ヒトリシズカ
 日曜10時〜    WOWOW       
 脚本:青島武    演出:平山秀幸     P:高嶋和美ほか
 主題歌・・・ 「」 
原作
ヒトリシズカ (双葉文庫)
◆ 出演者 ◆
伊東静加 夏帆 謎の少女
木崎信吾 高橋一生 国分寺署 地域課
大村和己 村上淳 国分寺署 地域課
山岸潤哉 新井浩文 足立署 生活安全課 刑事
青木久則 長塚圭史 私立探偵
鮎川五郎 松重豊 警視庁捜査四課 刑事
矢部充 温水洋一 西麻布署 刑事
南原義男 池田成志 天州会麻布代表
浜西タツ 緑魔子 春菜荘の大家
藤岡巧 二階堂智 入谷署 刑事
伊東深雪 黒沢あすか 静加の母
伊東孝俊 岸部一徳 静加の義理の父
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「独静加」   最終回   2012.11.25.                   

こんな感じだったっけかねぇ、原作も・・・?
原作でさえも、最後はスッキリしないまま終わった気がしてたのに、
この最終回はもっとモヤっとしちゃったなぁ・・・
ずっと静加を追ってきて、最後はこんな風になっちゃった・・っていう虚しさっていうか、
ずっと追われてきた謎多き女の最期としては、
もうちょっと・・・どうにか・・って感じがしちゃった。

やっぱり、妹と二人で生きてきた時間をスッポリと描かないってのがね。
原作でも、この終わり方は唐突で、
かなりモヤモヤしたんだよねぇ・・・
あんな小さい妹と、まだまだ幼い静加が生きていくためには、
ますますいろんなことをしでかしてんじゃないか?って気もするし?(汗)


うーん・・・
まぁ・・・でも、雰囲気としては嫌いではない映像だったけどね・・・
あと、あの印象的なデッデデデデデデッデッデッデッっていうBGMが、
結構耳に残る・・・そんなドラマでございました。


  ◇ 第話 ◇   「罪時雨」      2012.11.18.                      

原作の4話と5話を入れ替えただけ・・・でしたね。(汗)
まぁ、原作よりもある部分は付け加え、ある部分は端折った感じがしますけども。

静加が家出するまで・・・を描いておりました。
母・深雪は南原と別れたあと、唐沢って男と同棲したものの、また暴力を受けていて、
深雪は叔母の知り合いである刑事の伊東に相談するわけだ。
そして伊東はいつしか深雪を好きになり、深雪も・・・

そんなとき、唐沢が何者かに刺殺される。通報したのは静加。
結局、犯人はわからなかったものの、迷惑だった男はいなくなり、
伊東と深雪はめでたく結婚、時が過ぎ・・・

静加、15歳のとき、静加が捨てた粘土をゴミ分別していた深雪は、
その中に埋められたナイフを見つける・・・
静加に問いただしたら・・・「唐沢に刺さったナイフ」と平然と話す・・
実は唐沢を殺した犯人を見逃し、救いを求める唐沢を見殺しにしていたのさ。
あの、電話のコードを抜くときのチビ静加・・・怖かったねぇ・・・(汗)
迷惑男を殺してくれたから、お礼に・・・と凶器を隠し、ウソの証言をしていたのよね。
「え?変かな?」と首をかしげる静加・・・
そこで、唐沢に性的虐待を受けていたこと、ロリコンビデオとして売られていたことも告白する・・

小さいころから虐待を受け、母が受ける暴力を見てきた静加。
心が歪んでしまったのも仕方ないかもしれない。
そんな静加が、母がある男と再会して動揺してるのを見た・・・
きっと、この男が父親だとピンときたのかな・・?
そして、ナイフ発覚をきっかけに、家出して父親捜しを始めたわけだ・・

さぁ最終回。
父である南原を殺して、妹を連れて逃げた静加の行く末は・・


  ◇ 第話 ◇   「死舞盃」      2012.11.11.                      

なるほどね・・・
原作の一章を削って「死舞盃」にきたから、残りの2話はどうすんだ?と思ったけど、
なるほど、入れ替えてきたわけだ。
そうすることで、原作の「不満部分」を補ってくれるみたいですね・・。

青木を死に至らしめてまで、静加がしたかったこと・・・
想いを遂げたはずが、生きると決めた理由・・・
それが次回、しっかりと描かれるわけですね。

南原の家に、敵対する組の奴らを招き入れ、闘争を引き起こした静加。
そして、南原に最後のとどめをさし、
自らも死のうとしていた時、南原の娘とともに逃げようと考えを改める・・
一体、どういうこと・・?なわけですが・・・

逃走用の車に残された血痕から、その真相が垣間見えました・・・。
残された血痕は、南原の娘・ナオのものと、”アキ”と名乗っていた静加のもの・・
その二人には、血縁関係があった・・・
同じ父親を持つということがわかったのよ・・。
そう、静加は、南原の娘だったのだ・・・


それでもなお、まだ疑問は多々あるわけで・・
それが次回描かれ、最後はその後が描かれる・・ってことになるんだろうね。
原作とは違う構成になるみたいなんで、不満部分を補ってくれるといいなぁ・・。


  ◇ 第話 ◇   「腐屍蝶」      2012.11.04.                      

静加失踪から半年後・・・静加の遺体が発見される。
伊東は探偵の青木とともに遺体確認にいく、そして、娘だと認める・・・
ただ、青木は何か引っかかり、この遺体が本当に静加のものか、調べ続ける・・
その青木に、伊東はいらだちをぶつける・・・
・・・なんで、伊東はあんなにあっさり静加の死を受け入れちゃったんだろうか・・・?

一方で、夫の浮気調査という仕事を受けた青木。
その対象者は、ヤクザの南原・・・
元警察官の青木は、仲間だった刑事の鮎川に情報を求める。
そして、南原周辺を探っていたら・・・
南原たちに拉致されて、最後は殺されちゃったねぇ・・
南原は、ヤクをパクってきたらしく、それをかぎつけられたと思ったらしい。

でも、それもこれも、全部「アキ」という名のホステスが仕組んだことだよね。
そのアキが・・・静加なんだわ。
勤めるクラブのママに頼んで南原の妻を装って青木の事務所に浮気調査を依頼したのも静加。
失踪人のサイトから自分のデータを消去させたのも静加。
そして、青木に南原の周辺をかぎまわさせて、
そのことを南原にチクり、青木を窮地に追い込む・・
つまり、自分が生きてるってことをこれ以上詮索されちゃ困るってんで、
青木を始末した・・ってことだよね・・・。


いやぁ・・・ほんと、怖い女だねぇ〜!!
一体、静加は何をしたいんでしょうか・・・?
一つ言えることは、やみくもに逃げてるわけではないってこと・・・
そこが大きなポイントですね。


  ◇ 第話 ◇   「蛍蜘蛛」      2012.10.28.                      

行方不明の静加・・・
コンビニでバイトしていました。
偽名で・・・
そのコンビニの客が失踪人サイトで静加を見つけてしまう・・・
その後、殺人事件が・・・ってことです。

あのマコって男は、静加の居場所を教えれば金になるって知ってたけど、
同僚の女性・由美のほうに惚れたってこと・・?
で、由美をストーカーし、あげくのはてに強姦した・・と。
静加はそれを由美のカレシに教え、そのカレシがマコを殺しちゃった・・と。
それだけでは終わらず、マコ同様に”害虫”の谷口っていう男に罪をなすりつけようと近づき、
凶器を谷口のロッカーに入れたわけか。
でも、罪悪感から由美のカレシが自殺しちゃったもんだから、
その目論みは成功せず・・ってわけだな。

コンビニの常連で、由美からストーカー相談を受けていた刑事・山岸は、
ストーカーに襲われることを未然に防ぐこともできず、
その先に殺人事件まで起こっちゃったわけだ・・
まぁねぇ・・・ただの親切な刑事さん・・って感じじゃなかったもんね。(汗)
由美に気味悪がられてたもん。(滝汗)


で、この山岸だけは、コンビニで、そして谷口の証言で、そしてマコのパソコンから
静加にたどりつく・・
しかし、ふわり・・と逃げていっちゃいましたね。
とりあえず、失踪人サイトに教えてあげてはいかがでしょうか?
あんなに色気はありますが、未成年なんだから。(汗)



  ◇ 第話 ◇   「闇一重」      2012.10.21.                      

原作は既読です。
しかし・・・あんまり印象に残ってないんだよねぇ・・・
うーん・・・?

売春を斡旋していた暴力団組員が殺される。
犯人は、脅されて堕ちていき自殺してしまった妹の恨みを晴らしたかった兄・・・
その現場に駆け付け、その後特捜に入ることになった警官の木崎が追っていくわけですが・・・

まだ初回なんで、謎が謎を・・・って感じですよね。
その真ん中にいるのが、少女・静加・・・


この静加のことでわかっているのは、伊東刑事の娘であるということ・・・
伊東刑事に恩がある警官・大村が、射殺現場に静加がいたことを隠蔽していたこと、
そして、この静加が、撃たれて苦しむ被害者に、とどめを刺したこと・・・
実は、撃たれた暴力団員は即死していたなかった・・・
銃弾は胸郭で止まってたらしい。
その穴にシャープペンを差し込み・・・銃弾を心臓まで押し込んだのが静加だったわけだ。
静加がそうしたことを知りつつ逃がした大村。
そのことに気づきつつある木崎に口を閉ざすように言う大村・・・

一体、静加は何を考えているのか・・?
売春していたのか?
この暴力団員に恨みがあってやったのか?
そして、どこへ行ったのか・・

伊東刑事は、探偵・青木に頼んで静加を探してもらうみたい。
次回へと続いて行くわけですが・・
これからも事件は続いて行き、そこに静加の影が見え隠れしていくわけです・・・

WOWOWのドラマは、ほんと映画のようで、だけどちゃんとドラマで、
相変わらず安定して楽しめそうな初回でございました。



★ STORY ★ 次々に発生する5つの殺人事件。事件を解決するべく捜査を進める警察だが、それぞれの事件の奥には、共通するひとつの深い闇があった。そして、その闇の中に見えてくるひとりの少女の姿。翻弄される警察は真実にたどり着けるのか…?
★ 期待度 ★ 主演より、脇の皆様たちがとっても興味深いので、期待しちゃいます。