたね・・・
かなり時間がかかりそうだけど・・・(笑)

マイケル・J・フォックスの「摩天楼はバラ色に」が大好きで、
それに似た雰囲気のあるドラマでしたよね。
何度見ても楽しめました!




  ◇ 第話 ◇   「お金がある!」    放送・・1994.09.14   再視聴・・2018.01.10.    

一年後・・・立派になって帰ってきました、健太郎!
・・・立派にっていうか、かなり感じ悪いですけど。(汗)

アメリカ本社乗っ取った氷室。
片腕として認められていた健太郎の凱旋・・ってわけです。
健太郎は営業部を統括する本部長として戻ってきまして、
白石たちは反感を持つんだけども・・・

氷室とともに政府筋との仕事も手掛けることになった健太郎、
しかし、氷室は賄賂を渡していて・・・・
何も知らない健太郎は、まっすぐに真っ当に仕事をして実績を積んだと思ってるみたいだけど、
この男、いろいろ陰でやってるみたいねぇ・・・
まさか、全部健太郎に押し付ける気か!!!

豪華マンションで暮らすことになったユースケたち。
でも、楽しいのは最初だけで、つまんなくなっちゃうのよね。
大好きな兄ちゃんはちっとも帰ってこない、
前の方が楽しかった・・・と、あのボロ家に逃げ込んだりして・・・
まぁねぇ・・・お兄ちゃん、変わりすぎてるからなぁ・・・・(涙)

美智子は大沢との結婚話が進んでまして・・・
健太郎が帰ってこなかったら、すんなり結婚してたかもしれないけど、
なんかきな臭くなってきましたよ・・・?
張り切る大沢ちゃんが痛々しいのは気のせいか・・・(汗)

そして最後は・・・検察に贈賄罪で捕まっちゃった健太郎!
わちゃー!!どうなる・・・?

そうそう、前々回服役した借金取り・上野たちが出所してきましたね。
でも、前の仕事には戻らない!と上野は決めてて、
お金がなくてフラフラ状態のとき、健太郎と出くわします。
金を渡し、今後はオレを見かけても知らないふりをしてくれと頼む・・
変わっちまったなー!ってなもんで・・・
お金がある=幸せ・・・なのか?っていうラス前の回でした・・・。



  ◇ 第話 ◇   「時間がない!」    放送・・1994.09.07   再視聴・・2018.01.09.    

大沢は仕事を辞めて再就職先を探すも、
すぐに雇ってもらえそうな会社はいくつかあっても、
今と何も変わらない・・・ってことに悩むのよ。
で・・・決断した仕事は・・・肉体労働!!
極端やなーっ!!

健太郎は・・・ってーと、仕事は超順調!
社長にも認められ、なんとアメリカ行きの打診が!
借金は1000万やるから片付けろ、
弟たちの養育費として500万出すから、誰かに預けろ・・・
そういわれた健太郎の下した決断は・・・
「一緒に行かせてください!」でした。

弟たちを育てるのも大事だけど、
自分のやりたい仕事に目覚めちゃってるので、
この機会を逃したくない!ってわけです。
美智子は納得いかないんだけど、弟たちは兄の決断に背中を押してくれました・・

そして旅立っていった健太郎・・・
さぁ、どうなって帰ってくるでしょうか??
そして大沢のプロポーズを受けた美智子・・
それでいいんかい?
大沢ちゃんをぬか喜びさせないでおくれよー!!




  ◇ 第話 ◇   「義理も人情もない!」    放送・・1994.08.31   再視聴・・2018.01.09.    

大沢ちゃんが一人で掴んだ仕事は・・・やっぱり保険金詐欺でした。(涙)
偽物ばかり入れた倉庫を放火で燃やし、
保険金2000万を手に入れようとしてたのよね。
そして、すぐに支払われるように内部で健太郎に動いてもらう・・・
その代わり、借金をチャラにしてやる・・って計画まで・・・
ひどい・・・(涙)

契約直後の火事・・・ってことで、すぐに詐欺だってみんな気づくんだけど、
この社長が借金取りたちを連れて会社に乗り込んできて!
ほぼほぼ脅しをかけてくるんだけど、麗子はひるまない・・・
何とかしなくちゃ・・・と焦る大沢。
何とかしてあげないと・・・と考える健太郎。
そして健太郎が考え出した策は・・・

たくさん見た仁侠映画を参考に・・・「ボクの指を肩代わりに」でした。
おいおい、その指になんの価値があるんだい!ってなもんですが、
社員が入ってる保険から計算すると、小指の第二関節から切れると
ちょうど2000万支払われるらしい・・・
なんちゅー提案をしてくるんだ!!

見かねた借金取り・上野が健太郎を連れ出す。
失うものがあるやつは、そんなことしちゃいかん!と恫喝しながらも、
心ある言葉だったなぁ・・・
で、翌日・・・この上野と田端の借金取りコンビ、自首してました・・・
このことが落ち着くように、自分の身を切ってくれたのね・・・ 
なのに健太郎ったら、「犯人だったんかい」とアッサリ。
ちゃうちゃう、アンタをこれ以上巻き込まないように動いてくれたんだよ・・・
ったく・・・


そして・・・大沢、決意して退職願を提出!
辞めることはない・・・と考える健太郎だけど、
このままではいけない!って自分で考えたみたいね。
独り立ちして、美智子さんを迎えに行く!そのときは結婚してください!・・・ですと。
うん、ガンバレ!!
・・・こうなると・・・健太郎も穏やかではいられない・・・かな?



  ◇ 第話 ◇   「血も涙もない!」    放送・・1994.08.24   再視聴・・2018.01.05.    

ヒロシの病院の外に氷室が!!
弟のために仕事を放り出さないようなヤツなら契約しなかったと
城之内会長が言ってくれたらしく、そのことを伝えにきてくれたみたい・・・
野心マンマンのこの社長・・・
健太郎の運が気になってしかたないみたいね・・・


麗子と健太郎を組ませると決めた氷室。
大沢は放り出されて、新規開拓の営業の仕事をすることになっちゃうんだけど・・・・
未だ交渉が苦手の大沢ちゃん・・・
不憫でならんよ・・・
でも、何とか頑張ってやっと見つけた洋服の会社の仕事!
やった!って喜んでたけど・・・
どうやら、借金取りの親玉みたい!
・・・騙されちゃうのかい、大沢ちゃん・・・(涙)

麗子とともに契約更新の仕事に向かった健太郎は、
女相手に仕事できるか!という部長を見ちゃうのさ。
軽く受け流しながらも傷ついてる麗子・・・
そんな麗子に追い打ちをかけるように、美智子が「社長の女だから出世したくせに!」って言っちゃって、
はぁ・・・この時代、女性が出世していくってのは大変だったからなぁ・・・
なんか、可哀想に見えてきたよ、この人も・・・

女嫌いの部長から麗子に連絡が・・
更新してもいい、ホテルで話をしよう・・・って誘いを受ける麗子。
こんなことは何度もあると言って出かけちゃうのよ。
健太郎は氷室に直談判、いいんですか?止めてください!!ってね。
でも、ビジネスとプライベートは分けてるという氷室。
しかも、こんなことで契約を逃すような女だったら付き合ってないとまで!
冷酷すぎる・・・(涙)

健太郎は一人でホテルに乗り込み・・・
大立ち回りで契約破棄になっちまった・・・
でも、麗子はなんだかうれしそうだったね・・
ビジネスマンとしては失格でも、男としては氷室より上・・・ってね。


さぁ、お次はどんな展開でしょうかね。



  ◇ 第話 ◇   「勇気もない!」    放送・・1994.08.17   再視聴・・2018.01.05.     

ユースケの怪我はたいしたことなかったものの、
反省した健太郎は、「今日は焼き肉だ!」って弟たちと約束するわけ。
・・・契約が済んだだけでもないのに・・・
ちゃんと帰ってこられるのか・・・?と思ったら・・・
案の定だよ。
城之内会長との仕事が長引き、雨の中待ち続ける二人・・・
風邪ひいちゃうよ・・・(涙)

無事に仕事を終えて帰った健太郎。
弟たちは「倍返しだよ!」と、時代を先取りのセリフで許してくれました。(笑)
仕事は順調・・
城之内会長から身内だけの会食に呼ばれるという状況へ!
氷室社長と二人で向かうことになるんだけど・・・
テーブルマナーなんて知らない健太郎は、大沢や山岸の協力でなんとか習得、
足りない部分は無線で大沢が外から指示・・・っていう手段に出て、
いざ、出陣!!となったわけだけど・・・

なんかさ、大沢も必死で頑張ってるのに・・・
全然報われてないよねぇ・・・(涙)

かなり可哀想なんですけど・・・

そして、ヒロシの具合が悪化・・・
ユースケから、「病院は金がかかる」と聞かされていたので、
具合が悪くても言えなかったのね・・・
美智子に会いに来てた借金取りたちに送ってもらって病院へ・・・
怒り爆発の美智子は、会食の場へと乗り込んでくるんだけど・・・

その場は美智子が連れ出されて終わったんだけど、
大沢の無線を使ってヒロシの状況を聞かされた健太郎は・・・
会食を途中でぶっちぎっちゃいました・・・
「萩原!これがどういうことか、わかってるのか・・・?」と氷室に恐ろしい顔で言われてたけど・・・
何かを手に入れるためには何かを捨てる・・・そんな対象じゃないんだよね、弟たちは。
そりゃこの場が大事なことはわかってる。
だけど弟たちを守るために生きてきたんだ・・・
ここは、戻るしかなかったんだよね・・・

はぁ・・・・城之内会長が呆れて契約破棄!とかにならないといいけど・・・
気のいい爺さんっぽかったからなぁ・・・
どうにかならんかなぁ・・・



  ◇ 第話 ◇   「愛情もない!」    放送・・1994.08.10   再視聴・・2018.01.05.    

ユースケ・・・兄ちゃんに知られたくなくて美智子の兄の店に戻ってきました・・
ヒロシは二人の兄が戻ってこなくてお腹すかして来てるし、
ほんと、この店がなかったら、美智子たちがいなかったらどうなってたか・・・

そのころ健太郎は、営業の仕事を任せられて浮かれてます。
会社の経費で豪華な食事やクラブとかにも行けて、
こりゃ最高だー!!って大沢と楽しんでやがる・・・
ユースケは、自分をバカにした同級生たちとケンカしたりしてて、
見かねた美智子がゲームボーイを買ってあげてたんだけど・・・

そもそもさ、「お金がなかったら食い逃げすりゃいい」っていう教えをしてるから、
「欲しかったら盗めばいい」っていうことになるわけで、
そこが問題だと思うわけよ。

欲しがるから買い与える・・・ではダメだと思うよ、美智子さん。(汗)
そして、健太郎ーっ!!しっかりしろーっ!!

健太郎と大沢は、大きな会社の保険を他社から奪ってこいと言われ、
釣り好きの社長に何とかお近づきになろうと必死。
釣りで勝ったら見積り書を見てください!って提案をして、
見事に大物を釣り上げた健太郎。
運はあるみたいね・・
で、意気揚々と見積り書を持って行ったものの・・・
奥さんの関係でやっぱり他社の保険を切ることはできなかったみたいで、
あえなく撃沈・・・

でも、ずっとそばで釣りをしてた爺さんが、うちの保険をお願いしようかな?って言い出して、
小さな仕事ですけど、取れそうです・・・って会社に戻ってくるわけ。
すると・・・その爺さん、規模がデカイ会社の会長さんで!
氷室社長も「すぐに連絡を取れ!」って言ってくれて・・・

やったー!!!だったんだけど・・・
そのとき、ユースケが、ケンカ相手の同級生の兄にボコられてまして・・・
病院に行ってたのよね。
契約が大事!と美智子に任せてしまった健太郎・・・・
ご立腹の美智子が会社にやってきた!
わちゃちゃ・・・(汗)

まぁね、嫁でもないのに、頼りすぎだし、
ちょっと弟たちを顧みなさすぎだしね・・・
仕事が楽しいのはわかるけど、責任をちゃんと果たさないと・・・・だぞ!



  ◇ 第話 ◇   「希望もない!!」    放送・・1994.08.03   再視聴・・2018.01.05.   

麗子から数字がめちゃくちゃ!仕事を改めるべき・・って言われちゃうのよね。
そりゃそうだ、書き換えられてるんだもん・・・(涙)
何とかならないか?とすがってみるも・・・
それに、自分が書いたノートを必死に検証してみても、
どこがおかしいのか、さっぱりわからないわけよね・・・

踏んだり蹴ったりは住み家にも・・・
借金取りたちが美智子の兄の店に入り浸るようになって、
客が入らなくなっちゃう・・って困っちゃうわけよ。
そんな中、美智子が借金取り相手に暴れるわ泣き出すわ・・・
実は、美智子たちの父は地上げ屋に追いつめられて自殺してたのよね。
だから、あんな風に暴れて金を奪おうとする人間を見ると
平静ではいられなくなるわけよ・・・
だから、兄ちゃんは「出て行ってくれ・・」って断腸の思いで告げるの。
健太郎は、出ていくとしか言いようがない・・・

新しい住み家を探して不動産屋にいくと、
紹介されたのは、もと住んでたあのボロ家!
やっぱ、ここに戻ってきちゃうわけだ・・・(涙)

そして、見積り書・・・
あることに気づいた!
健太郎は「ゼロ」を「0」ではなく、「o」、そう、英語の「オー」を打ってたの!
自分はそれが正しいと思ってそれで打っていた・・・
なのに、提出した見積り書の数字は、ところどころ、正確な「0(ゼロ)」で打たれている・・
誰かが改ざんした証拠だ!!
証人がいないか・・?って探すと、清掃会社の徳川さんが見たって言ってくれて!!

麗子の前に、この事実と・・・白石さんを連れて行った健太郎。
そう、あの日改ざんしてたのは、白石だったのさ・・・
しかも徳川さん、もとはユニバーサル・インシュランスの部長だった人みたいで!
麗子も頭が上がらないみたい!!
この徳川さんの証言が認められて、やったー!!なんだけど・・

誰がやったは別にして、この見積書を確認せずに私に提出したあなたが悪いという麗子。
・・・はぁ・・・ごもっともすぎる。
これが直接客にわたってたら・・・考えると恐ろしいもんね!

でも、麗子は、この萩原健太郎という男を見込んでいる人物が多いことを認め、
次から営業に行きなさいって言ってくれました!

やったー!!光が見えてきた!!
明るい・・・と思ったのに・・・
友だちと遊ぶため、なんとユースケがゲームボーイを盗んだ!
店のショーウィンドウのガラスを割って・・・
なんてこってい・・・
警察に捕まっちゃったよ・・・(涙)



  ◇ 第話 ◇   「運もない!」    放送・・1994.07.27   再視聴・・2018.01.04.     

女社長は、デパートでの非を認めてくれたんだけど、
あの日は自分は客として来ていた、あなたも客相手に失礼だったんじゃ?って言われて・・・
ぐーの音も出ないっていうね。(汗)

はぁ・・・クビだ・・・って覚悟したものの、
社長も女社長もあの男を認めてる部分がある・・・ってことを知った麗子は、
健太郎に営業の仕事を任せてみることにするわけ。
興行に対する損害保険・・・
何も知らない健太郎に、大沢は懇切丁寧に教えてくれるのさ・・・
・・・美智子とお近づきになりたいって思いもアリ・・・だけどね。(笑)

何とか頑張って書き上げた保険の見積り!
PCに保存はしたものの・・・印刷は明日でいいか!と帰っちゃった健太郎・・・
夜中、誰かが書き換えてましたよ・・・?
はぁ・・・詰めが甘いんだよ・・・

でも、清掃会社の徳川さんが見回りでその人物を見てましたよね?
証人だわ!
・・・で、誰がやったんだったっけか・・・?

見積り書のファイルを意気揚々と麗子に渡した健太郎。
今日は給料日!焼き肉だーいっ!!と浮かれておりますが・・・
見積り書を見た麗子は・・・やっぱり見込み違いじゃん!・・・ですと。(涙)
社長もご立腹みたい・・・?
はぁ・・・どうなるんだろうね・・

お金を見せびらかしながらの焼き肉。
おいしかったね!っていうときに。。。隣から借金取りが。(涙)
全額持っていかれましたよ・・・・
そりゃそうだろうよ、今月分だもの・・・。
はぁ・・でも、少しは残してくれても・・・
ほら、またやっちまったよ、食い逃げ!
っていうか、食い逃げやった店によくまた行けるよね、コイツら??(滝汗)



  ◇ 第話 ◇   「プライドもない!」    放送・・1994.07.20   再視聴・・2018.01.04.   

社長の一声で営業勤務になった健太郎。
でも、麗子は納得してないため、部下に「仕事をさせるな」と命じます。
で・・・雑用仕事ばかりになるんだけど・・・

でもさ、麗子の言い分もごもっともなわけで・・・
「ウチが何を売ってるかわかってるの?知りもしないで何を売るの?
雑用仕事から完璧にできるようになりなさい、話はそれから」
うむ、正論ですよね。


で、コピー仕事に追われるんだけど・・・
まぁ・・・天性の不器用っていうか・・・
あんだけのコピー機、どうやった壊せるんだ?っていう・・・(汗)
営業部員にコキ使われて、不満タラタラ状態でございます・・

残業で用紙をシュレッダーにかけてたら、
ネクタイごと持ってかれちゃって!
危うく死にかけたわい!恐ろしいわ・・・(汗)
で、すんごく短くなっちゃったネクタイを見て、
弟たちは兄ちゃんにネクタイを買ってあげよう!って
ブタを貯金箱を割ってお金を集めてデパートに行くんだけど・・・
ねぇ、いちいち割らないとダメ??
底にちゃんと取り出し口があるよ?

「また買ってやるから」ってユースケがヒロシに言ってたけど、
いやいや、買わずに済むってば、割らなければ・・・(汗)

そのころ兄ちゃん、会社にやってきたデパートの女社長にお茶を出してました。
しかし、お茶の入れ方なんて知らないから、不作法だしマズイし・・・
んでもって、弟たちがそのデパートでひどい目にあった・・ってのを聞いて、
見返してやる!とお茶入れの特訓をしたわけです。

女社長の来訪を待ち、満を持してお茶を出して・・・
「言いたいことがある」と思いをぶちまけました。
弟たちが一円玉で払おうとしたら、受け取ってもらえなかった、
コレはお金じゃないの?と弟たちに聞かれた、どう答えればよかったんですか・・?ってね。
・・・ってか、総額1000円ちょっとでデパートでネクタイを買おうとすること自体、
間違ってるっていうかね・・・(汗)

今なら100均で買えるんだけどね・・・

女社長はお茶を一飲みし、帰っていきました・・・
あぁ・・・怒らせてしまった・・・どうするの!と麗子に叱責されていると・・・
女社長から健太郎宛てに電話が!!
どうなっちゃうんでしょーっ!!



  ◇ 第話 ◇   「仕事もない!」    放送・・1994.07.13   再視聴・・2018.01.04.    

柏木麗子を前に、やっぱり書類をネタに雇ってくれと頼む健太郎。
それはもう必要なくなったわ!とけんもほろろ・・・(涙)
はぁ・・・頼みの綱を失っちゃった健太郎だけど・・・

麗子の勘に障ったのねぇ・・・
健太郎が勤める清掃会社に「この男をクビにして!」と越権行為!
給料4か月分をもらって・・・解雇されちゃったのさ・・・

でも、あまりの大金に浮かれちゃう健太郎、
焼き肉だ!!ってユースケに電話していたら・・・借金取りに見つかって
全額没収されちまった・・・(涙)
鬼やなぁ、この借金取り・・・
ってか、領収書を頂かないと・・・だぞ?(汗)

自分の書類を見つけてもらったのに・・・と詫びを入れに来た大沢。
じゃ、焼き肉おごってくれ!!とガッツリたかる健太郎一家。(笑)
すると、酒に酔った大沢は、交渉が苦手なんだよ・・・とか、
何とか麗子を見返したい!って話すわけよ、
オレが手を貸してやる!!と健太郎は会社に忍び込み、
佐々木建設の保険契約解約の案件を何とかしようと動き出す・・

田舎出身の社長をご当地料理でもてなし、
なぜ解約に至ったか・・を聞き出し、
担当だった社員が、佐々木建設の宴会で素っ気ない態度をとってたことが発覚。
まぁ・・・今のご時世だと、宴会芸を押し付ける・・・パワハラ!とか言われそうな話だけど、
この当時は浮かれた時代だったから、
酒の席で冷めた態度はNGだっただろうねぇ・・・

体を張って宴会芸をする二人。
その行動に心打たれ、佐々木社長は契約続行してくれることになり、
ユニバーサルの社長・氷室に直接電話してきてくれたのさ。
「面白い社員だね、萩原健太郎って男は・・・」といわれ、
そんな社員はいないと知る・・・

わちゃぁ・・・・こりゃ大沢も大目玉だぞ・・・?と思ったら!
さすがアメリカ帰りの氷室さん。
健太郎を呼び出して・・・雇ってくれたみたい!!
「君の望んでいた優秀な部下だ」と麗子に紹介・・・
気に食わなくて他社の社員である健太郎を解雇した麗子だよ・・・?
どんな扱い受けることになるやら・・・
先が思いやられます・・(涙)

あ、退職金返せとか、言わないでね!
もう無いんだから・・・(涙)



  ◇ 第話 ◇   「ブタの貯金箱」    放送・・1994.07.06   再視聴・・2017.12.28.    

重たい話に疲れたので・・今度はとびきり明るい話を!!(笑)
懐かしいなぁ・・・
このドラマ、何回見ただろ・・・ってくらい、再放送も何度も見ました!
でも、最近は全然ないので・・・とっても久しぶりな感じ!
堪能しようっと!

94年放送だもんねぇ・・・みんな、若いわ!
亡き父の借金を返しながら、幼い弟二人を育ててる健太郎。
川の上に浮かぶボロボロの家に三人で暮らしつつ、
貧しいながらも明るく・・・だったのが、勤めてた会社が倒産して大ピンチ!
給料日だから焼き肉を食いに行こうぜ!と弟たちと約束してたのに・・・(涙)
で・・・行かなきゃいいのに、行って・・・食い逃げっす。(汗)
ダメっしょ!食い逃げは!!
今だったらコンプライアンスで絶対無理な話です!(笑)


しかし更なるピンチが・・
家賃滞納で家を出て行けと大家さんに・・・
なんと、上の弟・祐介くんに家事一切を任せていた健太郎は、
お金が足りずに家賃を振り込んでなかったことを知らなかったのね・・
なんとかやりくりして生活してた祐介を想うと・・・泣けてくるぜ・・

幼馴染の美智子の紹介で、あるビルの清掃の仕事を始める健太郎。
そこに入ってる保険会社は、平均年収5000万!!
えーっ!時代だよねぇ・・・バブルだよねぇ・・・5000万って・・・(汗)


その保険会社の掃除中、女性の鬼上司・柏木に怒られてる男性を発見。
この大沢って男、大事な書類を無くしてしまったらしい・・・
探してくれって頼まれた健太郎は、トイレでそれを発見するんだけど・・
なんであんなとこに??
誰かに隠されたのか??(汗)

この生活苦を何とかしなくちゃ・・・と、健太郎は、下の弟・浩がお金を貯めてた
ブタの貯金箱を壊してお金をかき集め、
質入れしていたスーツを買い戻し、それを着て大沢に会って、
「女上司に会わせてくれ」って頼んだみたいです・・・
スーツを着たからとて、雇ってもらえるとは思えないんだけど!
ってか、弟のお金を奪ってまで・・
泣けてくるぜ・・・(涙)


やっぱ、テンポもいいし、不幸だけど明るいので見ていて楽しいです。
気楽に見てみようっと!




★ STORY ★ 亡くなった両親の借金と幼い弟二人をかかえた究極の貧困男が繰り広げる、不景気をブッとばすサクセスストーリー・コメディ!