土曜10時〜    WOWOW       
 脚本・・大浦光太ほか    演出・・吉田康弘    P・・井上衛ほか
原作
◆ 出演者 ◆
吉村貴生 星野源 旅行代理店の会社員
小池美羽 仲里依紗 保護司の家事手伝い
野口彰 眞島秀和 職業不明
矢部紫織 中村ゆり 弁当屋勤務
中原通彦 渋川清彦 古着屋勤務
加藤友樹 スガシカオ 再審請求中
朝田潤子 石田ゆり子 「プラージュ」オーナー
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇     2017.08.12.                                  

原作は既読。
2年前だってのに、詳細はすっかり忘れてまして・・・オチは覚えてますけど。
貴生って、こんなにダメ男だったっけか・・・?
同情の余地、こんなになかったですっけ・・・?(汗)


職場の不満を友達の前でぶちまけてたら、友達は先に帰っちゃって、
その店にいた男たちとその後盛り上がり、気が付けば、覚せい剤をわが手で打っていた・・と。
家で騒ぎまくって、苦情で駆け付けた警官に、覚せい剤使用で捕まる・・・と。
勾留、裁判、執行猶予・・・
あっという間の一月・・・。
で、シャバに戻ってきたら、速攻でおしもの処理をはじめ、
その最中に火事が発生、焼け出されて家も失い、もちろん仕事もクビになってて・・・
行きついたのは、「プラージュ」というシェアハウスだった・・・と。
そんな初回です。

まぁね、罪を犯す前から愛しがたいキャラだったけど、
罪を犯してからも全然愛せない、この貴生ってヤツ。(汗)
コイツさ・・・自分がしたこと、わかってないよね?

執行猶予がついたとはいえ、前科者になったわけよ。
一月も音沙汰なしじゃ、そりゃクビになるよねぇ・・・って笑ってたけど、
ちゃうちゃう、知られてますって、普通。
連絡なしに欠勤が続いてるってだけでクビにしたりしませんから。

なのに、前職と同じ旅行会社の面接を受けるという・・
はぁ・・・どこまでも浅はか。(汗)
前の会社の上司に見つかって・・・罪がバレてるって知って愕然とするんだろうけど、
これから「前科がある」っていう現実をまざまざと味わっていくでしょう・・・。
それくらいの仕打ちは受けなさいって言いたくなるくらい、愛せないキャラでございました。(汗)

さて、「プラージュ」の面々もかなりクセのある人たち。
体を売って金を稼ぐ女・美羽は、保護司の家で家事手伝いをしてるみたいだけど、
まだ、売春はやめてないみたい・・・
殺人の罪で再審請求中の加藤は、無実を勝ち取ったみたいだけど、
そのことを怪しんで徹底的に調べてやる!っていう記者が、「野口」と名乗ってプラージュに入り込んでる!
ほかは、なんの罪を犯したかハッキリしないけど、愛されキャラの中原と、
姉御肌の紫織・・
総勢6名を受け入れてるオーナーが潤子さん。
前科者ばかりを受け入れるには、カノジョなりの理由がありそうで・・?

まだ全容はハッキリしてないけど、面白いですよね。
前科者が立ち直る群像劇だと思ってたら、違いますからねー!
誉田哲也が書いたんですよ!ちゃんとミステリーですから!!


今後も楽しみです!
・・しかし、源ちゃんを愛しづらいなんて・・・つらいわ・・(笑)




★ STORY ★ 仕事も恋愛も上手くいかない冴えないサラリーマンの貴生。気晴らしに出掛けた店で、勧められるままに覚醒剤を使用し、逮捕される。仕事も友達も住む場所も一瞬にして失った貴生が見つけたのは、「家賃5万円、掃除交代制、仕切りはカーテンのみ、ただし美味しい食事付き」のシェアハウスだった。だが、住人達はなんだか訳ありばかりのようで…。