理想の結婚 
 放送・・・ TBS  金曜9時    1997/01/17〜03/21   全10話
 視聴・・・ CS TBSチャンネル   平均視聴率・・・19.7%
 脚本・・青柳祐美子    演出・・土井裕泰ほか    P・・貴島誠一郎
 主題歌・・ 「君に逢いたくなったら・・・」 ZARD
主題歌収録
ZARD Request Best-beautiful memory-(DVD付)
DVD-BOX
理想の結婚 [DVD]
◆ 出演者 ◆
山田鞠 常盤貴子 ファミレスでバイト中
大滝勉 竹野内豊 東大出の商社マン
大滝恵 榎本加奈子 勉の妹 高校生
山田真 渡辺慶 鞠の弟 2浪中
山田鉄雄 石井光三 鞠の父
山田さくら 中村玉緒 鞠の母
大滝巴美 野際陽子 勉の母
大滝一国 伊東四朗 勉の父
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「ついに結婚式 」   放送・・1997.03.21.  再視聴・・2012.01.18.       

ありえないよねぇ・・・このハプニング。(汗)

結婚式は実家から・・・ってことで、大阪に帰ることになった鞠。
そして翌日、みんなで大阪から東京へ飛行機で行くことになったんだけど・・

雪が降るかもしれないっていう状況も考えないといけないけどさ、
それくらいの距離があったら、不測の事態に備えて前乗りしとくべきじゃない??
ほんとに飛行機も飛ばず、新幹線も止まったらどうするつもりだったんかいな。(汗)


飛行機に乗り込んでから、パスポートがないことに気づいた鞠。
結婚式後、すぐに日本を経つことになってるので、ヤバイ!!と取りに戻るんだけど・・
花嫁が行っちゃいかんだろ。
真が行くべきやろ!

何を呑気にビデオまわしてるんだ!!

お母ちゃんとともに家に戻り、パスポートを手に空港に向かうも・・・
雪が降ってきて飛行機が飛ばず!!
どうしよう、間に合わない・・・着付けもしてないのに・・ってときに、
大阪パワー丸出しのお母ちゃんが、「どなたかウェディングドレスをお持ちの方いらっしゃいませんか!!」と言いだし・・
おるかいな。(呆)
おったがな、(笑)

ドラマの制作の人がいて、「これでよかったら・・・」と衣装を貸してくれたのさ。
えぇ〜!そんな大荷物、手荷物にしてたんかいな?
運が悪いんだか、運がいいんだか、わからん日やね。

飛行機内で着替え、化粧もして、駆け付けた鞠・・・
ギリギリ、誓いの言葉に間に合いましたが・・・
ってか、花嫁ナシで式をはじめる??
いくら携帯が無いっつったって、どっかから連絡できるでしょうが。
もうちょっと待てんかったんかいな。


そして披露宴・・・
お父ちゃんとのバージンロード、お父さんの最後の挨拶・・・と、感動ポイントもありまして・・
無事、二人は旅立って行きました・・・

大滝家には、二人からのビデオメッセージが残されていて・・・
そこにはサプライズが!
なんと、鞠のお腹には赤ちゃんが宿ってるとさ!
・・・いつの間に・・・やることやっといたんやなぁ・・・(汗)
二人らしい明るいメッセージ。
結婚式までが大変・・・みたいな話だったけど、これからがスタートやで!
頑張りや!!と、励ましたくなる最後でしたね。

放送当時は涙を流した記憶があったけど、
「結婚の現実」を知った今見ると・・・泣けはしなかった。(笑)
それに、ツッコミどころが多すぎましたね、この最終回。

しかし、こんな思いして結婚したんだ、離婚するなよ!
・・・離婚は結婚のエネルギーの何倍も必要っていうからね。。。


  ◇ 第回 ◇   「やっぱり愛してる」   放送・・1997.03.14.  再視聴・・2012.01.17.       

まぁね、さくらさんが言ってるとおり、結婚前のちょっとしたケンカっすよ。
とはいえ、このままこじれて別れてしまうかもしれない可能性もあるわけで・・

で、巴美さんが恵と真を使って仲直りさせようとするんだけど・・

一旦仲直りしたと思ったら、やっぱりまたケンカ別れ・・・
っとに、お互い好きなくせに!!
男が仕事も大事ってこと、わかってあげんと・・・
海外勤務で一人になる時間も増えるんだから、そんなんじゃついていけないぞ!!

本当に結婚式がキャンセルになってしまう・・・というときに、
仲人をしてもらう予定の常務に呼ばれた勉くん。
海外勤務が正式に決まったこと、結婚がキャンセルになったから気楽だろ・・?と言われるのよ。
実は鞠が、常務に手紙を出していて、
都合でキャンセルになったけど、勉くんは悪くない、仕事に影響がでないように・・と頼んでたのさ。
それを聞いて飛び出す勉くん・・・
微笑む常務・・
よかったね、常務がいい人で!
「こういうゴタゴタは困る!」とか言う了見の狭い上司もいるからねぇ〜!!


大阪に戻っていた鞠のところへ駆け付けた勉くん・・
鞠は、神社のお賽銭箱に、もらった指輪を入れて、生まれ変わったら勉君と・・・とお願いしてました。
やっぱり愛してる!!と告げる勉くん・・
私も!!!・・・しまった、指輪が!!という展開になりまして・・
勉くん、ちゃんとした婚約指輪を用意しておりましたよ!!

まぁ・・・嬉しいけど・・・
でも、付き合ったときにもらった指輪も思い出でとっておきたいし・・・
宮司さん呼んで、「お賽銭箱開けてくれません?」とお願いしてみたらどうだろう。(笑)
大阪人の鞠ならきっとやってるはず!(笑)

さぁ、最終回・・・
結婚式、そしてその後・・・と描かれるわけですが、
最後の「アレ」、放送当時、見ながら泣いた記憶があるなぁ・・・


  ◇ 第回 ◇   「脳内革命か!マジ切れ勉くん」   放送・・1997.03.07.  再視聴・・2012.01.16.  

大滝家の家は、巴美さんの父から受け継いだものらしく・・・
「ここは私の家、出ていかなくてもいい」とフラリと帰ってきたんだけど・・
お父さん、素直に謝らないもんだから、ますますこじれそうな予感!!

しかし、そのケンカを知った鞠の両親が大阪から出てきまして・・・
ちゃんと面と向かって言いたいことを言いあい、仲直りできました・・。
お父さんは、できちゃった結婚で若かった巴美さんと結婚し、
そのせいで不幸にしたのでは?今からでも巴美さんならやり直せるのでは?と思って、
本当に離婚を考えていたらしい。
っとに、お父さんも、恵も、寂しい思いをしていたのは全部巴美さんのせいなのにねぇ・・・(汗)
まぁ、こうやってお父さんの気持ちや恵の寂しさをちゃんとわかったことで、
なんと、同居もしなくていい!という、ありがたい展開になったわけですが・・・

今度も問題は・・・勉くんです。(汗)
仕事が忙しいのに加え、結婚準備・・・ってことで、あたふたパニーック!って感じ。

そんな勉くんに、周りの男たちが追いつめるようなことを言いやがり・・・
まるで、鞠が金目当てに結婚するみたいなことまで!!

鞠は鞠で、同僚から、勉くんに大事にされてないんじゃ・・?って言われて、
勉くんの気をひきたくて、こういう家がいいな、とか、婚約指輪はこんなのが・・とか話すわけだ。
すると、勉くんは、やっぱり鞠ちゃんってば!ってことになり、
鞠は「私のこと大事じゃないのね!!」とまたケンカ・・
爆発しちゃった勉くん、もう結婚を辞める!と言いだしまして・・・
ありゃりゃ・・・
まぁね、ほんと、結婚ってのは大変なんだよね。

あたしなんて、九州と東海の遠距離な状態での結婚準備だったから、
そりゃ大変だったのよ・・・
あんな思いして結婚したんだもん、離婚でけへんわ。(笑)


  ◇ 第回 ◇   「ブチ切れ嫁!地獄の同居特訓」   放送・・1997.02.28.  再視聴・・2012.01.13. 

試験同居を始めた早々・・・・鞠、朝寝坊でございます。
しかし、一緒に寝てる恵、なんで起こしてくれないかねぇ・・・
同居反対なんでしょ?鞠の応援するんでしょ?ひどすぎる・・・

で、ほらね、アンタに息子は渡せないわ・・としめしめ・・・な巴美さん。
そのあとも、いちいちワーワー言いながら家事をこなす鞠・・・
そんなとき、巴美さんのお友達が訪問してきて・・・

鞠は、自分の学歴も職業も出身も恥だと思ってなくて、
ありのままの自分でいようとするんだけど、
見栄っ張りな巴美さんはすべてを隠そうと必死になるわけだ。
鞠が可哀想だよねぇ・・

で、ブライダルフェアに行くことになった面々。
そこで、鞠は大阪の両親に言われた、「名前入りのお盆や茶碗」などの要望を伝えるんだけど・・
そんな野暮ったいもの、恥ずかしいわ!と一蹴しちゃう巴美さん。
まぁ・・・わからんでもない。
だって、人の名前が入った茶碗だのお盆だの、使えないもんね。(笑)

しかし、昔は結構それが主流だったんだよねぇ・・
あ、私が結婚したころはもう違いましたけどね♪

で、フェアの場で嫁姑の言い争いが始まったんだけど・・・
いやぁ・・・あれ、全部台本ですか?
すごいセリフ量&スピードやったね!

感心しちゃった・・・
引き出物の値段を値切ろうとした鞠はちょっと・・・って感じだったけど、
概ね、鞠のほうが正論っていうか、巴美さんの見栄っ張りのせいで問題が大きくなってるわけで・・

家に戻り、鞠のことをちょっと責める勉に対し、
お父さんが「お前だけは鞠さんをかばってやらんとダメだろ!!」って言ってくれました。
ほんとだよ、同居っていうものを全然わかってない勉くんにイライラするもん!

こんな旦那じゃ、安心して同居なんてできません!!
「じゃ私のことは誰がかばってくれるのよ!」という巴美さんに、
お前の見栄っ張りがそもそもの原因だと言いきるお父さん。
そう言われ、夫に対してひどいことを言いまくる巴美さん・・・
つい、お父さん、巴美さんに手をあげちゃって・・・「出ていけ!」って言っちゃいました・・・

家を飛び出した巴美さん・・・
可哀想だけど、ほんと、そんな見栄張ってちゃ、鞠どころか、誰も嫁になんてできないよ・・?

そうそう、ブライダルフェアの担当さんが、深浦加奈子さんでしたね。
名バイプレーヤーで、大好きな女優さんでした。
この人が出てれば絶対面白い!って思える女優さん・・・
亡くなってからもう3年以上経つんですね・・
惜しい人を亡くしました。
でも、久しぶりにお目にかかれて、本当に嬉しかったです・・・。


  ◇ 第回 ◇   「同居話に激怒!浪花女の逆襲」   放送・・1997.02.21.  再視聴・・2012.01.12. 

ようやく結婚のお許しが出た・・わけだけど、
早速問題勃発・・・しかも、両家から・・ってわけだ。

まずは山田家の要望。
大阪でも結婚式をやってくれんか?っていうこと。
商店街のみなさんは仕事があるので東京に出てくるわけにはいかんから・・ってことらしい。
でも、結婚式にかかる費用を考えると無理かな・・と悩む二人・・・
まぁ、これはどうとでもなるんじゃ?
費用は自分たちが出したいとか言ってるけど、
結局は親のお世話になることがあるわけだしね。

問題は大滝家の要望・・・ってか、巴美さんの絶対的要望。
新婚夫婦との同居・・・・いや、勉と離れるのはイヤ!ってこと。

妹の恵は絶対無理!って反対するんだけど、巴美は絶対譲らない!!

そんなこんなで、全然問題解決しないまま、いろんな話し合いをするため東京にさくらさんが出てきて・・・
そこで「そんな話になってる」ってことを両家が知るわけだ。
娘を同居させるなんて絶対ダメ!と反対するさくらさん。
「勉の世話を鞠さんに任せられない!」と言い始める巴美さん。
そんな話を聞いて、「わかった!そこまで言われたら浪花女の名がすたる!」と、
鞠、同居を受け入れてしまった!!

・・・と言っても、「試験同居」。
とりあえず数日の同居を経験してみる・・・ってことらしい。
自分に任せられないっていう巴美の考えを覆そうと考えてるらしいけど・・・
巴美も全然負ける気ないみたいやし・・・
こりゃ、大変そうやわ・・・(滝汗)



  ◇ 第回 ◇   「激愛バレンタイン」   放送・・1997.02.14.   再視聴・・2012.01.11.       

勉くんには大事なものが多すぎる!私は勉くんだけなのに・・・という鞠と、別れてしまいそうな勉・・・
会社も休んでしまうくらい落ち込んじゃいましたが・・・

鞠も、実家の母に泣きつくくらいに打ちのめされてて・・・
驚いたさくらさん、大阪からぶっ飛んで参りました!(笑)
しかし、よくよく聞いてみると、鞠はまだ勉くんがユキコさんとどうにかなると勘違いしてるようで・・・?
で、そんな話をきいたさくらさん、会社に乗り込んでユキコさんと一悶着・・・・になりかけたけど、
女三人、腹割って話したら、意外とあっさり解決しちゃいました。
自分の誤解やったんや・・と気づいた鞠・・・でございます。

そのころ、大滝家には鉄雄さんが大阪からやってきてまして・・・
いろいろあるけど、勉の気持ちはどうなんだ・・?と確かめておりました。
価値観の違いやらで、本当に結婚できるのか・・?とウジウジ悩む勉に、
鉄雄さんが一喝!
勉くんも目が覚めたようで・・・

折しも今日はバレンタイン・・・
鞠は勉くんに会って自分からちゃんと告白しよう!と決めるも・・・またすれ違う・・・
ってか、勉くん!
「携帯電話」っつーくらいですから、携帯してくれませんか?(笑)


二人の気持ちは固まり・・・二人して大滝家へ行くことに・・
二人が別れたと喜び、だけど勉の様子がおかしいと心配しまくってた母は、
そんな二人を見て卒倒・・(笑)
そこにさくらさんまでやってきて両家野前で決意表明!ということになりまして・・

価値観が違っても、結婚できないわけじゃない!
そんな二人が好きで一緒にいたいと思うなら、二人の価値観を作っていけばいい!と言いきる勉くん。
しかし、巴美さんだけが頑固に反論しまして・・・
勉くんも、さくらさんも、みんなして巴美さんを責めるもんだから、
「この人は私のお母さんになる人よ!私がかばって何が悪い!」と、巴美側につきまして・・・
そんな鞠に、とうとう巴美さん、感動しちゃって許しちゃった・・・

ま、第一段階終了・・ってことですな。
許しはしたものの、やっぱりこの子じゃダメ!と言いだしかねない女なんでね、巴美さんは・・・(汗)
まだまだ安心はできまへん。(笑)




  ◇ 第回 ◇   「破局!大喜びの母 」   放送・・1997.02.07.   再視聴・・2012.01.11.      

勉の元カノ問題が思ったより長引いたねぇ・・・

勉ママの策略により、すっかりユキコさんのことが気になり始めちゃった鞠。
まぁ、何度も二人で外国旅行に行ったと聞かされたら、そりゃ穏やかじゃないもんねぇ・・・
で、勉が自分から話をするように仕掛けてみるも、
「彼女と旅行なんてしたことない」って言いやがる勉。
どんどん不信感が増して行く鞠・・・
で、最後は大げんかしちゃいました。
「話さなくてもいいことだと思った」という勉。
うん、わからんでもないけど・・
あんな風に鞠が仕掛けてきた時点で、「あ、何か知ってるかも」って気づかない、
そんな鈍感勉くんにイライラさせられるわぁ〜!!


私は勉くんのことが一番、勉くんを一番に考えてる!という鞠に、
それでも仕事しないと生きていけないし結婚できないよ・・という勉。
価値観が違う!!と怒る鞠に、じゃ、もう無理だね・・・と去って行く勉・・・
とうとう、破局か・・?ってことですが・・・

あの勉ママの喜びよう・・・
ちょっとひどいよね!
嬉しかろうけどさぁ・・・かなりムカつきます!!
・・・ま、別れませんけどね、二人は!(笑)

今回、勉の妹・恵に連れ出された鞠を心配して尾行してきた同僚が笑えた!
だって、頭、燃えてるんだもん!ハゲちゃったんだもん!

しかし、三人も店を抜けてしまったファミレス・・・
大丈夫だったのか?と心配・・(滝汗)


  ◇ 第回 ◇   「発覚!過去の女」   放送・・1997.01.31.   再視聴・・2012.01.11.       

そうね、娘を持つ母は、同じ女だもん、娘の気持ちがわかる・・・
しかし、息子を持つ母は、絶対に取られたくないよね、「認めない」女には・・・


大阪に足止めされた鞠。
父の大反対で母もいいなりになり、お金も靴も隠されて動けなくなっちゃうんだけど・・
でもさ、地元に友達くらいいるでしょうに?
「ちょっと友達に会ってくる!」ってお出かけして、その友達の助けを借りて
東京に帰る・・・くらいの知恵はないのかね、鞠よ?(汗)


自分が東京に嫁いだら・・残された両親を想い、
ツトムくん以外の人とは結婚したくないから、この家を継ぐ!と言いだす鞠。
そんな鞠を見て、お母ちゃん、送り出してくれました・・
あとでお父ちゃんが怒るでぇ〜!(滝汗)

んでもってすぐにツトムくんと再会・・かと思ったら、いろいろありまして・・・
そうなんだよね、まだ携帯が普及してない時代だから、すれ違っちゃうんだよねぇ〜!
ま、ようやく再会・・で、デートを再開するわけですが・・

やっぱ、価値観の違いというか、育ちが違うというか、趣味が違いすぎるというか・・
これ、ずっと付き合っていけるのかね、鞠ちゃん??
もっと気楽に過ごせる相手のほうがいいんじゃないかねぇ・・・?(汗)

それに、ツトムくんの元カノの存在を知ってしまった鞠は、気になって仕方ない・・・

そんなとき、ファミレスに勉ママが!
鞠に会いに来てくれたかと思いきや・・・元カノのユキコさんを連れてきた!
どうしても、「勉に釣り合う女性」と結婚させるべく、
鞠にクギをさしにきたらしい!
まぁ・・・ユキコさんにしてみたら、とっくに別れた男のゴタゴタに巻き込まれたくないだろうな・・と、
同情しちゃいますけども。(汗)



  ◇ 第回 ◇   「破談!大阪冬の陣」   放送・・1997.01.24.   再視聴・・2012.01.06.      

たった2週間で結婚を決めたんだもん、そりゃ早々に迷いが出るわな。(笑)

親から反対され、ちょっとへこむ鞠に対し、
それでも好きやもーん!と呑気な勉・・・・
鞠は、お互いの誕生日も何も知らずに結婚しようとしてることに気づき、
本当にこれでいいのか・・・?って考えこむわけさ、
だけど、それを勉に伝えても、全然響かないわけで・・・
いやぁ・・・ここまで能天気なの、才能やね。(笑)

で、勝手に一人で「距離を置く!」と決めた鞠だけど、
一日も持たず、やっぱり好きぃ〜!と抱きつくわけだけど・・・
え?鞠ちゃん、そんなん考えてたの?と全然効いてない勉。
いいのか、鞠?(笑)

でも、結婚については本気で考えてる勉は、
大阪のお父さんに、ちゃんと娘さんと結婚させてくださいって挨拶に行くと言いだし、
翌日、二人で飛行機で大阪に向かったわけですが・・・
「大阪に行きます」という勉の書き置きを見て、
巴美さん、「駆け落ちだーっ!!」と大慌てで追いかけてきました・・・

鞠の父・鉄雄さんは、おしゃべりな母とは違って寡黙ですが、
昔ながらの男!って感じで、幸せな娘の結婚を望み、勉の人柄を見て
鞠を託すと決めたわけですが・・・
そこに乗り込んできた巴美さんの剣幕を見て・・
考えを変えちゃった!!

確かにねぇ・・・息子可愛さに、相手の商売やら家柄を侮蔑する母親がいるところに、
可愛い娘をやるわけないわな。
私だってやりたくないわっ!!

「破談や!」ってことになり・・・引き裂かれた二人・・・
これ、和解すること、あるんやろか?っていう展開だわね。(汗)


  ◇ 第回 ◇   「激突!東西姑決戦 」   放送・・1997.01.17.   再視聴・・2012.01.06.      

今から15年も前のドラマ・・・
常盤貴子ちゃんももちろんですが、とにかく竹野内くんが若い!
しかも、前髪がパッツン!(笑)
笑える・・・そうなんだよねぇ、カレはこの時代、こういう役をやっていたよね・・。
それに常盤貴子ちゃん、この前クールで同じ枠でも主演してたんだよね。
同じ枠で連続主演って・・・すごすぎ!

さて、お話は、タイトル通り結婚のお話です。
ただ・・・結婚ってのはね、「結婚する」ってとこに至るまでは幸せなもんで・・・
いざ「結婚は二人だけのものではない」っていう「現実」を突きつけられると・・・
これが面倒くさいんですわ。(汗)

それこそ、そこに「愛」がない限り、結婚には至りません。(笑)
ま、結婚がゴールではないんだけど・・・
とはいえ、とりあえず「結婚する」までは、大きな通過地点なのだ、人生の中で。

で、この鞠と勉の二人・・・
出会いから結婚を決意するまでが短いんだわな。
そりゃ、運命の出会いだったかもしれんさ、あんな飛行機で隣り合わせるんだもん。
だけどね、二人ともが「失恋直後」だったってのが問題よ・・・
喪失感でいっぱいのときに出会ったわけでしょ・・?
オマケにさ、結婚するって決めて親に紹介するまでは短すぎるよ・・・
たった2週間よ??早すぎよ!!

お互いのこと、何も知らんのんじゃないのか?
・・・いや、これこそが「懐かしドラマのいいところ」なのだ!!
展開が早いんだよね、昔のドラマは!
ポンポン!って進んで、ありゃりゃ・・って感じで観客を巻き込んでいくのよ。
これ、大事だよねぇ〜!
今のドラマもこいうこと、思い出してほしいわ。

で、大阪の母と弟が東京に出てきて、顔合わせに至るわけですが・・・
東大を出て商社に入った将来有望な大切な息子が、
ファミレスでバイトしてる、まぁ、典型的な「大阪娘」とあっという間に結婚を決めちゃって、
ただでさえ息子可愛くて仕方ない母が納得するわけもなく・・・
んなこと知らない鞠の母は、呑気に喜んで盛り上がって・・・
最後は食べ物を投げつけて大乱闘!
あぁ・・・バブルな演出・・・(笑)

しかし、こんな初対面の2家族・・・
先行き不安すぎ・・ですな。

過保護なママに野際陽子、その横であんまり威厳のない父に伊東四朗、
大阪のオバチャン丸出しの母に中村玉緒・・・と、見事なキャスティングで、
それだけでも見ごたえバッチリのこのドラマ。
二人が結婚にいたるまで・・・じっくりと楽しませていただきやしょう!



★ STORY ★ 甘いロマンスと厳しいゲンジツ。「結婚」ってふたりが愛し合っていればそれで決まりじゃなかったの?
最高のキャストと絶妙なテンポでお送りするラブコメディー。