日曜10時〜    WOWOW       
 脚本:林宏司ほか     演出:波多野貴文     P:岡野真紀子ほか

◆ 出演者 ◆
石川百合 吉田羊 神奈川県警捜査一課所属 中隊長
高木信次郎 永山絢斗 神奈川県警捜査一課所属
立川大輔 滝藤賢一 神奈川県警捜査一課所属 主任
金子徹 光石研 神奈川県警捜査一課所属
大江嗣久 宮沢和史 検事
中山ちか 藤澤恵麻 信次郎の恋人
石川沙耶 平田薫 百合の妹
本木秀俊 三浦友和 神奈川県警捜査一課所属 課長代理
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「黒い森」    最終回   2016.12.24.               

最後はやっぱり、心残りだったユースケ登場・・・でしたね。
首のない遺体のままだったので、今度は首が・・・っていうね。
なんとも・・・ですわ。

しかし、納得いかんのは、一人で行く百合ですよ。
お前は危ないから・・・って代理がはずしたのに、
のこのこと現場に一人で乗り込むっていう・・・
何やってんだ!って話っすよ。

最後は百合の過去も明らかとなり、
まぁ、一応の終焉を迎えたわけですが・・・

コレ、続編作りますかね?
事件自体がシリアスでシビアな重い話ばっかなんで、
チームはもうちょっとライトに作ってみてはいかがかね?

百合の過去とか、百合の妹とか、高木のカノジョとか・・・
重た過ぎっしょ・・・(汗)
次があるなら、ちょっと変えてきてくれると見やすいかな?って思います。



  ◇ 第話 ◇   「約束」      2016.12.17.                       

なんか・・・面倒くさい話だったわ・・・。(汗)

あの子はあの子の弟ではなく・・・
あの子はあの人の息子で・・・
って、何がどうなって・・・・だよ。
あのお姉ちゃんは、実弟ではないってわかってたわけかね?
弟くんはわかってないんだろうけど・・・?
死んじゃったことを隠すために養子にいったことにする・・・って、
子供は騙せても行政は騙せないっしょ・・・?
簡単にできるのかね、そんなこと・・?
うーむ・・・

で・・・現実に起こってる事件は解決したんだっけ・・?
あり・・・?



  ◇ 第話 ◇   「ミレニアム」      2016.12.10.                     

今回も後味の悪い話で・・・

奥菜恵さんの使い方としては、いつもの通り・・・で。(笑)
どうしてもこういう扱い方になるよねぇ・・・
やってそうだけど、やってない・・・っていう。
もういい加減、可哀想になってきたけども。(汗)

さて・・・愛する人を手に入れたくて、その夫を殺した男・・・
平気で16年生きてきたわけだ・・・
これからも続くと思ってたわけだ・・・
で、発覚すると勝手に死ぬんだ・・・
勝手な男だよ、勝手にしやがれだよ、まったく・・・

可哀想なのは、「私、人をひき殺したかも」ってアルコール依存症になった女性よね。
あの人は轢いてなかった・・・ってことでしょ?
でも、車に傷があったわけで・・・何かしらを轢いてたのかも・・?
謎は深まるばかり・・・

未解決事件を穿って、幸せが見えてくるならいいけど、
不幸な人を増やしてる気がして・・・
見ていて気持ちのいい話ではないですな・・・
真実って、辛いもんだね・・・。(涙)



  ◇ 第話 ◇   「同窓会」      2016.12.03.                      

話がもう、いろいろとヘビーで・・・(汗)

同級生のイジメ、ヒエラルキー、兄の情緒不安定、親の虐待・・・
いろいろ重なって・・・の苦しんだ人間による犯行・・かと思ったら、
浅はかな少女の衝動的犯行だったわけか・・・
いやぁ・・・辛い。

それにしても、みんなウソつきすぎじゃない?
あんなにウソつきだらけで、事件当初は綻びが見えなかったのかしら
全員で口裏合わせてたわけでもないだろうに・・
当時の捜査がずさんだったとしか思えんわ。(汗)



  ◇ 第話 ◇   「恋文」      2016.11.26.                       

事件が古すぎやしませんか・・・?

そんなとこまで手を出すの・・・?
今の事件につながる何かがあるわけでもないのに、
1チームが全員でかかる事件ではない気がするんだけど・・・
他に、あるんじゃないの・・・?って思っちゃった。(汗)

それにさ・・・なんて後味の悪い・・・
好きな女が韓国人だったから・・・なんて・・・
あんなことして、あんな風に生きてて・・・
なんか、いろんな意味で罪深くて、やってらんない・・・って想いでいっぱいよ・・
ってか、仲代達也さん・・・、威圧感ありすぎっしょ・・・(汗)



  ◇ 第話 ◇   「プール」      2016.11.19.                       

幼いなりに下した決断と行動・・・
そのあとも、三人は約束を守って、この学園から旅立つはずだったのに・・・
あの教師がさぁ・・・
自分の想いだけで行動しちゃったわけでしょ?
もう・・・何してくれてんねん・・・って話で・・・。(汗)

重たい話だったねぇ・・・
ちょっと、「人間・失格」を思い出しちゃったわ・・
これまで明らかにならなかったことのほうがすごい気がするけど、
閉鎖空間ってこういうもんなのかもねぇ・・・

拳銃の取り扱い、気をつけなはれや!ってことで・・。



  ◇ 第話 ◇   「オリオン」      2016.11.12.                       

そっか、ユースケはゲストだったのか・・・
ここで出てきたのか・・・
一話で退場なんてもったいないなぁ・・・って思って見てたら・・・・
フェードアウト・・・
解決してませんから・・・
また出てくる・・・・?またやる・・・・?
やらせちゃいかんぞ・・・。

何体も出てきた、首なしの女性の白骨遺体の数々・・・
過去に事件に巻き込まれ、歯向かったことのある女性たちばかり・・
事件資料を見ることができる立場の人間・・・
ってことで、資料室の赤松が容疑者となったわけだけど・・・

この男・・・・本当に曲者・・・
百合や高木、立川・金子・代理のイタイとこをグサっ!とついてくる・・・
公式サイトに「僕のことを嫌いにならないで」ってコメントされてたけど、
嫌いになっちゃうよ、ユースケ!!(涙)


百合の過去は、妹も含め、まだまだ明確ではないけど、
後々見えてくるんでしょうな。

証拠不十分で野放しにしちゃった赤松・・・
今後もちゃんと監視下に置いててくださいよ!



  ◇ 第話 ◇   「冤罪」      2016.11.05.                        

神戸〜横浜・・・
21年前から現在・・・
未解決事件捜査って、大変だな・・・。

貧しく苦しい時代を乗り越えて検事になった男・・・その男が殺害された事件の再捜査・・・でした。
いろんなものを背負って、それでも真実を突き止めようとした男の生き様が、
あんな風にへし折られて、しかも後から変な冤罪まで塗りつけられそうになって・・・
関わった悪党ども、全部まとめてお縄にしてくれい!ってなもんでしたね。

こんな風に地道に、足で、自腹で金も使って、たどり着いた真実を闇に葬られ、
そのことを21年経って明らかにできて・・・
本当に良かったなぁ・・・って思いました。
そんな余韻で見てたら・・
最後、なんと高木の恋人・ちかが死んだ・・・?
これは・・・何とも辛い話でございます・・・。(涙)



  ◇ 第話 ◇   「記憶」      2016.10.29.                        

窓から落ちた母子・・・
幼い娘は死に、母は意識不明・・・
一年後、意識を回復したため、捜査再開・・・という話でしたね。

真相は予想がついたよ。
だって、あんなに怯えてたんだもん・・・
きっと逃げるように・・・っていうオチだろうとは思ってたけど・・・
より苦しい真相でしたね。
自分みたいな想いを娘にさせたくないから・・・・の心中・・・ってことだよね。
あの児相のヤツ、罪深い・・・

百合の過去も事件に絡めて描かれてました。
かなり辛い幼少期を過ごしたようで・・・
その過去が自分の首をしめないといいけど・・・・(涙)

そして、高木も・・・
恋人が精神を病んでるみたいだけど・・・
小さいころからの付き合いみだいで、簡単に離れることはできないみたいね・・
どっちも苦しそうで、観てるのが辛くなったよ・・・(涙)

あと、バックで流れてたONE OK ROCKの「heartache」が絶妙に効いててさ・・・
公式サイトに行ってみたら、毎話「ピックアップソング」ってのがあるみたいで。
今後はBGMにも注意して見ていこうと思います。

それと・・・・刑事モノの三浦友和さんを見てると、どうしても「流星の絆」が浮かんでしまって、
「この人を全面的に信用して観てはいけない」って思ってる自分がいて。(笑)
ただのいい「代理」でいてほしいです。

そうそう、捜査資料を運んでたのって、ユースケだよね?
いつか絡んでくるのかな・・・?



  ◇ 第話 ◇   「閉ざされた声」      2016.10.22.                    

海外ドラマ「コールドケース」は、ちょいちょい・・・は見たことあります。
ガッツリは見てません。
そして、未解決事件を扱うドラマはこれまでもたくさんあったわけで、
真新しさは・・・・ほぼ皆無。(汗)
でも、雰囲気はいい感じかなぁ・・・?って思いました。

第一話で、人物紹介もちゃんとありつつ、
一話完結の事件解決・・・いいですね。

最近の地上波ドラマは、変に延長したり、初回なのに前後編とかで、
なんだそりゃ・・・ってのが多いですから。(汗)

こんな感じだと、シリアスではあるけど、気楽に見られそうな気がしてます。
キャスト各々にも物語がありそうなんで、
そこもどんなふうになるのか、楽しみですね。



★ STORY ★ 「コールドケース」は、2003年から2010年まで、全7シーズンにわたってアメリカ合衆国のCBSで放送されていた刑事ドラマシリーズ。未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決する捜査チームを描く本作は、事件が起きた当時のヒット曲を劇中で使用する演出手法が視聴者から高い支持を得て、本国アメリカでは全シリーズの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒット作となった。本作がアメリカ国外で制作されるのはこれが世界初。オリジナル版ではフィラデルフィアが舞台だったが、本作では舞台を神奈川に移し、主人公の刑事とそのチームのメンバーが、毎話異なる未解決事件の真相をたどり、事件を解決していく。