ミセスシンデレラ

□ 放送・・・ フジテレビ  木曜10時   1997/04/17〜06/26   全11話    平均視聴率・・・15.7%
□ 脚本・・浅野妙子 尾崎将也  □ 演出・・本間欧彦 ほか □ P・・小岩井宏悦 
主題歌

DO NOT
藤井フミヤ
FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST“15/25”
主題歌収録
商品の詳細
サウンドトラック
◆ 出演者 ◆
香山みずほ
堀井光
香山泰之
西村千恵
雨宮志織
吉井由佳
畑直美
古沢健次郎
香山亮子








薬師丸ひろ子
内野聖陽
杉本哲太
高田万由子
大石恵
黒谷友香
杉山亜矢子
井川比佐志
江波杏子








専業主婦
作曲家
会社員
泰之の妹
光の婚約者
泰之の同僚
みずほの優仁
みずほの父
泰之の母
◆ レビュー ◆
◇ Last.step ◇  「絶対に解けない魔法をローマでかけて」 
                放送日・・1997.06.26.  再視聴日・・2009.07.10.

みずほのお腹の赤ちゃんは無事でした・・
みずほのめに仕事をすっぽかしちゃった泰之は、ヤバイ立場に追い込まれるんだけど、
みずほのために献身的に尽くすのよ・・
そして退院の日・・
「女は好きで好きで仕方ない人と一緒にならないと・・・」と由佳に言われた言葉や、
光の手紙に書かれていた愛の言葉が頭から離れず、
自分の思いを押し込め、みずほの幸せを一番に考え、光のもとに送り出してあげるのよ・・・

みずほは光とともにローマに行くことにし、プロポーズを受けるんだけど・・
みずほが光のところに行くと知って憤った姑が、家から慌てて出て足をくじきヒビが入っちゃって、
それを泰之の妹から聞かされたみずほは・・
今までのご恩返しとばかりに、ローマ行きを送らせてご奉公するのよ。
でも、それってさ、自己満足な気がするんだよねぇ・・・
どうせ光のところに行っちゃうのなら、気を持たせるようなことをしちゃいかんでしょうよ・・


期限付きの嫁だからか、いろんなことを乗り越えて性格が変わったのか、
姑とやりあったり、自分に正直にいられるみずほ。
姑も、「こんな風に言いたいことを言いあえてたら・・」と後悔の言葉が・・
それでも、みずほはローマへ旅立つ日が・・
「行かせていいの?愛してるんでしょ?」と母に言われ、みずほを追いかけた泰之・・
でも、引きとめるようなことは言えませんでした・・
「今までありがとう・・・幸せになれ・・」
もう・・・どこまで優しいねーん!!


そしてみずほはローマへ・・
光と再会したみずほは、光のところには行けないと告げるのよ。
光を好きなのは確か、でも、泰之への思いも断ち切れない・・
どっちの子かわからないのに、二人にそんな十字架を背負わせるわけにはいかない・・と、
一人で生きていくことを告げるのよね。
そして一人ローマ観光・・
帰国しようとしたその朝、窓の外からへたくそなクラリネットの音が・・
なんと、泰之でした!
光から連絡をもらって、みずほを迎えにきたみたい!
光と幸せになるなら・・と手放したけど、一人でいるのなら放っておかない!ってわけです。
でもさぁ・・・あのチロは無理があるでしょぉ・・?
チロ、嘴は真っ赤じゃなかった?あの鳥は白っぽかった気がするんだけど・・・(汗)
それに、日本から飛行機に乗せてきたの??
あの籠ごと?なんか、笑える・・。(笑)

そして時は6年後へ・・・
みずほは幼稚園に通う息子のお遊戯会に参列してました。
その息子の顔は・・・泰之ソックリ!!
このドラマをリアルタイムで見てた時、「すごーい!ソックリぃ〜!よかった!」って思った記憶があるのよね♪
いやはや、光の子じゃなくてよかったよ・・・(汗)

光は志織と結婚したようで娘が生まれてましたね。
でも、なんか遠い目をしてたよなぁ・・
みずほはすっかり今の幸せな生活にどっぷり・・って感じなのに!
なんか、ほんと、終わりよければすべてよしって感じで、みずほちゃん、罪深し・・って感じ。(笑)


th.step ◇  「君に届け!愛の叫び」  放送日・・1997.06.19.  再視聴日・・2009.07.10.

お腹の赤ちゃんには何事もなかったようだけど、
あれから一か月、光からは音沙汰なし・・・

そんな中、実家の父が倒れたという知らせが・・
それを知らせてくれたのも泰之、そばにいてくれたのも泰之・・
ほんと・・いい人だねぇ・・
自分を裏切った妻に対して、自分が幸せにしてあげなかったから・・って悔いてるんだもん、
いい男じゃないか!!


倒れたお父さんは、瑞穂に対して思うとおりに生きろ・・と言い残し、死んでしまいました・・
一人きりになってしまったみずほ・・
光をきっぱり諦めて実家に帰ろうとしてたのにねぇ・・・(涙)
そこに姑がやってきて、「戻ってきなさい・・」と。
あたしゃてっきり、泰之に子供ができにくいと知って、後継ぎ欲しさに言ってるのかと思ったら、
世間体や泰之の出世に響くから・・ってことらしい!
うーむ・・・だからって戻っても、一生このうわいネタでグチグチ言われるぞぉ〜??

光は帰国していました。
手術がうまくいって耳も聞こえるようになってて・・・
ちゃんとみずほに知らせてたんだけど、そのメッセージを見なかったせいで、誤解が生じてしまったのよ・・
光が帰ってると知ったみずほは、自分に知らせてくれないさみしさを覚えつつホテルへ・・
そこで志織と仲睦まじい姿を見て、これでいいんだ・・って思ったみたい。
そして後日、光が会いに来た時も、「夫とやり直す」とウソをつくんだけど・・
光はみずほの指に指輪がないことに希望を抱き、
最後の賭けだ・・・と、みずほに復帰コンサートにきてほしい、愛してる・・って手紙を送るのよ。
もう!すれ違いまくりじゃん!
みずほは泰之のところに戻るって決めちゃってたんだよーっ!
もうちょっと早ければ・・・


その手紙を読んでも、泰之の所に戻ろうとしていたみずほ。
その道すがら、ホールで自分の姿を待っている光の姿を見ちゃうのよ。
・・でもさ、いくら渋滞を迂回するためだからってさ、この建物のエントランスまで行くか??
おかしいよねぇ〜!(笑)
急に吐き気をもよおし、車から降りたみずほ。
足はコンサートホールへ・・
しかし、その途中、腹痛で倒れてしまった!!
今度こそお腹の赤ちゃんがピーンチっ!!

さぁ最終回・・
これで最後・・と言ってたくせに、まだみずほを諦めてない光。(笑)
最後はローマロケです!
さぁ、どんなオチが待ってるんでしょうか・・
このオチが結構衝撃的で、あたしゃ記憶に残りまくってるんですけどね・・・。(笑)


◇ th.step ◇  「惜しみなく愛は奪う」  放送日・・1997.06.12.  再視聴日・・2009.07.10.

光と暮らし始めたみずほだけど・・・
耳が全く聞こえないから意思の疎通も大変だよね。
元気づけようとしても、空回りだし・・・
医者を探して耳を治してあげたいという思いも、
「もういろいろやってダメだったんだ・・」と拒否されてしまって・・
見かねた泰之が、医者を見つけてくれたんだけど・・

命より大事な音楽を奪われ、愛する女を幸せにもできず、養ってもらっていて、
しかも、その人の元旦那にまで世話になる始末・・
ミジメで情けなくてやるせなくて・・・
どんどん荒んでいくよねぇ、光・・


それでもみずほは光の力になりたかった。
そばにいるだけでいいって思ってたのに・・
まだみずほに未練がある泰之が、みずほを抱きしめているのを見て、さすがにいたたまれなくなったみたい・・。
志織のいうホテルへ行き、一緒にイタリアにいくことにしちゃったみたい。
ま、今、一緒にいてもお互いを傷つけるだけだしなぁ・・

それにしても、いくら自分の苦しみで精いっぱいだとしても、
妊娠してるみずほを何度も突き飛ばし、手を怪我してるのにも気がつかないのって、どうよ・・。

そこで我に返らないのか?それほどに苦しんでるのはわかるけど・・
なんか、あんなにキラキラしてた光のこんな姿、もう見たくないっすよ・・・(涙)

志織と出ていく光。
気丈に見送ったみずほだけど、やっぱり追いかけちゃいました。
でも、みずほの声は届かない・・
そしてみずほはお腹の痛みを覚え・・・
もうね、あんな激務の上に心労、そして激走・・ときたら、お腹の赤ちゃんに何かあってもおかしくないでしょ!!
もっと大事にしてよぉ・・・(涙)


今回の姑は、冷静で適格でしたね。
泰之の未練を断ち切ってやってくれ、自分のしたことなんだから・・・って、
冷たい言葉だけど、正論だけに言い返せない。
でも、その言葉に少し愛情を感じたのは私だけでしょうか・・?


◇ th.step ◇  「禁じられた恋の報い」  放送日・・1997.06.05.  再視聴日・・2009.07.10.

すべてを話してしまったみずほ。
それを聞いた泰之・・
とりあえず夫婦間でどうにかするかと思ったら、速攻で姑に話してしまったよ!!
「お腹の子は浮気相手の子かもしれない・・・」
そんなこと聞かされたら「出て行け!」って言われても仕方ないよねぇ〜!


みずほは家を出て安アパートを借りて住むことにするんだけど・・・
なんか、一人気が楽になってるんだよね。
自分はヒミツを吐き出して楽になったのかもしれないけど、
聞かされた泰之たちは苦しむだけだよね!

なんか、自分勝手だわぁ〜!!

掃除婦の仕事を見つけたみずほ。
その仕事先で偶然光と志織に出会ってしまったみずほ・・
この場ではとりあえず挨拶だけで済ますんだけど・・
実は光、耳が聞こえなくなってました・・
こりゃ音楽に携わる人間としてはキツイ罰になってしまったよねぇ・・・


コンサートに出かけた光たちだけど、やっぱり耐えきれずに出て行ってしまう光。
志織から光がいなくなったときき、思い出の幼稚園に行ってみたみずほ。
そこには、一心不乱にピアノを弾く光の姿が・・
近づいても気づかない光・・
耳が聞こえないんだ・・・
不倫の報いを受け、かなり苦しんでしまってるようですな・・。

いったん家に帰ったみずほだけど、実家の父が来てバチンとビンタ!
そりゃ、娘の不貞を知ったからにはそれくらいしちゃうわな・・。
そして一緒にきた泰之は「一緒に帰ろう・・」と・・。
えぇ〜!
帰れるのぉ〜?また姑と暮らせるの・・?無理でしょうよ・・・。(汗)

でも、やっぱりみずほは考え直しました。
「体だけ戻っても意味ない・・心はまだ・・・」なんて、切なすぎるじゃん!!
そして光のもとへ・・
傷ついた光のそばにいようと決めたのか・・?
大変だよぉ・・?
音楽が命の人だもん、それを失ってしまった人のそばにいるのは、ほんと、大変だよぉ・・


◇ th.step ◇  「あなた、ご免なさい」  放送日・・1997.05.29.  再視聴日・・2009.07.10.

もう、みずほ、あっちへこっちへ揺れまくりです!!

駆け落ちしようと光に言われ、一週間後戻ってくるから、そのとき一緒に・・って言われるのよ。
家に帰ってみれば、「おめでとう!」とお祝いモード・・
途中、姑に光とのプリクラが見つかってどうなることか・・と思ったけど、
泰之が妙に気を利かせてくれて問題にはならなかったけど・・
ったく、不用心極まりないわ!!

どうしよう、どうしたらいい・・?と悩んで一週間・・・
光が戻ってくる・・
一緒に行こう・・
そう決めて家を出ようとしたら・・・
実家の父がやってきて!
泰之の妹へのお祝いでやってきたらしいけど、みずほの妊娠を聞いて大喜びされちゃって!
そうね・・ここにいよう・・と決めたら、今度は泰之の服からダイヤの指輪が・・
これは、由佳が泰之に「別れたいなら買って!」って言われて買ったものだったのよ・・
でも、由佳は受け取らずに潔く別れてくれたんだけど・・
なんで無造作にポッケに入れっぱなしにしちゃうかなーっ!
で、父を送りがてら、やっぱり光の元へ!!と思ったら・・
帰宅した泰之がみずほに指輪を見られたとあせって追いかけてきて、
「ごめん!浮気した!許してくれ!」って言われて、結局光のもとへは行けず・・
このまま、この家に残ろう・・
そんなとき、公園で光の手紙を見つけるのよね。
あれがみずほの手に渡る確率は低いけど、伝えずにはいられなかったんだろうなぁ・・
ずっとキミを応援している・・これからボクが作る曲は、全部キミへの応援歌だから・・幸せになって・・って書いてあって、
また心が揺れて・・


泰之が珍しく食事に誘ってくれた帰り、駅の反対のホームで光を見つけるみずほ・・
なんか、切なすぎるじゃん!
ってか、あんな有名作曲家が電車に乗るんですね!(笑)
オマケに電車の中で泰之から光のCDをプレゼントされて、
とうとう「ウソをゆいてる自分が許せない・・」と、「赤ちゃんはあなたの子供ではないかもしれない」と言っちゃった!
ひゃーっ!
これが姑にもバレちゃうわけ?
大変だーっ!!


そして、みずほと夫のツーショットを見てショックの光は、ふらふらと車道を歩いてしまい、
バイクに轢かれてしまった!!
耳から血が・・
まさか、耳が聞こえなくなる・・・とか??
不倫の代償は、この二人にとって大きすぎるものになりそうだねぇ…(涙)



◇ th.step ◇  「秘められた愛の結晶」  放送日・・1997.05.22.  再視聴日・・2009.07.09.

たった一夜だけ・・・・が、なんと3週間!!
イタリアでの仕事のまで3週間時間があるから・・・と、
その間だけの恋人として過ごすことにしたみずほ。
友達に頼んで、子供の世話を頼まれたことにして出かけ続けるんだけど・・
あんな堂々と出かけて大丈夫なんかいな?
遠出ならまだしも、そこらへんの町中じゃ、知り合いに見つかる可能性大じゃん!!
こっちがヒヤヒヤしちゃうよ!!


この期間中、とってもご機嫌なみずほに不信感を抱く泰之。
由佳が「奥さんが浮気してるかどうかしる方法・・」として口紅をワイシャツにつけるんだけど、
みずほはそれに驚きも文句もいいやしない!
こりゃますます怪しい・・ってなもんですよ。

そして3週間が過ぎようとしていたそのとき、みずほは体の異変に気付きます。
検査薬を使ってみたら・・妊娠していました・・。
あの日旦那と・・・そのあと光さんと・・
どっちの子やねーん!ってなもんです


光との最後の日、ホテルに行く前に病院によったみずほだけど、
それを泰之の妹が見つけてあとをつけちゃって、妊娠が伝わっちゃいました!
こりゃ速攻で姑に知らせたな・・・
そのころ泰之は、みずほのことを信じられなくて、イタリア語教室に電話・・
「今日は欠席です・・」
やっぱりウソをついていた・・
こりゃヤバイっすよ、みずほさん!!!

光には妊娠の事実を告げずに見送ろうとしていたみずほ。
別れ際まで我慢したけど、見送ったとたん吐き気が・・
好きな女の異変には気づいちゃう光は引き返してきて、うずくまってるみずほを見つけるのよ。
「妊娠したの・・主人との間には今まで子供ができなかったから・・」と光の子だと思ってるみたいだね。
「駆け落ちしよう!一緒にローマに行こう!」と光・・
えぇ〜!
すでに家ではみずほの妊娠が明らかになってますもーん!
もうみずほは動けなくなっちゃってるんじゃないのかーいっ


そして・・このウソにみずほは耐えられそうもないようですね・・・
夫に話しちゃう・・?
で、光がひき逃げされる・・?
ありゃりゃ、どうなっちゃうんだっけか??


◇ th.step ◇  「一夜だけの恋人」  放送日・・1997.05.15.  再視聴日・・2009.07.09.

せっかくの父との時間だったのに、姑ったらぎっくり腰になりやがって・・
ま、みずほの代わりに家事をした結果だろうから、文句もいえないか・・・
家に戻って見ると、相変わらず浮気してやがる泰之が、
由佳がくれたコースターのメッセージを持ち帰っちゃってて、
それを見つけたみずほはショック・・・
姑は、「浮気は男の甲斐性・・」と言いやがり、黙認しろって感じなのさ。
ま、あとで泰之にクギをさしてくれてたけどね。
「大事な香山家のタネをよそで撒いてどうすんの!」っていう言い方はどうかと思うけど。(笑)

泰之の妹がお腹痛いとか言い出して、姑は家を出て行き、
泰之とは、コースターのことを母にチクったと激怒して家を出られ、一人きりになっちゃったみずほ・・
光は、イタリアでの仕事が決まったということで、ますます孤独を感じちゃうわけだ・・
そんなとき、ラジオアから流れてきたメロディ・・
「最愛の人への別れの曲」・・・
それは自分への愛の曲でした・・


たまらず、光の常宿だったホテルにいくみずほ。
あれって、「あの部屋に泊まります」とか指定して入ったのかしら?
泊まりもしないのに入れてくれるわけないしねぇ・・
今日まで借りてたってことか?
そこへ・・光が!
イタリア行きの飛行機に志織と一緒に乗ったんじゃないのかーいっ!
志織とは一緒に行けない・・・と、戻ってきたらしい。
まさか、この部屋にみずほがいるとは思ってもなかっただろうね。

こりゃ、運命を感じざるを得ないでしょう・・
で、みずほは「今夜だけ恋人にして・・」と一夜を過ごすみたいです!
そして予告では妊娠の兆候が見えるみずほ!
あららーっ!
実家で寝たときの夫の子?
それとも、この一夜でできた光の子・・?
大変じゃーっ!!



◇ th.step ◇  「泣いて夫に抱かれる夜」  放送日・・1997.05.08.  再視聴日・・2009.07.08.

いやぁ・・・切ないですなぁ・・・

光のキスのあと、家に戻ったら・・・
泰之の妹からみずほがホテルに男といたことを聞いた姑からも攻撃が!!
あそこまで露骨にたしなめられたら、かなり縛りを感じるはずなのに・・
みずほったら、光に電話してるし!
泰之も浮気してるからみずほの心変わりには気づきそうもないけど、
もうちょっと注意しないとぉ〜!!(汗)


光がチャリティコンサートを野外でやるってんで、見に行ってみたみずほ。
しかしそこにはある女性の姿が。。。
その女性・志織とキスしてるのも見ちゃって、大ショック!!
婚約者らしいけどさぁ・・・それは挨拶程度のキス?
普通にキスしちゃってたし、かなり裏切られた気持ちになっちゃうよねぇ〜!

泰之と病院にいったみずほ。
今日が排卵日ってんで、泰之の検査はせずに今日は励め・・ってことになったんだけど、
それを姑に話しちゃってさぁ・・気まずいったら!(汗)

みずほの誕生日が近付き、「姑さんはお前の母親だと思え、恩返ししたら?」って実父に言われ、
姑を誘うも断られ、夫はその日は残業だと・・
ま、由佳に誘われてるんだけどね!
誰一人みずほの誕生日を覚えていない・・・さみしいよなぁ・・

そして誕生日当日、光が教室に訪ねてくるんだけど、
志織といるところを見ちゃったみずほは、拒絶する態度をとるわけだ。
そんなとき、実家の父が倒れたと聞いて駆け付けるみずほ・・
泰之も、由佳とのベッドの中でみずほの誕生日を思い出し家に電話して、みずほの父が倒れたことを知り駆け付ける・・
実父は、そんな泰之を見て、娘を託した人なんだ・・ってしみじみ言うわけだ。

泰之が帰った後、病院の中からピアノの音色が・・
光も駆け付けて、みずほの誕生日に・・と曲をプレゼントしてくれたのよ。
でもみずほの気持ちは変わっていた・・・
婚約者のいる光・・・
駆けつけてくれた夫・・
倒れた父・・・
自分の思いを通すことでみんなを不幸にする・・だから、もうやめる・・
それがみずほの出した結論でした。


そして帰る途中の泰之を引き止め、実家で抱かれるみずほ・・
目には涙が・・
心には光がいるのにねぇ・・
むむむ・・・・切ないわねぇ・・・


◇ rd.step ◇  「世界一みじめな舞踊会」 放送日・・1997.05.01.  再視聴日・・2009.07.08.

光が遠征から帰ってきて、またもコンタクトをとってきた・・
急に家に電話してこられたんじゃ、本当に困っちゃうよねぇ〜!(汗)
「渡したいものがある」って言われ、ノコノコ常宿のホテルについていっちゃうみずほ。
危険だわぁ〜!(笑)。
「友達としてなら・・」なんて言ってるけど、そんな簡単に決められるモノではないと思うんだけどねぇ・・
で、そのホテルから出てくるところを泰之の妹に見られちゃって!
こりゃ絶対チクるな。。と思ったら、やっぱり!
これで姑はみずほを疑ってかかるんだろうなぁ・・


まだ義妹がチクる前・・
「オペラに行かないか?」と誘われたみずほ。
意を決して姑に「友人とオペラに行きたいんですけど・・」と言ってみるも、
頭ごなしに反対され・・・
でも、泰之には後ろめたさがあるのでみずほの味方をしてくれちゃいました!
・・・自分も由佳の家に行くっていう約束があるんだもんね・・(汗)
翌日、姑は「自分も姑にされたことをやってしまった・・行ってもいいわよ」と快諾!
アメとムチ・・・使い分けが大事です!(笑)

オペラのあとの会食に誘われてるから・・と服を変えなくてはいけなくなったみずほ。
目が飛び出るような値段のドレスを光が選んでくれ、
でも、「友達なんだから・・」と光が精算するのを拒否し、自分で買うことにするんだけど・・
そのカードの明細、姑に見つかったら怖いぞぉ〜!(汗)

そしてオペラへ・・・すごく感動して、晩餐会へ・・
でも、そこでみずほはとってもさみしくて悲しい思いをするんだよね。
ただでさえ場違いで居心地が悪いのに、光の恋人扱いをされちゃって、
「私、結婚してます」ってここでも言っちゃうの!
別に言わなくてもいいじゃん・・・って気はしなくもないけど。(汗)
「じゃ、不倫か?」なんて言われちゃって、本当にいたたまれなくて会場を出るみずほ。
戻ってみたら、光はまさに光の真っただ中で他の女性と踊っていた・・
「私とは住む世界の違う人・・・」と思って帰って行ったのかと思ったけど、違ってましたね。

怒って帰ってしまったのか?と思った光はもう一度会いたいっていうんだけど、
みずほはそれを拒否・・
雨が降り出し、夫に傘を持っていこうと家を出たみずほは、びしょ濡れの光を見つけるのよ。
「ほかの女性と踊ってるあなたを見ているのがつらかった・・」
つまり、そこにはある感情が芽生えているっていうことで・・

そして二人は往来でキスしちゃったのよ!
こらーっ!ご近所さんの目が気になるんですけどーっ!
もし泰之が帰ってきたらどうすんねーん!
姑が出てきたらどないすんねーん!!
はぁ・・ヒヤヒヤさせられるぜぃ・・・


◇ nd.step ◇  「人妻の孤独に贈る唄」  放送日・・1997.04.24.  再視聴日・・2009.07.03.

こりゃ効くわぁ〜!
落ちこんだときに見事にズッキュンドッキュンな光の攻撃!
参らないみずほ、偉し・・・。(笑)


あの大量の花、どう言い訳するかと思ったら、
お姑さん、勝手に勘違いしてくれたよ!
「ワインのお礼ね?」だとさ。
んなアホな!あんな量、買うかっ!!(笑)
で、送り主はもちろん光なわけですが、なんで住所?と思ったら、
チロ探しのビラに書いてあった電話番号を見てかけてきて、出た姑に「花屋です・・」とウソをついて
住所を聞き出したらしい!
うーむ・・・素敵雰囲気に騙されそうやけど、ちょっと怖し・・。(笑)

すっかり気持がウキウキのみずほだけど、家では相変わらず沈んでばっかり・・
せっかく田舎の父が送ってくれたものなのに、姑は興味を示さないどころか迷惑顔・・
あれは傷つくよねぇ・・
で、また公園に行ったら光に再会・・
「殿様カエル、アマガエルぅ〜」と懐かしい歌を!
えぇ、もちろん!歌えますとも!!(笑)
最後の最後まできっちり歌えますよ、あたいだって!
何気に光がハモってたのが、これまた素敵。。(笑)

光の仕事場を見に行ったり、図書館で会ってみたり・・・と、ちょっとウキウキな時間を過ごすも、
自分の居場所はやっぱりここ・・・と距離をおこうとするのよね。
「もうすぐ演奏旅行だから、会えなくなる・・」という光。
「明日、キミが来ようが来まいが待ってる・・」というわけ。
でも、みずほは、泰之の会社の人がくるってんで行けないって断るのよ。

そしてその日、みずほは良き妻として頑張るんだけど、
お酒のことで夫にまで嫌味を言われ、
上司からは子供を催促され、いたたまれなくなって、お酒を買いに行く・・と家を出るのよね。
泰之は、家の中で部下の由佳にキスされちゃってドキドキしちゃってるのもあって、
みずほに厳しく接してしまったことを後悔してるとこだったんだけど・・・

公園に行ってみるみずほ。でも光はいない・・
かと思いきや、いたっ!(笑)
しかも、「キミを待ってる間に一曲作った」と素敵文句!(笑)
幼稚園に忍び込んでその曲を弾いてくれる光に、思わず涙しちゃうみずほ・・
いやぁ・・・傷ついた心にしみるよね、こりゃ・・


見つかりそうになって慌てて逃げた二人。
そこで別れるはずが・・
光はみずほにキス・・・しようとするんだけど、みずほはすんでで拒絶・・
ここは流されても仕方のないとこですよぉ〜!(笑)
身持ちが固いわ、この人・・。


でも泰之は由佳と関係しちゃいそうですね。
おぅおぅ!やり返してやれ!!(←コラコラ(笑))


◇ st.step ◇  「姑と妻その王子」   放送日・・1997.04.17.  再視聴日・・2009.07.03.

懐かしい・・・
薬師丸さんも若いけど、内野さん、初々しすぎぃ〜!(笑)
このドラマで、あたしゃ内野さんにドキドキしたんだよなぁ・・しみじみ。
ってことで、あちこちで再放送されたこのドラマの視聴を開始したいと思います。

結婚6年で子宝に恵まれず、姑にいびられ、
唯一の癒しはインコのチロだったみずほ。
その大事なチロが逃げてしまって、探していたところ、出会ったのが光。
「さみしいから逃げたんじゃ?番いにしたら・・?」と言われ、お金を借りて購入、
お金を返したいというみずほに、コンサートのチケットを渡す光。
ま、だからってホイホイ出かけませんよな。(笑)

家に帰ると、珍しく夫が優しくて、ワインをくれたり、ガラスの置物をくれたり・・
いやぁ〜ん、そんな優しさが一番うれしいのぉ〜!とウキウキのみずほだけど・・
これ、全部姑の仕組んだことですよ。
いいんですよ、息子夫婦のために知恵を貸す姑さんは。
でもさ、それをみずほに言っちゃいかんだろ!
息子が自らしたことにしとけばいいものを、「あの子は気がきかないから・・」ってバラすか?
ほんと、無神経なオバサンやでぇ〜!


すっかり失望したみずほは、捨てたはずのチケットを拾って、コンサートへ出かける・・
でも、隣の席に光はこない・・
なんだよ・・と思ったら!
ステージに光がおりますやん!!
作曲家で指揮者ってことみたい!
いやーん!かっこええやーん!!ドキドキですやーん!!ってなもんです。
でも、そんな気分も、人々に囲まれている光を見ると、自分とは違う世界の人・・って思って
現実に引き戻されちゃうよね・・
しかし!光はみずほを追いかけてきてくれて食事に誘ってくれました。

普通には入れない会員制の高級レストランに入り、
夢のような時間を過ごすみずほ・・
「感想を聞きたい」という光に、「空飛ぶ絨毯みたいだった・・」と感動したことを伝えるんだよね。
そんなみずほをいとおしそうに見つめる光・・
そう!光はみずほに恋しちゃってるんです!!

「時間が気になる?怖いお父さんが待ってる?」と箱入り娘扱い!
・・・既婚者ですのに・・(涙)
ここで、普通なら「しばらくは独身のフリして・・」っていう流れになりそうなもんですが、
みずほはきっぱりと「結婚してるんです」と告げて帰って行きました・・

夢が覚めて現実・・
いつもの日々に戻ったみずほだけど・・
買い物から帰ってきたら、なんと、家じゅうにバラの花が!
どんだけぇ〜!!(←死語?(笑))
あんだけでいくらや・・?
ってか、あれ、管理人さんが家に入れたの・・?
ってか、これ、どう言い訳すればいいの?っていう量じゃん??
いやいや、なんで住所知ってんねーん!!
と、かなりの「ツカミはOK」という初回でございました。(笑)



◆ Story ◆

平凡な専業主婦の香山みずほ(薬師丸ひろ子)は結婚6年目にもかかわらず、夫・康之(杉本哲太)との間に子供が出来ない。姑(江波杏子)や小姑(高田万由子)に皮肉を言われながらも、イタリア語教室に通うことを唯一の楽しみにしていた。そんなある日、逃げてしまった文鳥のチロと公園のベンチで戯れる青年・堀井光(内野聖陽)と出会う。彼は世界的な音楽家だった。最初は本音を言い合える友達として付き合っていた2人は次第に惹かれあっていく…。