誘拐法廷
 2018年10月7日   21:00〜    テレビ朝日   
キャスト 松嶋菜々子、丸山隆平、杉本哲太、飯豊まりえ、柄本時生、柾木玲弥、八嶋智人、でんでん、伊武雅刀、風吹ジュン ほか
スタッフ 脚本::いずみ吉紘    演出:麻生学   P:横地郁英
あらすじ

勝率99.9%を誇る敏腕弁護士・天吹芽依子(松嶋菜々子)の娘が誘拐された!誘拐犯の要求は、娘の命と引き換えにある殺人事件の被告・国光瑛二(柄本時生)の無罪判決を勝ち取ること。被告は限りなく有罪に近い上に、判決まであと7日間…芽依子は国光を担当する国選弁護人・宇津井秀樹(丸山隆平)と共に証拠集めに動き出す!娘の命か?正義か?迫られる究極の選択。そして、7日後に下される衝撃の判決とは…!?

◆ レビュー ◆
  「愛娘を誘拐された敏腕弁護士!要求は・・・殺人犯を7日間で無罪にせよ!?逆転不可能な裁判に挑む!!」
                                                       

オリジナルの韓国映画は見ていません。
なので、シンプルに楽しませてもらおうと思ったわけですが・・・

まぁ・・・やりたいことはわかる。
でも、設定がザルな部分がありすぎません・・・?
裁判もなんか、ゆるゆるだったし・・・(汗)


前半はダラダラと「どうしよう!」っていう部分が長々と描かれ、
後半は「え?」ってくらいに高速。(笑)
えっと・・・どういうことですか?って思っちゃったんですけど??

つまり・・・被害者の母が、自分の手で犯人・国光を始末したいから、
とっとと解放させるために無罪にしろ!っていうことだった・・・ってことか?
でもさ、本当に国光が真犯人じゃなかったらどうするつもりだったんだろ?
一応裁判では、国光ではなく、偉いオッサンのバカ息子が真犯人っていう決着・・だったんだよね?
で、国光がこっそり弁護士に「本当はオレがやったんだよねぇ!」ってつぶやいたことで、
視聴者は「やっぱりお前だったのか!!」ってわかったわけだけど、
あのお母さんにはどうやってそれが伝わったの??
お母さんは凶器を発見したことで国光が犯人って確信してたわけ?
えー・・・・?わからん。
ってか、その凶器を警察に届ければ真犯人はハッキリしたわけで。
あ、真犯人をハッキリさせることが目的ではなかったのか、この人にとっては。
うーん・・・

それにさ、娘を誘拐したのはあなただったのね!っていう部分もさ、
あんなサラっ・・・と見せられて、終わりっすか?
ながら見してた人、え?ってなったかもよ??(汗)

ま、そんなこんなで、尻すぼみなお話でしたなぁ・・・
丸ちゃんの役も、怪しげで頑張ってるようで、なんかよくわからんかったし。
ってか、ヒゲ・・・いりました?(笑)