レディ・ジョーカー
 日曜10時〜    WOWOW       
 脚本:前川洋一    演出:水谷俊之ほか     P・・・青木泰憲ほか
原作(上)
レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)
原作(中)
レディ・ジョーカー〈中〉 (新潮文庫)
原作(下)
レディ・ジョーカー〈下〉 (新潮文庫)
◆ 出演者 ◆
合田雄一郎 上川隆也 大森中央署 刑事課 警部補
城山恭介 柴田恭兵 日之出ビール 社長
半田修平 豊原功補 蒲田北署 刑事課 巡査部長
八代芳伸 山本耕史 東邦新聞 記者
野崎孝子 矢田亜希子 日之出ビール 社長秘書
杉原佳子 本仮屋ユイカ 杉原の娘 城山の姪
布川淳一 板尾創路 トラック運転手
平瀬悟 津田寛治 警視庁捜査一課 警部補
杉原武郎 光石研 日之出ビール ビール事業副本部長
杉原晴子 手塚理美 杉原の夫 城山の妹
松戸陽吉 金子ノブアキ 旋盤工
高克己 高橋努 信用金庫職員
田部 小市慢太郎 東邦新聞 東京社会部デスク
加納祐介 石黒賢 東京地検特捜部 検事
田丸善三 中村嘉葎雄 岡田経友会 顧問
神崎秀嗣 渡辺いっけい 警視庁捜査一課 課長
倉田誠吾 益岡徹 日之出ビール ビール事業本部長
物井清三 泉谷しげる 薬店店主
白井誠一 石橋凌 日之出ビール 事業開発本部長 副社長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇         2013 .03.10.                            

  ◇ 第回 ◇         2013 .03.03.                            

原作は既読、映画版も見ました。
そして、WOWOWによるドラマ版・・・・となるわけですが、
とにかく、原作は長く、読書初心者には結構苦戦する感じのもので、
映画版は、もう、どこまで端折りまんねん!っていう感じで、
だからこそ、WOWOW版には期待しちゃうんですけどね・・・。

男5人による、日之出ビール社長誘拐事件・・・
しかし、それは単なる誘拐事件ではなかった・・・ってわけです。
まぁ、5人の男たちの動機や環境もバラバラだけど、
狙われる日之出ビール側にもいろんな「理由」をお持ちでして、
まぁ、登場人物も多いし、初回だけでは難解かもしれないですね。
原作を読んで・・・のほうが、楽しめるのかもしれません。(汗)


初回はとにかく、城山社長の義妹の家族に問題が発生してて、
その先に、誘拐事件に加担する物井の家族がからんでいる・・ってことですね。
差別問題や、総会屋との関係など、暗い問題がたくさんです・・・。
全7話なので、映画よりははるかに丁寧に描いてくれそうです。

純粋にドラマを楽しんで見てみて・・・の感想を言うと、
城山さんよ、犯人グループに渡された写真、破って捨てるのはいいけど、
そこに捨てたら、警察は現場検証しますから、見つかりますよーっ!!(笑)
それと、目隠しした城山さんに対する犯人たち・・・
声をそのまま聞かせたり、体臭を覚えられるくらい近づいたり、
無防備すぎますよーっ!!
「完全犯罪」を目論んでるにしては、甘すぎまする・・・。(汗)





★ STORY ★ 合田警部補は日之出ビール社長・城山の誘拐を知る。彼の一報により、警視庁という名の冷たい機械が動き始めた。
★ 期待度 ★ 映画版はどうも・・・だったけど、WOWOWさんは面白く作ってくれる・・・よね?